ANA AMEXの入会キャンペーンで大量マイルを獲得する3つのステップ(2016年6月版)

マネテク! > クレジットカード >
2016年06月16日

ANA AMEXの入会キャンペーンで大量マイルを獲得する3つのステップ(2016年6月版)

※最新のキャンペーン情報は、こちらからご覧下さい。

マイレージはANA派、AMEX(アメックス)でマイルを貯めているジョージ滝川@マネテク!|ANAマイルの貯め方です。

さっそくですが、2016年4月から実施されていたANA AMEX(アメックス)ことANA アメリカン・エキスプレスカード、そしてANA AMEX GOLD(アメックスゴールド)ことANA アメリカン・エキスプレスゴールドカードの入会キャンペーンが6月15日をもって終了となり、新たな入会キャンペーンが始まっていますので紹介したいと思います。

ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカードやANA アメリカン・エキスプレスカードといったアメリカン・エキスプレスが発行しているANAカードの入会キャンペーンは、数あるANAカードの中でも最強の入会キャンペーンとして知られています。

そんなANA アメリカン・エキスプレスカード/ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカードの入会キャンペーンですが、前回から大きくその内容が変わっています
具体的には、これまでANA アメリカン・エキスプレスカード/ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカードの入会キャンペーンでは定番だった「入会から一定期間、利用額に応じて付与されるポイント(≒マイル)が数倍になる」、というボーナスがなくなり、代わりに公共料金等の支払いでボーナスポイントが付与されるように変更となっています。

この後詳しく見ていきますが、ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカードなら3か月で国内線を3往復できる(レギュラーシーズンの場合)ほどのマイルが獲得できるという、「入会キャンペーンがすごいANAカード」にふさわしい、爆発的にマイルを獲得することができる内容だと言えるでしょう。

まだANA アメリカン・エキスプレスゴールドカードやANA アメリカン・エキスプレスカードをお持ちでない方は、一気に大量のANAマイルを獲得するチャンスです!
ぜひキャンペーン内容をチェックしてみてください。

ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカード(ANA AMEX GOLD(アメックスゴールド))ANA アメリカン・エキスプレスカード(ANA AMEX(アメックス))

スポンサーリンク

目次
1.この記事の構成
2.ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカード
3.ANA アメリカン・エキスプレスカード
4.シミュレーション
 (1)獲得が期待できるANAカード獲得可能マイル比較
 (2)コストを勘案したANAカード損益比較
5.まとめ
 (1)ANA AMEX(アメックス)の入会キャンペーンで大量マイルを獲得する3つのステップ

1.この記事の構成


というわけで、今回は入会キャンペーンがANAカード最強と評判の、ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカード、そしてANA アメリカン・エキスプレスカードが実施中の入会キャンペーンについて紹介したいと思います。

また、あわせて、ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカード、ANA アメリカン・エキスプレスカードが実施している入会キャンペーンがどれくらいお得なのかという分析と、その他のANAカードも含めたお得度比較、そして、「ANA AMEXの入会キャンペーンで大量マイルを獲得する3つのステップ」として、この入会キャンペーンを徹底的に活用する手順を紹介したいと思います。

それでは、まずはANA アメリカン・エキスプレスゴールドカードとANA アメリカン・エキスプレスカードの基本的なスペック、およびキャンペーンの内容を見てみましょう。

2.ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカード


まず紹介するのは、ANA AMEX GOLD(アメックスゴールド)カードことANA アメリカン・エキスプレスゴールドカードです。

ANAAMEX(アメックス)ゴールドカード

・クレジットカード利用100円あたり1マイル
・入会ボーナスマイル 2,000マイル
・入会後1か月以内にカードを利用すると1,000マイル
・入会後2か月以内に利用金額45万円達成で5,000マイル
・入会後2か月以内に利用金額70万円達成でさらに16,000マイル
・入会後3か月間、公共料金等の引き落とし1回ごとに1,000マイル※最大15,000マイルまで
・旅行障害保険(国内/海外)最大1億円
・空港ラウンジ利用可能
・エアポート・送迎サービス
・手荷物無料宅配サービス
・エアポート・ミール
・ショッピング・プロテクションあり
・年会費31,000円+税
・マイル移行手数料無料
・ANAのビジネスクラスラウンジを利用可能(5,000ポイント)


還元率は他のANAカードと同レベルですが、入会後2か月間の利用額に応じてもらえるマイルが最大22,000マイルととにかくお得、さらに公共料金等の引き落としでも大量マイルの獲得が可能、と大量マイルを獲得するには最高のカードです。
もちろんアメリカン・エキスプレスならではの手厚い付帯サービスも魅力ですね。

それから、クレジットカードの利用で貯めたポイントをANAのビジネスクラスラウンジを利用できる「ANA LOUNGE ご利用カード」に交換できるのも、ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカードの特長の一つです。

3.ANA アメリカン・エキスプレスカード


次に、ANA AMEX(アメックス)ことANA アメリカン・エキスプレスカードの基本的なスペックとキャンペーンの内容です。

ANAAMEX(アメックス)カード

・クレジットカード利用100円あたり1マイル
・入会ボーナスマイル 1,000マイル
・入会後1か月以内にカードを利用すると1,000マイル
・入会後2か月以内に利用金額20万円達成で4,000マイル
・入会後2か月以内に利用金額40万円達成でさらに10,000マイル
・入会後3か月間、公共料金等の引き落とし1回ごとに1,000マイル※最大15,000マイルまで
・旅行障害保険(国内/海外)最大3,000万円
・空港ラウンジ利用可能
・ショッピング・プロテクションあり
・年会費7,000円+税
・マイル移行手数料6,000円+税/年


ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカードのキャンペーンと比べると若干見劣りする内容ですが、コストパフォーマンスを考えるとなかなか侮れないキャンペーンだったりします(後ほど詳しく分析します)。
また、アメリカン・エキスプレスのカードらしく、空港ラウンジ利用が可能等、一般カードではありますがその付帯サービスは他社のゴールドカード並みと言えるでしょう。

それでは、これらのスペックおよびキャンペーン内容を踏まえ、ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカード、そしてANA アメリカン・エキスプレスカードがどれくらいお得なのか、実際のところどれくらいのANAマイルを獲得できるのか、シミュレーションしてみましょう。

4.シミュレーション


シミュレーションにあたっては、ANA アメリカン・エキスプレスカード以外の主要なANAカードとして、ANA VISA/Masterカード、およびANA JCBカードとも比較をしてANA アメリカン・エキスプレスゴールドカード、そしてANA アメリカン・エキスプレスカードのお得度を検証してみたいと思います。

というわけで比較の対象は、以下の4つのANAカードです。

(1)ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカード
(2)ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカード
(3)ANA VISA/Masterカード(マイペ※併用)
(4)ANA JCBカード

※マイペ=マイ・ペイすリボ(三井住友カードのリボ払い)

シミュレーションの前提は、以下の通りです。

・比較期間は3か月
ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカード/ANA アメリカン・エキスプレスカードの入会キャンペーン期間にあわせて比較します。

・比較期間中のクレジットカードの利用金額は100万円
こちらもANA アメリカン・エキスプレスゴールドカード/ANA アメリカン・エキスプレスカードの入会キャンペーンに合わせ、ちょっとまとまった買い物ができるという想定で比較してみます。
ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカードに関しては2か月で70万円、ANA アメリカン・エキスプレスカードに関しても2か月で40万円を利用する、という想定です。

・比較期間中の公共料金等は全てカード払いにする
また、ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカード/ANA アメリカン・エキスプレスカードのボーナスマイルに関連してくる公共料金等の支払いについては、上限である15回支払いが発生する、という前提で計算します。

下のリスト中、支払先の後の()の中の数字は、キャンペーン期間である3か月の間に何度支払いが発生するかを表しています。
基本的には毎月支払いが発生するのですが、水道代は2か月に一度、税金は3か月の間に1回、という想定です。
公共料金の支払いによる獲得マイルは15,000マイルが上限となりますが、十分上限を狙えることが分かると思います。

(電気代)東京電力(3)
(ガス代)東京ガス(3)
(水道代)東京都水道局(2)
(税金)東京都税(1)
(携帯電話代)NTTドコモ(3)
(固定電話代)NTT東日本(3)
(自宅プロバイダー)OCN(3)
(モバイルルーター)UQ WiMAX(3)
(テレビ等)スカパー(3)、WOWOW(3)、hulu(3)、Netflix(3)

なお、各カードともにANAカード会員向けの搭乗ボーナスマイルがありますが、ここでは搭乗ボーナスマイルは無視して比較しています。
したがって、当然ながら飛行機に乗る機会があれば、さらにマイルを獲得することができます。

上記の前提のもとで、獲得が期待できるマイルは以下の通りです。

獲得が期待できるANAカード獲得可能マイル比較


ANAカード獲得マイル比較@ANAマイルの貯め方

(1)ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカード

  入会ボーナス  2,000マイル
  クレカ利用  10,000マイル
  キャンペーン 37,000マイル

  合計     49,000マイル


やはりキャンペーンによるボーナスマイルが半端無くお得です。

(2)ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカード

  入会ボーナス  4,000マイル
  クレカ利用  10,000マイル
  キャンペーン 30,000マイル

  合計     41,000マイル


こちらもやはり、キャンペーンによるボーナスマイルが相当お得です。

(3)ANA VISA/Masterカード(マイペ併用)

  入会ボーナス  1,000マイル
  クレカ利用分 13,000マイル
         (1,000,000円×1.3%)
  キャンペーン 23,500マイル

  合計     37,500マイル


家族カードで50,000円の利用、iDでの30,000円の利用、およびリボ払いで500,000円の利用といった条件はありますが、キャンペーンマイルが合計で24,500マイル。
ANA VISA/Masterカードのキャンペーンもかなりの破壊力なのですがANA アメリカン・エキスプレスカード/ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカードの入会キャンペーンと比べると、やはり若干見劣りしてしまうという印象です。

キャンペーンで獲得できるマイルの内訳は以下の通りです。

(キャンペーン獲得マイル内訳)
・リボ登録/50万円利用 15,000マイル
・家族カード5万円利用 5,000マイル
・iD3万円利用 2,000マイル
・キャンペーン登録 1,000マイル
・ANAカードマイルプラス 500マイル

(参考記事)
・ANAマイル還元率最強!ANA VISAカード入会キャンペーン攻略法:マネテク!

(4)ANA JCBカード

  入会ボーナス  1,000マイル
  クレカ利用分 10,000マイル
         (1,000,000円×1%)
  キャンペーン 8,550マイル

  合計     19,550マイル


JCBも独自のキャンペーンを多数行っており、特にANA JCBプレミアムカードやANA JCBワイドゴールドカードはかなりのマイルを獲得可能ですが、一般カードはAMEX(アメックス)と比べるのはもちろん、VISA/Masterと比べても見劣りする感じです。
キャンペーンで獲得できるマイルの内訳は、以下の通りです。

(キャンペーン獲得マイル内訳)
・独自入会ボーナス 1,300マイル(家族カード作成が前提)
・ANAカードマイルプラス加盟店利用ボーナス 500マイル
・25万円以上の利用 4,500マイル
・携帯電話、公共料金の支払い 900マイル
・支払い名人の登録 450マイル
・MyJCBへのログイン 150マイル
・ANA QUICPay+nanacoキャンペーン 750マイル

そして、比較をするためには、年会費や移行手数料といったコストのことも考える必要があります

コストを勘案したANAカード損益比較


今回の比較における移行手数料については、ポイントの有効期限まで移行をせずに、有効期限到来前のタイミングで一気に移行することで移行手数料を節約した場合の金額で計算しています。

(1)ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカード

  年会費   33,480円
  移行手数料 無料


(2)ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカード

  年会費   7,560円
  移行手数料 2,160円(6,480円÷3年)


(3)ANA VISA/Masterカード(マイペ併用)

  年会費   無料(初年度年会費無料)
  移行手数料 3,240円(6,480円÷2年)


(4)ANA JCBカード(スターα)

  年会費   無料(初年度年会費無料)
  移行手数料 2,700円(5,400円÷2年)


というわけで、3か月間の利益を1マイル2円で計算すると、結果は…

ANAカード損益比較@ANAマイルの貯め方


(1)ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカード
  +64,520円 (98,000円−33,480円))

(2)ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカード
  +72,280円 (82,000円−9,720円)

(3)ANA VISA/Masterカード(マイペ併用)
  +71,760円 (75,000円−3,240円)

(4)ANA JCBカード
  +36,400円 (39,100円−2,700円)


ということで、入会後3か月間のクレジットカード利用額を100万円、という前提で比較すると、僅差ではありますが、最もパフォーマンスがいいANAカードはANA アメリカン・エキスプレスカードという結果になりました。

なお、結果を見てもお分かりの通りANA VISA/Masterカードもかなりお得な入会キャンペーンを展開しており、大量マイル獲得のチャンスです。
ぜひこのチャンスにANAカードを作成することをオススメします。

また、キャンペーンによる一時的なボーナスマイルを考慮せず、かつ1年単位で比較した場合、最もパフォーマンスがいいANAカードはANA VISA/Masterカードになります。
初期費用が安く、長期にわたって使っていくメインカードとしてもオススメですが、今ならキャンペーンも破壊力があり、絶好の入会タイミングだと思います。

(過去記事)
・ANAカード最強!ANA VISAワイドゴールドカードの還元率は100円あたり1.71マイル!:マネテク!
・ANAマイル還元率最強!ANA VISAカード入会キャンペーン攻略法:マネテク!

5.まとめ


以上の検証結果を元に、ANA AMEX(アメックス)の入会キャンペーンで大量マイルを獲得する3つのステップについて結論をまとめると、以下の通りとなります。

ANA AMEX(アメックス)の入会キャンペーンで大量マイルを獲得する3つのステップ まとめ

ステップ1:
まずは入会キャンペーンで大量マイルの獲得が期待できるANA アメリカン・エキスプレスカードに入会する。

ステップ2:
入会キャンペーン期間を除いた通常時では最大のマイル還元率が期待できるANA VISA/Masterカードに入会する。

ステップ3:
入会後2か月間は、ANA アメリカン・エキスプレスカードを集中的に利用し(公共料金等の支払いには入会後3か月間利用)、その後ANA VISA/Masterカードをメインに切り替える。
ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカード、そしてANA アメリカン・エキスプレスカードのキャンペーンは2016年10月31日までの期間限定ですので、今すぐのお申し込みがオススメです!

↓↓詳細/申込みページはこちらをクリック!(スマホからの申込にも対応しています)↓↓
・ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカード
・ANA アメリカン・エキスプレスカード

ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカード(ANA AMEX GOLD(アメックスゴールド))ANA アメリカン・エキスプレスカード(ANA AMEX(アメックス))

※記載のシミュレーションにあたっては比較のために前提をおいていますので、実際のご利用の際には細かい部分で誤差が発生する可能性もありますことをご了承下さい。

(関連リンク:各ANAカードの詳細/申込は下記リンクからどうぞ)
・ANA アメリカン・エキスプレスゴールドカード
・ANA アメリカン・エキスプレスカード
・ANA VISA/Masterカード
・ANA JCBカード

(by ジョージ滝川)

スポンサーリンク

前の記事前の記事: 理想のダビスタについての妄想
次の記事次の記事: 自分史上最強のバンダン牝馬

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 23:36 │ Comments(0) TrackBack(0) クレジットカード  
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
ページトップボタン