夜の愛宕神社でおみくじはひける?

マネテク! > 旅行 >
2018年01月14日

夜の愛宕神社でおみくじはひける?

こんばんは、おみくじ大好き、おみくじ滝川です。

まず記事タイトルに書かれた疑問に対する結論ですが、夜の愛宕神社では残念ながらおみくじはひけない、という結果になりました。
がしかし、おみくじがひけなくても、お参りするだけでも十分価値があるパワースポットだと感じました。
というわけで、レポートしたいと思います。

IMG_0698

スポンサーリンク

新橋駅から夜の愛宕神社へ

仕事を早めに切り上げて、新橋駅からひたすら歩くこと15分くらいでしょうか?
夜の8時ごろに愛宕神社に到着しました。
ちなみに虎ノ門ヒルズのすぐ近くなので、とりあえず虎ノ門ヒルズの方に向かっておけば大丈夫です(笑)。

なお上のGoogleマップだと正面ではなく裏側から回り込むような形になってしまっているので、正面である東側(地図で言うと、右側)から行くことをおすすめします。
虎ノ門ヒルズの前をずーっと南に下ればオーケーです。
下の写真のような、正面入口にたどり着きます。

IMG_0684

出世の石段を登る

さっそく出ました、出世の石段!
昔、曲垣平九郎がこの石段を馬で駆け上がって梅を手折り、将軍徳川家光に献上して出世したという伝説の階段です!

IMG_0685

(参考リンク)
・愛宕神社トリビア | 愛宕神社

思ったより急ですね…。

IMG_0687

しかし、出世するためには私もこの石段を登らなくては(笑)!

IMG_0689

登り切ると、結構高いです。

IMG_0690

いざ参拝

出世の石段を登ると、すぐ目の前に本殿が見えます。
手水舎で身を清め、いざ参拝です。

IMG_0691

招き石をなでまくる

が、その前にすごく気になる石を発見!
何でも、なでると福がつくらしいです。

IMG_0699

ぶっちゃけ、ちょうど誰もいなかったのでめちゃくちゃ撫でまくっておいたのはここだけの秘密です(笑)。
レッツゲット福!

本殿に参拝

本殿は夜なので閉まっていましたが、お賽銭を入れる穴だけはちゃんと開いてました(笑)。

IMG_0698

境内にはたくさんの神さまが

本殿以外にも、いろいろな神様がいました。
神社だとよくあるパターンな気もしますが、この何でもあり感は結構好きです。

太郎坊社(猿田彦神)

天狗さまですね。

IMG_0696

福寿稲荷社

お稲荷さんですね。

IMG_0692

下でお稲荷さんがわちゃわちゃしてました(笑)。

IMG_0693

恵比寿大黒社

恵比寿さんと大黒さんです。
めっちゃこじんまりとしてました。
形じゃない、ってことですね!

IMG_0694

弁財天社

弁財天は池のほとりにあって、水音が響く中お参りしましたが、マイナスイオン感とパワースポット感がハンパなかったです。
あまりにも金運がアップした感じがして興奮したため、写真は、撮り忘れました(笑)。

顔ハメ看板もあります

茶店の前、駐車場?のあたりに、顔ハメ看板を発見しました。

今年の大河ドラマで話題の西郷隆盛と勝海舟が江戸城無血開城を話し合ったのも愛宕神社みたいです。

IMG_0701

そして当然曲垣平九郎。
出世したければここに顔をハメろ、ってことですね!

IMG_0702

まとめ:夜の愛宕神社参拝もオススメ

というわけで、夜の愛宕神社ではおみくじをひくことはできませんでしたが、仕事帰りにお参りするのもよいと思います。
参拝客もまばらで、ゆっくり落ち着いて参拝することができると思います。
オススメです。

(参考リンク)
・愛宕神社

おまけ:Ingressでハック!

参拝記念に、Ingress(最近久しぶりにちょいちょいやってます…)で愛宕神社をハックしておきました(笑)。
ちなみにもうちょっとでLv9になれそうな感じです(笑)。

IMG_0704

今日のマネテクポイント

東京の、オフィスビルなんかが立ち並ぶ中にある神社って、それはそれで趣がありますね…。
ちょっと小高い場所にある、こじんまりとした神社が意外と多い気がします。
朱印帳とか持って寺社巡りするのも楽しそうだなぁなどと思いました。
Ingressを兼ねて…(笑)。
※この記事は、以下関連ブログ記事からの転載記事です。
・夜の愛宕神社でおみくじはひける? | 滝川旅行記

スポンサーリンク

前の記事前の記事: 駄菓子屋もんじゃとラメックの思い出
次の記事次の記事: POG:指名馬シーリア3戦目の未勝利戦は3着

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 07:23 │ Comments(0) 旅行  
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ