暴落した株式は買い時?インデックス投資+個別株はアリ?

マネテク! > 投資 >
2020年03月13日

暴落した株式は買い時?インデックス投資+個別株はアリ?

こんばんは、株式大好き、ジョージ滝川@マネテク!です。

新型コロナウィルスのおかげで世界中の株式相場が暴落しています。
今日もNY市場で下げまくっていますね。
私もそこそこダメージを受けてはいるのですが、米国にしても日本にしても、株式相場はここ数年比較的順調に推移していたので、むしろこれを機に暴落した株を買うという戦略もありかなと思いました。

bolivia-4919079_1920

スポンサーリンク

投資スタイルはインデックス投資


私の投資スタイルは基本的にインデックス投資です。
信託報酬の低いノーロードの投資信託を使ってインデックス投資を行っています。

GDPベースで割り振り


具体的には、各国の名目GDPをもとに日本と先進国、そして新興国のGDPの比率を計算し、その比率に従って分散投資を行っています。
先進国と新興国の定義は、三菱UFJ投信のeMAXISシリーズの先進国株式、新興国株式でベンチマークとして使用されている指数の国を使用しています。
ちなみに2018年の各国の名目GDPをもとに計算すると、日本は約6%、先進国は約54%、新興国が約40%、という構成比になります。

アセットは株式、債券、不動産に3分割


各カテゴリーごとの投資比率は前述の通りGDPベースですが、それをさらに株式と債券、そして不動産の3つのカテゴリーに均等に割り振っています。
したがって日本株は6%の3分の1なので、現時点の投資スタンスでは総資産の約2%ということになります。

個別株を買うと国内株のウェイトが高くなりすぎる


話を戻して、暴落相場で日本株を買う、とした場合、この現在のポートフォリオに個別株を追加すると国内株式の割合が高くなってしまうので、インデックス投資の観点からはイマイチになります。

それでも個別株の投資に食指が動いているのは、最近よく見る好配当株に魅力を感じているからです。
やはり配当金という、目に見える形でお金が入ってくるのは魅力的です。
とはいえ投資効率の観点から言えばやはりインデックス投資だよなぁと思っていたら、YouTubeで非常に納得的な動画を見つけました。

高配当株投資が魅力的に思えてくる動画…


私もチャンネル登録している両学長さんの動画です。
詳しくは見て頂くのがいいのですが、要は、高配当株投資はインデックス投資に効率では負けるがメリットもある、という話です。
例えば、出口戦略を考えなくていい、というのは長生きリスクに対しては非常に有効だと感じました。



それにしても両学長さんの動画は非常に分かりやすいですね。
そしてYouTuberとしても相当稼いでそうです(笑)。

今日のマネテクポイント

とはいえ、今のところの結論は、当分はガマンのインデックス投資、いずれタイミングを見ながら高配当株投資に徐々にシフト、かと思っています。

スポンサーリンク

前の記事前の記事: (書評)世界宗教の条件とは何か 佐藤優
次の記事次の記事: GDP比率に従ったインデックス投資のリバランス

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 00:01 │ Comments(0) 投資  
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
ページトップボタン