2020年ANASFC修行を国内日帰りルートで

マネテク! > マイレージ >
2020年01月06日

2020年ANASFC修行を国内日帰りルートで

こんばんは、ANAマイル大好き、ジョージ滝川@マネテク!|ANAマイルの貯め方です。

タイトルの通り、今年2020年にANAのSFC修行を行うことを決意しました!

haneda-1408758_1920

スポンサーリンク

突然のNY出張指令で修行を意識

先月、年の瀬も押し迫ったころに突然上司に呼ばれ会話していたところ、「あ、そうだ、滝川部長、来月ニューヨーク行って来たら?」と突然の出張指令があり、1月早々プレミアムポイントが17,606PP加算されることになったからです。
SFCの権利獲得=ANAプラチナメンバーは50,000PP(うちANA便25,000PP)が条件ですから、あと32,394PP獲得すれば達成、と考えたら俄然やる気が出てきた次第です(笑)。

流動的ながらもさらなる海外出張の可能性も

場合によっては年度が明けてからロンドン出張が入る可能性もあり、そうなるとさらに16,334PPが加算されることになるため、追加で16,060PPを獲得すればプラチナ達成ということになります(まだ柔らかい話なので、一旦ロンドン出張はなくてもプラチナが達成できるように計画する想定です)。

出費なし、3日間、で解脱可能ということで修行を決意

真面目に調べてみたところ、ここ最近は仕事が比較的忙しかったことに加えて子どものボーイスカウト行事なども多く、家族旅行のタイミングが取れずに使う機会のないマイルが十分貯まっていることもあり、SKYコインに交換すれば実質的な出費はなしで行けそうで、かつ3日あれば解脱できそう、ということで修行することを決意しました。

修行の前提

前提は以下の通りです。

・日帰り限定。
・(必然的に)国内線オンリー。
・手持ちのANAマイルをSKYコインに交換して支払う。
・PP単価よりも、時間効率を重視する。

ルートはプレミアムクラスでの羽田〜那覇単純往復

上記の前提を元にルート選定をすると、ある意味当然なのですが、羽田〜那覇をプレミアムクラスで1日2往復、というのが最有力の選択肢となります。
狙うのは、プレミアムクラスの中でも運賃が安く、積算率が125%+1搭乗あたり搭乗ポイントとして400PPが加算される「ANA SUPER VALUE PREMIUM 28」です。
下記リンク先の、「運賃2」に該当します。

(参考リンク)
・ANA国内線利用運賃一覧表│ANAマイレージクラブ | ANAマイレージクラブ

さっそく予約できました

というわけで、さっそく予約してみました。
現在、2020/3/28(土)までしか販売されていないのですが、昨日思い立った時点で、私の予定が空いている土日で2往復プレミアムクラスが空いている日が1日あったので、必然的にその日を予約しました。
初修行の様子はまた改めてブログで取り上げてみたいと思います。

初予約のPP単価は13.94円とかなり高め

運賃は、羽田→那覇が37,510円、那覇→羽田が42,210円で、これを2往復するので総額159,440円となりました。
獲得できるPPは2,860PP×4=11,440PPです。
PP単価は13.94円とおそらくSFC修行的にはかなり高い部類だと思います。

ちなみに、運賃の159,440円は手持ちの100,000ANAマイルを160,000ANA SKYコインに交換して支払いました。
これは、ANA VISAワイドゴールドカードを持っているおかげです。
ANA SKYコインへの交換レートが有利になるだけでなく、単純に搭乗マイルの積算率も上がりますので、ANA SFC修行をするのであれば持っておくべきクレジットカードだと思います。

(参考リンク)
・ANA VISAワイドゴールドカード

最終着地見込み

ちなみにこの調子で羽田〜那覇の往復を繰り返した場合、1日2往復を3回(3日)繰り返すと、トータルで34,320PPとなり、出張で獲得する17,606PPと合わせると51,926PPとめでたく解脱することになります。
もちろん全てプレミアムクラスでもよいのですが、上記の通り2,000PP近く超過するのでどこかで1回「ANA SUPER VALUE 75」で購入した普通席(獲得PPは1,476PP)を挟んでも大丈夫で、この場合の最終的なPPは50,542PPとなります。
PP単価は、NY出張分を自己負担0円で計算すると、ちょうど9円くらいになる想定です。

まとめ:ゆるく頑張ります

というわけで、年内の解脱に向けて(いつ他の海外出張が入るか分からないので、秋くらいを目指して取り組むつもりです)、ゆるく頑張ってみたいと思います。

SFC修行の情報を検索すると、(ある意味当然ながら)海外発券等でいかにPP単価を下げるか、という情報が多く、PP単価が高くなってしまうのであれば修行する意味がない、とも感じてしまいます。
しかし、私のように、出張でまとまったPPが獲得できそうなので、時間効率重視で修行したい、という方も意外といるのではないかと思っています
そんな方に、「こんな人もいるんだ」くらいに思って頂き、少しでもお役に立てれば、と思っている次第です。
なので、修行にあたって分からなかった点や失敗談などは、積極的に共有したいと思います。
というわけで、私も勉強中の身なので、お気づきの点やアドバイスなどありましたらぜひお知らせ頂けますと幸いです。

今後の状況は改めて記事に書こうと思っていますが、それらの記事もこちらの記事から随時リンクする形で追記していきますのでぜひご覧ください。

今日のマネテクポイント

10年以上前にマイレージについてブログで書くようになってから、いつかはSFC、と思いながらタイミングが合わずここまで来ましたが、ついに取得のチャンスがやってきた、という感じです。
楽しんでいきたいと思います!

スポンサーリンク

前の記事前の記事: 2019年12月31日のツイート
次の記事次の記事: 国内線単純往復ルートでのANA SFC修行時、2つの注意点

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 00:09 │ Comments(0) マイレージ  
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
ページトップボタン