オートマ車で信号待ちの時にギアをニュートラルに入れるとクルマの負担に?

マネテク! > ニュース >
2018年03月11日

オートマ車で信号待ちの時にギアをニュートラルに入れるとクルマの負担に?

こんばんは、オートマ大好き、オートマ滝川@マネテク!です。

もちろん免許はオートマ限定、ではなく、マニュアルも乗れます。
っていうか私が若い頃はマニュアル車も普通にあって実家の車もマニュアルでしたし、初めて日常的に乗った車もマニュアルでした。

bmw-1399430_1920

スポンサーリンク

信号待ちのときにはギアをニュートラルにするのがクセに

そんな経緯もあってか、オートマ車が当たり前になった現在でも、信号待ちのときなんかは一旦ニュートラルに入れて、発進時にギアを入れることが多かったりします。
ずっとブレーキ踏んでるのが、走りたがっている車を無理やり押さえつけているような気がして、車の負担になるようなイメージがあるんですよね。

と思ったら、全然違ったみたいです(笑)。

オートマ車は「D」レンジのまま信号待ちをしてもクルマの負担にならないのか

小まめにNやPに入れるほうが機械への負担は大きい

 答えから先に言えば、負担はありますが、それは想定された負担です。
信号待ちはDレンジでまったく問題ありません。
(略)
Nレンジにイチイチ切り換えている人もいるようですが、そのほうがはるかにトランスミッションの負担は大きくなります

 NレンジからDレンジにした時に、エンジンの回転数が下がり、パワートレインが動くのが判りますよね? 
その分だけ力が加わったということなのです。
連続的な負荷よりも、断続的な負荷・衝撃のほうが機械には都合が悪いので、信号待ちでNレンジにわざわざシフトするのはヤメたほうがいいです。

(略)

 そもそもNレンジにシフトすると、アイドリングストップ機構がキャンセルされて、エンジンが再始動するモデルも少なくありません。
Nレンジにシフトするということは、運転を休止するという判定になるため、そういった制御になるのは当然です。

(略)

 ちなみにNレンジは、牽引される場合などに使用するポジションです。Nレンジどころか、信号待ちでPレンジにしている人も居ますね。発進時に一瞬リバースのランプが点灯するのでわかります。

 どういう感覚なのか理解できませんが、Pレンジは駐車する時にトランスミッションをロックする、というポジションです。パーキングブレーキのように、クルマをロックする機構ではないので、もし後ろから軽くコツンと当てられても、トランスミッション内部のロック機構は簡単に壊れて、クルマは前に進むことでしょう。意味がないだけでなく、クルマに大きな負担を与える使い方です。

(参考リンク)
・オートマ車は「D」レンジのまま信号待ちをしてもクルマの負担にならないのか (WEB CARTOP) – Yahoo!ニュース

まとめ:ずっとDで走ります…(笑)

何となく信号待ちの時にニュートラルに入れるのがかっこいいと勘違いしていた自分が恥ずかしいです(笑)。
これからは、ずっとDで走りたいと思います。
確かに、実家のアイドリングストップ車は信号待ちの時にニュートラルに入れるとエンジンが始動しちゃうなぁと思ってたんですよね…。

今日のマネテクポイント

この手の、昔からの思い込みでやってる系のことって意外と多いのかもしれないですね。
※この記事は、以下関連ブログ記事からの転載記事です。
・オートマ車で信号待ちの時にギアをニュートラルに入れるとクルマの負担に? | 滝川ちゃんねる

スポンサーリンク

前の記事前の記事: 無料でプログラミングの勉強を始めるならProgateがオススメ
次の記事次の記事: 食べログの点数に基準はある?

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 06:33 │ Comments(0) ニュース  
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
ページトップボタン