ANAの株主優待制度が変更に

マネテク! > 旅行 >
2015年08月29日

ANAの株主優待制度が変更に

こんばんは、株主優待大好き、株主滝川@マネテク!|ANAマイルの貯め方です。

現在保有している株式の銘柄は、中部鋼鈑、ツヴァイ、そしてGMOインターネットです。
GMOインターネットは株主優待が結構充実していて、ドメイン代が無料になったりもするのでなかなかいい感じです。
ツヴァイも株主優待があるのですが、残念ながら管理人は既婚なので全く役立ちません(笑)。
読者の中で欲しい方がいらっしゃれば、メールでも頂ければ、喜んで差し上げます!

というわけで、ANA修行僧の必須アイテム(と管理人が思っている)ANAの株主優待制度が変更になります。

スポンサーリンク

以前にもANAの株主優待の制度変更をお伝えしたことがありますが、今回の変更はまた別のお話です。

(過去記事)
・ANAの株主優待が制度変更:マネテク!

一部の便で、株主優待で購入可能な席数が制限


ANAの株主優待は、空席さえあれば、運航当日でも半額で航空券を購入できる、というのがメリットです。
言い方を変えると、特典航空券用の座席数に制限があるのと異なり、優待運賃用の座席数には上限がありませんでした。

これが、2016/6/1搭乗分から一部の便で制限されることになります。
具体的な対象便は過去の優待運賃の利用状況を勘案し、ゴールデンウィーク期間、旧盆期間、年末年始の各期間を中心に定めるとのこと。

既に2016年6月〜2017年5月の対象期間は公表されていて、以下の通りです。

下り便上り便
2016/8/11〜8/142016/8/15〜8/16
2016/9/172016/9/19
2016/10/82016/10/10
2016/12/29〜12/302017/1/2〜1/4
2017/3/182017/3/20
2017/4/29〜5/42017/5/6〜5/7


今後、期間が見直される可能性もあるようですので、ANA SFCの修行僧の方にも影響が出る可能性があります。
今後の動向に注目ですね。

(参考リンク)
・株主優待制度の一部変更に関するお知らせ|ANA(pdf)

※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・ANAの株主優待制度が変更に

スポンサーリンク

前の記事前の記事: ANAの羽田〜大島線運休と上級会員達成基準
次の記事次の記事: ハピタスの30,000ポイントを効率よくマイルに移行するルートは?

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 07:16 │ Comments(0) 旅行  
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
ページトップボタン