ドラクエ2と黄門様

マネテク! > 雑記 >
2017年05月08日

ドラクエ2と黄門様

こんばんは、ドラクエ大好き、ドラクエ滝川@マネテク!です。

先日、ついスマホ版のドラクエ2を購入してしまいました。
原因は間違いなくあのスライム3人組です(笑)。

(過去記事)
・FC版ドラクエの音楽をマリンバで奏でるスライム3人組がスゴい | No Music No Life

スポンサーリンク

順序性重視で2を購入


スライム3人組の演奏でお気に入りはドラクエ3のゾーマ戦やエンディングなので、本来ならドラクエ3を買ってしまいそうなところですが、以前ドラクエ1が無料だった時にダウンロードしてクリアしていたので(当然レベルはMAXまで上げました(笑))、次はドラクエ2だろうということでドラクエ2を購入した次第です。

仲間の名前を聞かれる


ゲームを始めると、さっそく父親であるローレシア王から、サマルトリアの王子とムーンブルクの王女の名前を聞かれます。
「サマルトリアの王子の名前は○○だったかな?」と聞かれ、「はい」と答えればそのまま○○というデフォルトの名前、「いいえ」と答えると自分で名前を入力できる、という仕組みです。
正直、ローレシア王も親戚の王子王女の名前くらい覚えとけよ、と思いました(笑)。

ファミコン版での命名


昔のファミコン版では、セレクトとスタートを同時押ししながら復活の呪文の入力を完了させると、同様にサマルトリアの王子やムーンブルクの王女の名前を自分で入力できたことを懐かしく思い出しました。
ちなみに私の場合、当時はサマルトリアの王子を「ろと」、ムーンブルクの王女を「ろーら」という名前に変更していました。

当時、ローレシア王子に衝撃的な名前を命名


で、ファミコン版の当時ローレシアの王子は何て名前にしていたか、ですが、「こうもん」です。
あ、いや、下ネタではなく(笑)、水戸黄門の黄門さまの「こうもん」です。
これはなぜかというと、サマルトリアの王子のデフォルト名の中に、「すけさん」という名前があったのです。

つまり、「こうもん」「すけさん」「かくさん」にしたくて、「こうもん」にしたのですが、サマルトリアの王子に会ってみると、彼の名前は「すけさん」ではなく、「ランド」でした(笑)。
ちなみにムーンブルクの王女は「ナナ」でした。

「こうもん」「ランド」「ナナ」
この並びを見た人は、だれも黄門さまとは思わず、単なる変態だと思ったことでしょう(笑)。
リビングのテレビ画面に向かってドラクエに興じる息子を後ろから見守るうちの母親も、「こいつ頭大丈夫か?」と思ったに違いありません。

今回のスマホ版は安直に命名


ちなみに今回スマホ版では、ローレシアの王子は「ロト」、サマルトリアの王子は「サマル」、ムーンブルクの王女は「ムーン」という名前にしました。
深い意味はないです(笑)。

というわけで、ドラクエ2に関する懐かしい思い出でした。

今日のマネテクポイント

ドラクエ2は強烈に記憶に残っています。
スマホ版をプレイしていると、いろいろと記憶がよみがえってきて楽しいです。
そして友達に教えてもらわないとクリアできなかった気がしますが、今はインターネットで何でも分かってしまって便利な反面、味気なさも感じます。

スポンサーリンク

前の記事前の記事: AKB48の竹内美宥さんが宅録女子な件
次の記事次の記事: うまくいっている人の考え方

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 06:18 │ Comments(0) TrackBack(0) 雑記  
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
ページトップボタン