一年の計は元旦にあり2015

マネテク! > このサイトについて >
2015年01月01日

一年の計は元旦にあり2015

マイレージはANA派、クレジットカードでマイルを貯めているジョージ滝川@マネテク!です。

いよいよ2015年が始まりましたね!
改めまして、新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

というわけで、毎年元旦の恒例行事となっていますが、年頭にその年の獲得目標マイル数を掲げる記事を今年も書いてみたいと思います。

題して、「一年の計は元旦にあり」、またの名を「取らぬ狸の皮算用」(笑)です。

ここ数年、不思議なことに毎年目標を大幅に上回る結果を残せていますので、目標を立てる、ということは意外と大事なのかもしれませんね!
特に昨年は目標の7倍オーバーという大戦果をあげることができました。

(過去記事)
・暮れのごあいさつと今年の獲得マイル2014:マネテク!



スポンサーリンク

目標を立てる前提


まず、前提となる管理人の属性は以下の通りです。
このブログの読者の方は似たような環境の方が結構多いのではないかと勝手に思っているのですが、どうでしょうか?

家族構成


管理人と妻、子ども2人(4歳、1歳)

飛行機の年間搭乗予定回数(マイルが貯まるフライトのみ)


国際線 1往復2回

クレジットカードの年間利用額


毎月25万円、年間で300万円くらい

マイルを貯めている航空会社


メイン:ANA(全日空)
サブ:UA(ユナイテッド航空)、DL(デルタ航空)、JAL(日本航空)

飛行機の年間搭乗予定回数については、昨年は子連れ旅行で北海道に行きましたが、長男が4歳、次男が1歳という状況なので、次男が1歳のうちに(国際線が安いうちに)まずは香港へ旅行に行く予定です(希望の日程で特典航空券が取れずANAスカイコインの利用なので、マイルも貯まります)。

あとは、マイルがだいぶ貯まっているので、(マイル獲得とは関係ありませんが)極力スケジュールを調整してもう1回くらいは海外旅行、そして何回か国内旅行に行きたいと思っています。

というわけで、年間搭乗回数の予想は、控えめです(笑)。

では、上記を前提としてどれくらいのマイルが獲得できそうか、計算をしてみたいと思います。

クレジットカードで貯めるマイル


管理人の場合、基本的に飛行機にそれほど乗る方ではないのでマイル獲得の手段のメインはクレジットカードになります。

このため、クレジットカードで支払えるものはできるだけクレジットカードで支払うことを心掛けたいと思います。
例えば、携帯電話代やプロバイダ料金、また保険料金などもクレジットカード払いにすることでマイルを獲得できます。

それから、飲み会の幹事等は積極的に引き受けて立替払いをクレジットカードですることで、実質的なクレジットカードの利用額を増やすことができます。

回収するのは面倒で、時には不良債権が発生するリスクもありますが(笑)、うまくすればかなりのマイルが計上されるはずです。

ただ、数年前から管理職になったこともあって会計はだいたい若者がやってくれてしまうので、立替の機会はかなり減りました。

ただ、課で飲みに行くと、二次会は管理人の支払いにしたり、ということもちらほらあり、出費は増えています…。
せめて、二次会で行く店はクレジットカードが使える店にして欲しいです(笑)。

そうそう、書くのが遅くなりましたが、2015年のメインカードは、昨年同様、ANA VISAワイドゴールドカードです。

それから、サブとしてはソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)という体制で臨みたいと思っています。

クレジットカードでのマイル獲得は、クレジットカード利用額1,000円あたり17.1マイル換算で、
3,000,000÷1,000×17.1=51,300マイルくらいを目指したいと思います。

航空券で貯めるマイル


ここ数年は、特典航空券に自分で予約したホテルを組み合わせての旅行がほとんどだったので航空券でマイルを貯めることがなかったのですが、今年はANAスカイコインを利用してのフライトがあるので久しぶりにフライトマイルが貯まりそうです。

Sクラス(いわゆる、タイプFですね)なので積算率は50%となかなか悲しい数字ですが、往復で1,822マイルを獲得する見込みです。

ちなみに、管理人は特典航空券を使わないケースでは、国内にしろ海外にしろ格安ツアーで行くケースがほとんどです。

ANAの場合、格安ツアーで使われるような航空券では加算対象にならないケースがほとんどですので、航空券でANAのマイルとして獲得することは厳しそうです。

一方で、格安ツアーでもUAやDLのマイルとして加算できるケースは多々ありますので、ツアーを選ぶ際は自分が貯めているマイレージプログラムに加算できるかどうかも考えるとよいかと思います。

さて、その他、今年は国内線も搭乗を見込んでいます。
国内線の航空券についてはDLのキャンペーンで500マイルを加算できますので確実にマイルを獲得しておきたいところです。

ちなみに昨年は北海道に行ったので、往復2区間で1,000マイルをゲットしました!
と言いつつ、FAXするの忘れているような気がします…。
さらに、獲得マイルの計算にも入れるのも忘れてると思いますが、まぁ、よいでしょう(笑)。

(過去記事)
・暮れのごあいさつと今年の獲得マイル2014:マネテク!

DLのキャンペーンが継続になることが前提ですが、とりあえずは国内線2往復で500×2×2=2,000マイルを狙えるかなと思います。

キャンペーンで貯めるマイル


意外と侮れないのがこのキャンペーンです。
クレジットカードの入会ボーナスや継続ボーナスの他にも、様々なキャンペーンがありますのでこまめにチェックするのがよいと思います。

とりあえず、所有するANAカード(VISA ワイドゴールド、VISA Suica、JCB)の継続ボーナス2,000マイル+1,000マイル×2=4,000マイルは獲得予定です。

また、直接マイルが獲得できるキャンペーンでなくても、間接的にマイルにつながるポイントプログラムのキャンペーン等も見逃さずにチェックしていきたいところです。

ポイントサイトで貯めるマイル


昨年の獲得実績は年間36万マイルを超えたわけですが、その最大の原動力となったのが、ポイントサイトの「ハピタス」でした。
1年間で、実に22万マイル以上を獲得しました。

(過去記事)
・そろそろハピタスの交換レートについて一言いっとくか:マネテク!
・ANA ToMe CARD PASMO(ソラチカカード)を活用した最強交換ルート構築術:マネテク!

昨年はちょっとバブルな感もありましたが、今年も、18,000マイル/月の216,000マイルを目指したいと思います。

今年の目標は、276,000マイル!


というわけで、各カテゴリでの獲得目標マイルは以下の通りです。

1.クレジットカード …  51,300マイル
2.航空券      …  3,822マイル
3.キャンペーン   …  4,000マイル
4.ポイントサイト  … 216,000マイル

合計すると、275,122マイルとなります。

というわけで、年間の目標としては、昨年の目標から大幅に上方修正して、275,122マイル、きりをよくして276,000マイルにしたいと思います。

どこか重大な勘違いをしていたりして取らぬ狸の皮算用にならないとよいのですが…(笑)。
ちなみに昨年は、目標が47,400マイルに対して実績は363,964マイルとなんと目標の7倍以上のマイルを獲得することができました。
今年も目標を上回れるよう、できる範囲でコツコツと頑張ってみたいと思います。

(過去記事)
・暮れのごあいさつと今年の獲得マイル2014:マネテク!

最後になりましたが、このブログでは今年もマイレージやクレジットカードをメインのネタに据えつつ、管理人が気になった航空系のニュースや、あとは、素朴な疑問や単なる思い付きなど(笑)、マイレージやクレジットカードと全く関係のない記事も書いていきたいと思います。
引き続き、よろしくお付き合い頂けますと幸いです。

というわけで、今年も一年、どうぞよろしくお願い致します!

関連記事
・一年の計は元旦にあり2014
・一年の計は元旦にあり2013
・一年の計は元旦にあり2012
・一年の計は元旦にあり2011
・一年の計は元旦にあり2010
・一年の計は元旦にあり2009
・一年の計は元旦にあり2008
・一年の計は元旦にあり(2007)

スポンサーリンク

前の記事前の記事: 暮れのごあいさつと今年の獲得マイル2014
次の記事次の記事: 2014年「マネテク!」統計情報

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 23:43 │ Comments(0) TrackBack(0) このサイトについて  
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...