マネーテクニック

マネーテクニック
2006年12月07日

無料でMP3プレーヤーを手に入れる

こんばんは、ジョージ滝川です。

今回は、マイルの話題からちょっと離れますが、マネーテクニックの一つとして「無料でMP3プレーヤーを手に入れる方法」を紹介したいと思います。
iPodなどの携帯音楽プレーヤーを持っている方は多いかと思いますが、無料なのでもらっておくのもよいと思います。

方法は簡単で、OTAIRECORDが発行する「オタレコオリジナルメンバーズカード」の会員になるだけです。
なお、「オタレコオリジナルメンバーズカード」はDC VISAカードになります。



さらに得するマイレージ情報をblogランキングでチェック 続きを読む

by ジョージ滝川 at 00:01
2006年12月04日

価格.com

こんばんは、ジョージ滝川です。

今回紹介するのは価格比較サイトの草分け的存在、価格.comです。

インターネットって便利だなぁと今更ながらに思うわけですが、インターネット以前はなかなか知ることのできなかった情報、特に個人が持つ情報を簡単に共有できるというのはインターネットの大きな利点の一つだと思います。
管理人のようなどこにでもいるサラリーマンがこのように思ったことをつらつらと書いたり、あるいは至らない部分はあるにせよ情報を紹介することができるのもインターネットのおかげです。
そんな、個人が持つ情報を簡単に共有できるというインターネットの利点の最たるものが口コミのような気がします。
何か買い物をする時に一番役に立つ情報は何かと言えば、美辞麗句を並べ立てた企業の広告や売りたい品物が決まっている店員のオススメではなく、口コミだと思います。

さらに得するマイレージ情報をblogランキングでチェック 続きを読む
by ジョージ滝川 at 10:59
2006年09月06日

「楽天」をうまく使うテクニック

今回紹介するのは、ズバリ「楽天」です。

最近いろいろなポイントサービスを勉強していますが、どうやらキーになっているのは「楽天」だと思っています。
「楽天」で得られる楽天スーパーポイントは、様々な他のポイントサービスと互換性があり、手軽に移行することができます。
さらに、年中お得なキャンペーンを次から次へと実施しており、比較的労力をかけることなくポイントを2倍3倍にすることができます。

また、一工夫することでポイントを獲得するそもそもの機会を増やすことができますので、今日はテクニックを一つ紹介したいと思います。

例えば、インターネットで本を買う場合、amazonにアクセスして本を買う、という人も多いかと思いますが、ここで「楽天」を使って一工夫することで二重三重にポイントを獲得することができます。

まず、ノースウエスト航空のマイレージプログラム、ワールドパークスに加入し、ワールドパークスのホームページ経由で楽天ブックスにアクセスして購入することで利用額100円に対して1マイルのNW(ノースウエスト航空)マイルを獲得することができます。なお、ワールドパークス経由ですと、その他の「楽天」のサービス(楽天市場、楽天オークションなど)でもマイルを獲得することが可能です。

また、楽天ブックスでの購入そのもので楽天ポイントが貯まる上に、「楽天」では、「楽天ブックスDEマイル」という、利用額100円に対してANAマイルが1マイル獲得できるキャンペーンを実施しています。加えて、支払いに楽天カードを使用することでさらに100円あたり1ポイント獲得ポイントを増やすことができます。

さらに、楽天カードの支払を、ANA VISAカードでチャージしたEdyですることで、ANA VISAカードのチャージ分のマイルとして、100円あたり1マイル(マイ・ペイすリボ登録時は2マイル)が獲得できます。

ちょっと分かりづらいので、実際の例を挙げて計算してみましょう。

10,000円分の本を購入したとします。
まず、ワールドパークス経由で購入することによって、NWのマイルが100マイル貯まります。楽天ブックスで獲得できるポイントは、100円につきデフォルトで2ポイント(楽天カード使用時)、現在(2006年9月)であれば金曜日に購入するだけで100円につきさらに1ポイント獲得できるキャンペーンを実施していますのでここでは3ポイントで計算します(その他のキャンペーンも併用すればさらに獲得ポイントを増やせます)。また、「楽天ブックスDEマイル」キャンペーンに登録することでANAのマイルを100マイル、そしてANA VISAカードでの支払いでANAのマイルが200マイル(マイ・ペイすリボ登録時)獲得できます。

まとめると、楽天ブックス10,000円の利用で、
NWマイル 100マイル
楽天スーパーポイント 300ポイント=ANAマイル150マイル
ANAマイル 100マイル+200マイル=300マイル
ということで、NWマイル100マイル+ANAマイル450マイルが獲得できてしまうのです!
これは知っていると知らないとでは大違いです。

10,000円あたり550マイルというのはまさに驚愕の還元率です。1マイル=2円で計算しても還元率はなんと11%になります。これを知ると普通に書店で現金で本を買うのがばかばかしくさえなります。

というわけで、本を買うときはぜひこのテクニックを使ってみてください。また、同じように様々なサービスを組み合わせることで複数のポイントを獲得するチャンスがあるかもしれませんのでぜひ探してみてください。これがマネーテクニックの醍醐味だと思いますので。

(2006/11/7)
一部Edyマイルに関する記載を修正しました。

☆今話題の人気ブログがわかります!
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
・楽天ブックスDEマイル
・ワールドパークス・マイルモール「楽天ブックス」

関連記事
・NW(ノースウエスト航空)ワールドパークス
・今、一番得するマイレージ


(money_tec) 続きを読む
by ジョージ滝川 at 01:11
2006年09月03日

ノーローン

今回おすすめするのは、ノーローンです。

このサイトでは基本的にお金を貯めるテクニックや有利に投資・運用するを紹介しているので、一見場違いな話のように聞こえるかもしれません。

しかし、保有している株式を売却したり、定期預金を解約したりすればお金はあるけれど、今手元に使えるお金がない!というのもありがちな話で、特にいろいろな金融商品を試していたりするとよくあることです。また、普段の月よりちょっと使いすぎてしまった月など、給料日前に手元のお金が足りなくなるのもよくあることです。

そんな時は、せっかく運用している資産を解約するよりは、キャッシングをした方がトータルでの運用効率を上げることができます。

例えば、せっかく3%の利回りで運用できている商品がある場合に、当座の資金が必要だからという理由で中途解約をしてしまうと利回りは一気に落ちてしまいます。
解約した資金を普通預金に入れたとすると、それだけで約3%の損になってしまいますが、それに加えてほとんどの商品では中途解約により受け取るときの利回りが下がってしまうからです。

それであれば、借入をして、なおかつ支払う金利を最小限に抑えたほうがお得なケースも多いです。
というわけで、今回はノーローンを利用して得するテクニックをご紹介します。

キャッシングにもいろいろありますが、ノーローンは間違いなく最強の商品です。その理由はと言うと

一週間完全無利息キャッシング

が可能だからです。

他のキャッシング商品でも、初回に限っては無利息でキャッシングができる商品は結構あります。しかし、ノーローンは

何回使っても、完済後の借入は一週間は完全無利息

というところがポイントです。
この特長を活かして、マネーテクニックを使うことで支払利息の支払いを相当少なくすることが可能となります。
用意するのは以下の2つです。

(1)ノーローン
(2)その他のキャッシング(好きな時に返済できることが大事なので、DCキャッシュワン《セゾン》カードローン等、やはり大手が便利で安心だと思います)


ここでは仮に、9月1日に10万円が必要になったとします。9月25日には給料が入って10万円返済できるはず、という設定です。

1.まずは、お金が足りない!となったときに(1)ノーローンでキャッシングをします。10万円を借りるわけですが、もちろん無利息です。

2.ここからが技の見せ所です。9月9日になると借入から一週間が経過して利息がかかってしまうので、9月8日になったら(2)その他のキャッシングで10万円を借りて、(1)ノーローンの10万円を返済します。

3.9月8日に借りた(2)その他のキャッシングの10万円は当然ながら利息がかかってしまいますので、9月9日には再度(1)ノーローンで10万円を借り、(2)その他キャッシングを返済します。

4.9月9日に借りたノーローン10万円も、完済後の借入なので当然無利息です。次は9月17日から利息が発生してしまうので、9月16日に(2)その他のキャッシングで10万円を借ります。

5.あとは上記2.〜3.の手順を繰り返し、給料が入った25日に全額返済すれば終わりです。

多少面倒ではありますが、この技を知っていると知らないとでは大違いです。実際に支払利息を計算してみましょう。

・ノーローンの金利は28.835%、
・その他のキャッシングにプロミスを使ったとして、金利は25.55%
という条件で計算してみます。

まず、9月1日から9月25日まで、10万円を(2)その他キャッシングで借りた場合、支払利息は100,000×25.55%×25÷365ですから、利息は1,750円になります。

一方、上で紹介したテクニックを使った場合は、利息を支払うのは3日間ですから、100,000×25.55%×3÷365で、なんとたったの210円になります。
その差は実に8倍以上です。

もちろん、借入の金額が増えれば増えるほど得する金額は増えていきます。

なお、言うまでもないことですが、このテクニックは確実にお金が入るあてがあるときだけ使うことが鉄則です。

というわけで、お金が入るのが一週間以上先になってしまう場合は、ノーローンの「完済すれば何度でも無利息」という特性を利用して支払い利息を節約できるこのテクニックをぜひ使ってみてください。

なお、夜間や休日に急にお金が必要になったけれども財布の中にお金がない!といったケースにも、コンビニのATMから手数料無料で借入をすることができますので(もちろん一週間以内に返済すれば金利もかかりません)、ATMの時間外手数料を支払うよりよっぽどお得ですので、今借入が必要でなくても、とりあえず契約をしておくとよいと思います。

ただし、くれぐれも一週間以内に返済することを忘れないで下さいね!

☆今話題の人気ブログがわかります!
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
・ノーローン

・DCキャッシュワン


・《セゾン》カードローン



(money_tec) 続きを読む
by ジョージ滝川 at 23:15
2005年07月10日

クレジットカードポイント稼ぎ

今回はクレジットカードのポイント稼ぎについて紹介します。
さっそくですが、みなさんはクレジットカードのショッピング利用限度枠に対して、どれくらい利用していますか?

作ったばかりのカードだと、利用限度枠は20〜30万円程度のことが多いと思いますが、実績のあるカード、ゴールドカード等では100万円くらいに設定されていることも多いと思います。
特にポイントを貯める際は少ない枚数(可能なら1枚)のカードに集中させてポイントを貯めた方が効率がいいので、メインで使っているカードの利用限度枠はある程度引き上げられていることが多いはずです。

これに対して、実際の利用率(クレジットカードで支払いをして、まだ引き落としがされていない分が、全体の利用限度枠に占める割合)は、20%、30%やせいぜい50%程度という人が多いのではないかと思います。
かくいう管理人も、普通に使っていると、メインのカードは限度枠100万円に対して通常は20〜25万円程度、会社の宴会の立替をしたときや海外旅行に行って利用額が多くなったときでもせいぜい40〜50万円程度といった利用額です

今回紹介するテクニックは、通常使われていないクレジットカードの限度枠の空き枠を利用して、ポイントを稼ぐテクニックです。
手順としては、

(1)クレジットカードを使用してパスネットを購入する
(2)金券ショップでパスネットを売却する


の2つです。念のため説明しておくと、「パスネット」とは、関東の私鉄、地下鉄で使用できるプリペイドカードです。関西での「スルっとKANSAI」に相当します。

まず、(1)クレジットカードを使用してパスネットを購入する、です。
ご存じない方も多いかもしれませんが、クレジットカードを使用してパスネットを購入することができます。
購入できる場所は、パスネットを取り扱っていてクレジットカードの使用できるコンビニや、一部のユーシーカードサービスセンターやJTB等に設置されている自動券売機などです。
各私鉄系列のカードであれば、また私鉄の駅の窓口で系列カードが使用できるケースもあります。
なお、ユーシーカード系の自動券売機は、2005年7月からユーシーカードおよび提携カードしか使用できなくなりましたので注意してください。

次に、(2)金券ショップでパスネットを売却する、ですが、これは単純に金券ショップで売却するだけです。
パスネットは他の金券に比べると換金率が高く、額面の98%から場所によっては99.3%なんてところもあるようです。
また、よく地下鉄や私鉄を利用する方なら、自分で使用する分に充てればロスをゼロにすることができ、効率がいいです。
仕事関係の交通費が立替で後日精算、なんて方も自分で使った方がよいでしょう。

では、このテクニックを使うことでどれくらいの効果があるかを検証してみましょう。
検証する際の設定は以下の通りです。

使用カードのショッピング限度枠:100万円
使用できる空き枠:50万円

空き枠は一定ではないものの、どんなに使っても50万円程度しか使用しないので、50万円程度は純粋な空き枠として確保できるという想定です。

まず、50万円分のパスネットを購入します。
パスネットは最大でも1枚5,000円なので、50万円というと100枚になります。
次にこれを金券ショップで売却します。
探せば額面の99%で買い取ってくれる店が見つかると思います。
売却によって、50万円×99%=495,000円が手に入ります。

ここで、500,000円のクレジットカード利用によって得られるポイントの価値を計算してみましょう。
一般的なクレジットカードの還元率は、「クレジットカードの還元率」で書いたように、0.5%程度ですから、この場合2,500円分のポイントを獲得できることになります。
一方この手順では5,000円(1%)の損失が出ていますので、差し引きで2,500円(0.5%)は損をしてしまうことになります。

しかしながら、カードの種類によっては話が変わってきます。
要は、
(100%−(金券ショップでの換金率))<クレジットカードの還元率
となるカードを使用すればいいわけです。
例えば、誕生月ボーナスのあるカードや、リボ払い設定により還元ボーナスのあるカード、航空会社のマイレージが貯まるカードなどを使用することで、プラスを出すことができます。

例として、SAISONカードの「UAカード」(還元率は単純計算で3%弱です)で計算してみます。
500,000円のクレジットカード利用によって7,500マイルを獲得することができます。
UAの場合、国内線往復航空券と引き換えるために必要なマイルは15,000マイルですから、クレジットカードの利用額に換算するとちょうど1,000,000円です。
この場合の損失は1,000,000円の1%=10,000円ですから、10,000円で国内往復の航空券を手に入れることができる、ということになります。
上記の手順を2ヶ月実行すれば、10,000円と引き換えに国内往復の航空券を手に入れることができる、ということになります。

このテクニックのポイントは
(1)クレジットの空き枠を有効活用すること
(2)換金率の高い金券ショップを事前に把握しておくこと(ある程度値動きがあったりするためです)
(3)クレジットカードのポイント(またはマイル)によって得られる利益がパスネットの購入〜売却による損失を上回る組み合わせで実行すること

の3つです。

当然ながら、引き落としの際は多額の請求が発生しますので、パスネットを売却したら、売却によるロス分とあわせた購入金額を引き落とし口座に入金しておくことをおすすめします。

なお、このテクニックのデメリットとして「手間がかかること」「カード会社にあらぬ疑いを抱かれる可能性があること」がありますが、使い方によっては絶大な効果を発揮するので、取り上げさせて頂きました。
十分に注意をした上で、実行してみてください。

(追記)
換金目的での金券類購入は、クレジットカードの規約違反にあたる可能性が高いです。自己消費分のみの購入をオススメします。

☆今話題の人気ブログがわかります!
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連記事
・クレジットカードの還元率


(money_tec) 続きを読む
by ジョージ滝川 at 18:51
2005年06月21日

Edyを使ったポイント稼ぎ

Edyを使ったクレジットカードのポイント稼ぎのテクニックを紹介します。

用意するものは、以下の2点です。

(1)Edyをチャージできるクレジットカード
 ※できればパソリもあった方がいいでしょう
(2)コンビニで支払いができるクレジットカード

ではさっそくテクニックを紹介します。

まず、手持ちの(1)Edyをチャージできるクレジットカードに、Edyをチャージします。
クレジットカードの使用によりチャージをすると、チャージをしたクレジットカードのポイントが加算されます。
そして今度はEdyの使えるコンビニ(サークルK、サンクスなど)で、(2)コンビニで支払いができるクレジットカードの支払いをします。
この際、Edyで支払うようにします。

ちょっと分かりづらいので実例をあげて説明します。用意したのは、
(1)My Sony Card(年会費無料)
(2)Jiyu! da! カード(ETCとの組み合わせで年会費無料)
の2枚です。
パソリはスヌーピー Edyカードに入会して手に入れておきましょう。

まず、通常の買い物や公共料金の支払いは(2)Jiyu! da! カードで支払います。
例えば5万円の使用だと50ポイントが貯まります。
そしてこれを(1)My Sony Cardで支払います。こちらも50ポイント貯まります。

つまり、通常であれば5万円のクレジットカード利用で50ポイントしか貯まらないところが、5万円で10万円利用分にあたる100ポイントを獲得できるのです。

なお、1枚のEdyカードでチャージできる金額は5万円が上限となっているのでご注意ください。
5万円を超える支払いのためには、複数枚のEdyカードが必要になります。

このテクニックのための組み合わせにはいろいろな形が考えられますので、どういった組み合わせが一番お得か、といったところを、今後、見ていきたいと思います。

☆今話題の人気ブログがわかります!
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
・My Sony Card
・OMCの「Jiyu!da!」カード


(money_tec) 続きを読む
by ジョージ滝川 at 23:23
2005年05月31日

クレジットカードについて(2)

前回「クレジットカードについて」でクレジットカードを持つことのメリットを書きましたが、今回はクレジットカードでの支払いを管理するためのテクニックを紹介したいと思います。

クレジットカードを持っていて一番怖いのは、ついつい使いすぎて支払いができなくなってしまうことだと思います。そんな「使いすぎ」を防ぐためのテクニックです。

方法は簡単。メインバンクにクレジットカード専用の口座を作る、という単純なものです。ちょっと分かりづらいかもしれないので管理人の実例を書いてみます。管理人はメインバンクがみずほ銀行なので以下の例はみずほ銀行の場合ですが、基本的にこのテクニックはみずほ銀行がメインバンクでなくても使えるはずです。

管理人の場合、給与口座はみずほ銀行に持っています。必然的にメインバンクがみずほ銀行になっているのですが、メインバンクであるみずほ銀行にもう1つ口座を作り、クレジットカード支払専用の口座にしています。

そして、クレジットカードを使うたびに、明細を見ながら使った分だけ、メインの口座からクレジットカード専用口座にお金の振替をします。ネットバンキングで振替すれば非常に手軽です。

ちなみにみずほ銀行なら、自分の名義の口座であれば支店が違う口座でも1つのインターネットバンキング用IDで登録できます。つまり、そのIDでログインすれば、他支店間の振替でも簡単にできる、ということです。

それから、後々何に使った分なのか確認したい場合は、摘要に「振替」と表示される振替でなく、「振込」を使用して、振込人名(デフォルトは口座名義ですが、振込の際に簡単に変更できます)を例えば「0531PCコウニユウ」等、使った日や内容が分かるようにしておくと便利です。

なお、同じ支店の口座間での振込であれば、振込手数料はかかりません(ただし、三井住友銀行等、同じ支店の口座間での振込でも手数料がかかる銀行もあります)。

ちなみに、みずほ銀行の場合「みずほマイレージクラブ」というサービスに入っていれば他支店口座間の振込でも手数料はかかりませんので非常に便利です(詳しくは「みずほ銀行」のページに書いていますので見てみてください)。

また、一度振込をするとよく振込する口座ということで登録ができ、あわせてニックネームの登録もできます。管理人の場合、「カード口」という名前をつけて管理しています。

このテクニックを使うと引き落としの日になって、「口座にお金がない!」という事態に陥ることもないですし、何より今自分が使えるお金はいくらなのか、というのが常に把握できるので便利です。今月はカードを使いすぎてるな、などということも分かります。

当然ながら口座の開設は無料ですし、インターネットで申し込み、郵送されてくる申込書を返送するだけなら手間もそれほどかかりません。ぜひこのテクニックを使ってみてください。

☆今話題の人気ブログがわかります!
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!


(money_tec) 続きを読む
by ジョージ滝川 at 23:24
2005年05月24日

クレジットカードについて

クレジットカードに対しては、「悪用されそうで不安」、「たくさん作ると管理できなそうで不安」など、複数枚持つことに対して不安を持つ方も少なくないと思います。

ここでは、ちょっとした工夫でずいぶん安全にクレジットカードを利用することができるようになるテクニックについて紹介します。

管理人は、6枚のカードを持っています。
そのうち1枚についてはサービスに見合う年会費だと思える年会費ありのカードですが、残りの5枚は全て年会費無料のカードです。

よく言われることですが、ポイントサービス等は1つのカードを集中的に使うほうがお得なので、メインで使うのはマイレージを貯める目的で使っている1枚だけです。残りの5枚は基本的に使いません。

では残りの5枚はどういうときに出番になるかというと、

(1)メインのカードが使えないとき

私鉄の定期券購入窓口では、系列のクレジットカードしか使えないのが一般的です。このような場合、系列カードの出番です(年に2回しか使いません)。

(2)会員証やキャッシュカードとして使うとき

そうは言ってもできるだけカードの枚数を増やしたくない、というのは誰しもが思うところで、いわゆるジョイントカードについては、クレジットカードとしてではなく利用することがあります(あまりありません)。

(3)利用により特典が付与されるとき

ちょっとでも利用すると別のサービスの特典が付与されるとか、キャンペーン期間中に3万円利用すれば確実に3,000円分のギフトカードがもらえる、といったケースです(めったにありません)。

思いつくままに上げてみましたが、そういう機会はほとんどない、ということになります。だから管理人は使わないカードは持ち歩かないのです。

結局、「カードを持っていること」のリスクを感じることはない、というのが正直なところです。現在ではネット上の決済等、クレジットカードを利用する機会が増えています。これに伴い、フィッシング等の問題も発生しているわけではありますが、注意をして使う、というのがクレジットカードとの賢い付き合い方だと思います。もう使わないな、と思ったら解約すればいいのです(管理人もこの1年間で3枚のカードを解約しています)。

たくさん持つと管理できなそう、という不安については管理のためのテクニックがありますので、次の機会に書きたいと思います。

☆今話題の人気ブログがわかります!
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!


(money_tec) 続きを読む
by ジョージ滝川 at 18:21
2005年05月22日

マネーテクニックの真髄

ここでは、様々な金融サービスをどのように活用していくか、ということを書きたいと思います。

このサイトではいろいろな金融サービスを紹介していますが、これらは単体でも十分に有効なサービスです。
しかし、これらを組み合わせることで、その効果は何倍にもなります。

例えば、以下のような組み合わせです。

(1)イーバンク銀行みずほ銀行

意外な組み合わせのように思えるかもしれませんが、この組み合わせによりイーバンク銀行に限らずネット銀行にとってウィークポイントと言える「入金」の部分を最強の武器に変えることができます。

詳しくは、このサイトの「銀行」のカテゴリーにある「イーバンク銀行」のページを見てみてください。

(2)E*TRADE証券野村證券

これも同業他社の組み合わせです。お互いの優れたサービスだけを「いいとこ取り」することでより優れた環境を実現しています。

E*TRADE証券では様々な条件を設定し、その条件にあてはまる株式を検索する「スクーリング」という最強の機能が利用できます。

野村證券も、口座を開設するだけで、定評のある経済ニュース等の貴重な情報を見ることができます。この場合、株式の購入は野村證券ではしないのがポイントです。なぜなら株式を持った途端に保護預り手数料が発生してしまうから。こちらは情報収集だけで、株式の売買は手数料の安いE*TRADE証券で実施します。

このように、無料のサービスを2つ組み合わせるだけでも、有料のサービスに勝るとも劣らない環境が構築できます。上級編として、3つ以上のサービスを組み合わせ、さらなる効果を狙う、といったことも可能です。

「このサイトの方針」というページの中でもこの相乗効果について触れていますので、ぜひご覧になってみてください。

☆今話題の人気ブログがわかります!
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連記事
・イーバンク銀行
・みずほ銀行
・E*TRADE証券
・野村證券


(money_tec)
by ジョージ滝川 at 22:34

このページのトップへ