ANA AMEXの入会キャンペーンで大量マイルを獲得する3つのステップ(2015年2月版)

マネテク! > クレジットカード >
2015年02月22日

ANA AMEXの入会キャンペーンで大量マイルを獲得する3つのステップ(2015年2月版)

ANA AMEX(ANA アメックス)の最新のキャンペーン情報は、こちらからご覧下さい。

マイレージはANA派、AMEX(アメックス)でマイルを貯めているジョージ滝川@マネテク!|ANAマイルの貯め方です。

さっそくですが、2015年1月15日から特に期限の記載なく実施されていたANA AMEX(アメックス)カード、そしてANA AMEX(アメックス)ゴールドカードの入会キャンペーンの内容が変更され、新たな入会キャンペーンが始まっていますので紹介したいと思います。

ANA AMEX(アメックス)カードのキャンペーンにはこれまで様々なパターンがありましたが、今回はキャンペーンはこれまでのキャンペーンの中でも間違いなく最高にお得なキャンペーン内容になっており、まさに、「ANAカード史上最強のキャンペーン」となっています。

具体的には、入会ボーナスが前回のキャンペーン対比"ANA AMEX(アメックス)ゴールドカードで7倍、ANA AMEX(アメックス)カードではなんと10倍に増量されているほか、一定金額の範囲でクレジットカード利用による獲得マイルが数倍になるキャンペーンも範囲が過去最大になっていることに加え、クレジットカード利用額が一定額に達するとさらにボーナスマイルがもらえてしまうという、相当お得なキャンペーンになっています。

現在、ANAカード入会キャンペーン2015が実施されていることもあり、どのANAカードも非常にお得なキャンペーンを展開していますが、そんな中でもANA AMEX(アメックス)ゴールドカード、そしてANA AMEX(アメックス)カードの入会キャンペーンは最もお得なキャンペーンになっています。

スポンサーリンク

目次
1.この記事の構成
2.ANA AMEX(アメックス)ゴールドカード
3.ANA AMEX(アメックス)カード
4.シミュレーション
 (1)獲得が期待できるANAカード獲得可能マイル比較
 (2)コストを勘案したANAカード損益比較
5.まとめ
 (1)ANA AMEX(アメックス)の入会キャンペーンで大量マイルを獲得する3つのステップ

1.この記事の構成


というわけで話をANA AMEX(アメックス)カード、ANA AMEX(アメックス)ゴールドカードの入会キャンペーンに戻しますが、ゴールドカードなら3か月で東京〜沖縄3往復分(レギュラーシーズンの場合)のマイルが獲得できるという、相変わらず「入会キャンペーンがすごいANAカード」にふさわしい、爆発的にマイルを獲得することができる内容だと言えるでしょう。

というわけで、今回はANAカード最強の入会キャンペーンとも言われるANA AMEX(アメックス)ゴールドカード、そしてANA AMEX(アメックス)カードが実施中の入会キャンペーンについて紹介したいと思います。

また、あわせて、ANA AMEX(アメックス)カード、ANA AMEX(アメックス)ゴールドカードが実施している入会キャンペーンがどれくらいお得なのかという分析と、その他ANAカードも含めたお得度比較、そして、「ANA AMEX(アメックス)の入会キャンペーンで大量マイルを獲得する3つのステップ」として、この入会キャンペーンを徹底的に活用する手順を紹介したいと思います。

それでは、まずはANA AMEX(アメックス)ゴールドカードANA AMEX(アメックス)カードの基本的なスペック、
そしてキャンペーンの内容を見てみましょう。

2.ANA AMEX(アメックス)ゴールドカード


まず紹介するのは、ANA AMEX(アメックス)ゴールドカードです。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

・クレジットカード利用100円あたり1マイル
・入会ボーナスマイル 計14,000マイル(〜2015/4/30申込)
・入会後3ヶ月間、利用金額100万円まで100円あたり3マイル
・入会後3ヶ月間、利用金額100万円でさらに10,000マイル
・旅行障害保険(国内/海外)最大1億円
・空港ラウンジ利用可能
・エアポート・送迎サービス
・手荷物無料宅配サービス
・エアポート・ミール
・ショッピング・プロテクションあり
・年会費31,000円+税
・マイル移行手数料無料
・ANAのビジネスクラスラウンジを利用可能(5,000ポイント)


還元率は他のANAカードと同レベルですが、トータル14,000マイルと入会キャンペーンによるボーナスマイルがめちゃくちゃ大きいのと、入会後3ヶ月間限定の3倍ボーナスポイントがとにかくお得です。

なお、今ならANAカードのキャンペーンも実施しているため通常より2,000マイル多くボーナスマイルがもらえます
これは嬉しいですね!

それから、クレジットカードの利用で貯めたポイントをANAのビジネスクラスラウンジを利用できる「ANA LOUNGE ご利用カード」に交換できるのも、ANA AMEX(アメックス)ゴールドカードの特長の一つです。

3.ANA AMEX(アメックス)カード


次に、ANA AMEX(アメックス)カードの基本的なスペックとキャンペーンの内容です。

ANAAMEX(アメックス)カード

・クレジットカード利用100円あたり1マイル
・入会ボーナスマイル 10,000マイル(〜2015/4/30申込)
・入会後3ヶ月間、利用金額50万円まで100円あたり3マイル
・入会後3ヶ月間、利用金額50万円でさらに6,000マイル
・旅行障害保険(国内/海外)最大3,000万円
・空港ラウンジ利用可能
・ショッピング・プロテクションあり
・年会費7,000円+税
・マイル移行手数料6,000円+税/年


ゴールドカードのキャンペーンと比べると若干見劣りする内容ですが、コストパフォーマンスを考えるとなかなか侮れないキャンペーンだったりします(後ほど詳しく分析します)。

それでは、これらのスペックおよびキャンペーン内容を踏まえ、
ANA AMEX(アメックス)ゴールドカードANA AMEX(アメックス)カードどれくらいお得なのか、実際のところどれくらいのANAマイルを獲得できるのか、シミュレーションしてみましょう。

4.シミュレーション


シミュレーションにあたっては、その他のANAカードとも比較をしてANA AMEX(アメックス)ゴールドカード、そしてANA AMEX(アメックス)カードのお得度を検証してみたいと思います。

というわけで比較の対象は、以下の4つのANAカードです。

(1)ANA AMEX(アメックス)ゴールドカード
(2)ANA AMEX(アメックス)カード
(3)ANA VISAカード(マイペ※併用)
(4)ANA JCBカード

※マイペ=マイ・ペイすリボ(三井住友VISAカードのリボ払い)

今回のシミュレーションの前提としては、入会キャンペーンの期間にあわせて期間は3ヶ月、入会キャンペーンに合わせてちょっとまとまった買い物ができるという想定で、クレジットカードの利用金額は100万円として比較してみます。

また、各カードともに搭乗ボーナスマイルがありますが、ここでは搭乗ボーナスマイルは無視して比較しています。
したがって、当然ながら飛行機に乗る機会があれば、さらにマイルを獲得することができます。

獲得が期待できるマイルは以下の通りです。

獲得が期待できるANAカード獲得可能マイル比較


ANAカード 獲得可能マイル比較

(1)ANA AMEX(アメックス)ゴールドカード

  入会ボーナス 14,000マイル
  クレカ利用  30,000マイル
  キャンペーン 10,000マイル

  合計     54,000マイル


入会ボーナスだけでも14,000マイルと相当なものですが、やはり利用金額に応じた3倍ボーナスマイルが半端無くお得です。

(2)ANA AMEX(アメックス)カード

  入会ボーナス 10,000マイル
  クレカ利用  20,000マイル
  キャンペーン  6,000マイル

  合計     36,000マイル


こちらも、入会ボーナスが大きいのに加え、利用金額に応じたボーナスマイルが相当お得です。

(3)ANA VISAカード(マイペ併用)

  入会ボーナス  2,000マイル
  クレカ利用分 13,000マイル
         (1,000,000円×1.3%)
  キャンペーン 20,500マイル

  合計     35,500マイル


iDでの30,000円の利用、リボ払いの利用という条件はありますが、キャンペーンマイルが20,500マイル。
この破壊力は抜群です。

(参考記事)
・100円利用あたり22マイル獲得可能!ANA VISAカードの入会キャンペーンがとんでもなくお得な件

(4)ANA JCBカード

  入会ボーナス  2,000マイル
  クレカ利用分 10,000マイル
         (1,000,000円×1%)
  キャンペーン  6,800マイル

  合計     18,800マイル


(参考記事)
・ANA JCBカードの超お得入会キャンペーンで42,500マイル獲得!

そして、比較をするためには、年会費や移行手数料といったコストのことも考える必要があります

コストを勘案したANAカード損益比較


今回の比較における移行手数料については、ポイントの有効期限まで移行をせずに、有効期限到来前のタイミングで一気に移行することで移行手数料を節約した場合の金額で計算しています。
※ANA JCBカードが2015年4月に予定している移行手数料の値上げは反映済です。

(1)ANA AMEX(アメックス)ゴールドカード

  年会費   33,480円
  移行手数料 無料


(2)ANA AMEX(アメックス)カード

  年会費   7,560円
  移行手数料 2,160円(6,480円÷3年)


(3)ANA VISAカード(マイペ併用)

  年会費   無料(初年度年会費無料)
  移行手数料 3,240円(6,480円÷2年)


(4)ANA JCBカード(スターα)

  年会費   無料(初年度年会費無料)
  移行手数料 2,700円(5,400円÷2年)


というわけで、3ヶ月間の利益を1マイル2円で計算すると、結果は…

ANAカード 損益比較

(1)ANA AMEX(アメックス)ゴールドカード
  +74,520円 (108,000円−33,480円))

(2)ANA AMEX(アメックス)カード
  +62,280円 (72,000円−9,720円)

(3)ANA VISAカード(マイペ併用)
  +67,760円 (71,000円−3,240円)

(4)ANA JCBカード
  +34,900円 (37,600円−2,700円)


ということで、入会後3ヶ月間のクレジットカード利用額を100万円、という前提で比較すると、最もパフォーマンスがいいANAカードはANA AMEX(アメックス)ゴールドカードという結果になりました。

なお、結果を見てもお分かりの通り、他のカードもかなりお得な入会キャンペーンを展開しており、大量マイル獲得のチャンスです。

この時期は、やはり就職や進学の時期ということもあり、ANAカード、そして各クレジットカード会社ともに相当お得なキャンペーンを打ち出してきています。
ぜひこのチャンスにANAカードを作成することをオススメします。

また、キャンペーンを考慮せず、かつ1年単位で比較した場合、最もパフォーマンスがいいANAカードは、ANA VISAカードになります。
初期費用が安く、長期にわたって使っていくメインカードとしてもオススメですが、今ならキャンペーンも破壊力があり、絶好の入会タイミングだと思います。

5.まとめ


以上の検証結果を元に、ANA AMEX(アメックス)の入会キャンペーンで大量マイルを獲得する3つのステップについて結論をまとめると、以下の通りとなります。

ANA AMEX(アメックス)の入会キャンペーンで大量マイルを獲得する3つのステップ まとめ

ステップ1:
まずは入会キャンペーンで大量マイルの獲得が期待できるANA AMEX(アメックス)ゴールドカードに入会する。

ステップ2:
同じく入会キャンペーンで大量マイルの獲得が期待できるANA VISAカードに入会する(iDで3万円利用、マイ・ペイすリボへ登録)。

ステップ3:
入会後3か月間は、ANA AMEX(アメックス)ゴールドカードを集中的に利用し、その後ANA VISAカードをメインに切り替えてキャンペーンを攻略する。
ANA AMEX(アメックス)ゴールドカード、そしてANA AMEX(アメックス)カードのキャンペーンは2015年4月30日までの期間限定ですので、今すぐのお申し込みがオススメです!

↓↓詳細/申込みページはこちらをクリック!(スマホからの申込にも対応しています)↓↓
・ANA AMEX(アメックス)ゴールドカード
・ANA AMEX(アメックス)カード

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードANAAMEX(アメックス)カード

※記載のシミュレーションにあたっては比較のために前提をおいていますので、実際のご利用の際には細かい部分で誤差が発生する可能性もありますことをご了承下さい。

関連リンク
・ANA AMEX(アメックス)ゴールドカード
・ANA AMEX(アメックス)カード
・ANA JCBカード
・ANA VISAカード

(関連記事)
・ANA AMEX(アメックス)の入会キャンペーン紹介記事一覧:マネテク!

スポンサーリンク

前の記事前の記事: 香港のエアポートエクスプレスに子供料金無料で乗る方法
次の記事次の記事: ANA国際線の燃油サーチャージが思ったほど下がらない理由

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 01:50 │ Comments(0) TrackBack(0) クレジットカード  
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
ページトップボタン