コインチェックはNEMの巨額補償をしても63億円の黒字決算

マネテク! > 仮想通貨 >
2018年04月30日

コインチェックはNEMの巨額補償をしても63億円の黒字決算

こんばんは、仮想通貨大好き、ビットコイン滝川@マネテク!です。

コインチェックのNEM流出騒動の時にはコインチェック社の財務状況がさっぱり分からない状況でしたが、マネックスグループ傘下に入ったことにある意味経営の透明性が確保されるようになり、いろいろと明らかになってきています。

先日のマネックスグループの決算に合わせて公表されたコインチェックの決算で明らかになったのは、一言で言うと、コインチェックがとにかくめちゃくちゃ儲かっていた、ということです。

いくつか関連の報道からピックアップしながら紹介したいと思います。

bitcoinIMGL4432_TP_V

スポンサーリンク

コインチェック、営業利益537億円 巨額補償でも黒字

 巨額の不正流出を起こした仮想通貨交換業者コインチェックの2018年3月期の業績概要が26日公表された。売上高は626億円、営業利益は537億円。不正流出問題の補償で473億円の特別損失を計上したが、それでも税引き前利益は63億円だった。相場高騰による「仮想通貨バブル」で売上高は前年比で60倍に拡大。仮想通貨を仕入れて転売する交換業者の高収益ぶりが示された。

 コインチェックを買収したネット証券大手マネックスグループが自社の決算とともに公表した。開示済みの17年3月期決算は売上高が9・8億円、純利益が4・7億円。
(略)

(参考リンク)
・コインチェック、営業利益537億円 巨額補償でも黒字(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

営業利益が前期4.7億円から537億円とかハンパないですね。
やはりネットメインのビジネスは(当然ながら)原価率が低いので爆発しやすい、というのが記事を読んでの印象でした。

仮想通貨のコインチェック 営業利益率86%、荒稼ぎ

 営業利益率は破格の86%――。マネックスグループは26日の決算発表で、16日に買収を完了した仮想通貨交換業者コインチェック(東京・渋谷)の2018年3月期業績(概算値)を公表した。仮想通貨の売却収入から売却原価を差し引いた売上高は前の期比約64倍の626億円。群を抜く増収率だが、市場をさらに驚かせたのは荒稼ぎしていた実態だ。

 3600社を超える東京証券取引所の上場企業の中で、直近の通期決算で最も高い営業利益率は全国保証の78%。この水準を上回るコインチェックの利益率がいかに異例なものかがわかる。

(略)

 なぜ、これほど高収益なのか。仮想通貨の交換業者は「取引所」と「販売所」の2つを兼ねる。商売のうまみは販売所の方にある。交換業者が自ら仮想通貨をいったん保有するからだ。仕入れ値と売値の差額(利ざや)は往復で10%前後にも達するとされる。

 コインチェックは扱う仮想通貨が13に上る。種類が多ければそれだけ利ざやを稼ぐチャンスが増え、「ぬれ手であわ」の利益を得ていた。特に17年後半は仮想通貨の価格が急騰し、売買も膨らみ絶大な利益を落とした。

 1月に流出した仮想通貨NEM(ネム)についてコインチェックは約460億円の補償を終えた。騒動当初は「新興勢力のコインチェックに巨額の資金を返済する能力はない」との見方が大半だった。だが今回、投資家の見立てをはるかに上回る利益を稼いでいたことが裏付けられた。

 焦点は「破格の超高収益」が今後持続できるかだ。マネックスGの松本大社長は26日の決算会見で「今後の規制強化で利益率は変わっていくとは思う。かつての外為証拠金取引(FX)会社のように、競争の激化でスプレッド(利ざや)も縮むかもしれない」と話した。仮想通貨の価格上昇も一服し、今後は交換業者の「適正利潤」を巡る議論が活発になるのは必至だ。

 収益先細りの兆候はある。マネックスGの開示資料によればコインチェックがサービスを再開した2〜3月の営業利益率は25%まで低下。松本社長は「顧客を確保して事業の規模を拡大できれば、絶対額の利益をかつてのレベルにまで高めることは可能だ」と強調した。本業の証券業務はSBI証券などに水をあけられた。マネックスGにとってコインチェックの再生は自らの起死回生策でもある。

(参考リンク)
・仮想通貨のコインチェック 営業利益率86%、荒稼ぎ  :日本経済新聞

コインチェック以外の取引所も、ビジネスモデルとしては大差ないと思いますので、同レベルの営業利益率をあげていたのではないかと推測されます。
今後の営業利益率の見通しについては再開後の25%というところに近づいていくのかどうかは分かりませんが、2017年の状況がとにかくすごかった、ということは言えると思います。

今日のマネテクポイント

ビットコインも徐々に値を戻していて、気がつけば100万円を超えていますね。
この調子でじっくり成長していって欲しいと思います!

スポンサーリンク

前の記事前の記事: フランスの仮想通貨売却益の所得税率が45%から19%に
次の記事次の記事: 2018年4月のマネテク!ANNEX

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 07:32 │ Comments(0) 仮想通貨  
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
ページトップボタン