保有株式銘柄がTOBで監理ポストに!どうしたらいい?

マネテク! > 投資 >
2020年03月17日

保有株式銘柄がTOBで監理ポストに!どうしたらいい?

こんばんは、株式投資大好き、ジョージ滝川です。

2006年になぜか思いつきで購入した「ツヴァイ」という会社の株式があるのですが、このコロナ相場の中でストップ高になっていたので何事?と思ったら、同業である結婚相談所大手のIBJがTOBするとのことでした。

なるほど、と思ったのもつかの間、ツヴァイが「監理ポスト」なるものに指定されていることに気がつきました。
「監理ポスト」について調べてみると、要は、上場廃止となる予定の銘柄、ということのようです。
え?上場廃止になったら紙切れになってしまうのでは?と思い、調べてみました。

vienam-4922442_1920

スポンサーリンク

保有銘柄がTOBで監理ポストになった場合の3つの対応


対応としては、3つあるようです。

1.TOBに応じる


シンプルに、TOB価格で売却することに同意して株を売る、ということです。
ただし、TOBの買付を実施する証券会社に株を移管する必要があるらしく、面倒です。
これから口座開設して、手数料を払って移管してとか、そもそもコストに見合ったリターンを得られる気がしません。

2.市場で売却する


現実的なのがこの選択肢です。
TOBで上場廃止予定、ということは、TOB価格より安く買えば確実に儲かるので、株価はTOB価格に向けて上がっていきます。
事実、ツヴァイは連日ストップ高でTOB価格に向かっていっています。
TOB価格、あるいはそれに近い価格まで行ったら売却する、というのが2つ目の選択肢です。
多少の取引手数料は発生しますが、売却で得た資金をすぐに他の投資に回せる点はメリットかと思います。

3.放置する


放置するとどうなるか、という話ですが、最終的にはTOB価格で買取がされ、その代金が振り込まれるようです。
おそらく売買手数料はかからないと思われるので、コストは最小だと思われます。
ただし、入金されるのはだいぶ先になるようです。
したがって、売却で得た資金をすぐに他の投資に回したいという方には向かないと思われます。

私の選択は…


というわけで、私の選択は、「2.市場で売却する」です。
TOB価格に近いところでさっさと売りたいと思います。

ちなみに購入した時の株価が2,475円(2006/4/17)、その後配当金を頂き実質的な取得単価は2,176円です。
これに対してTOB価格は884円ですから大赤字もいいところです。
まあ正直言うと、たぶんあと50年持っててもプラスにならない株なので、強制的に損切りされるのもアリです(笑)。
2006年は初めて株式投資を始めて、最初自分なりにスクーリングして購入したら調子よく儲かったのでなんとなくそのままフィーリングで買ったのですが、本当に今思うと若気の至りですね。
ツヴァイは、婚活ブームで上がるのでは?とか、PBRが1倍を大幅に下回っていて無借金経営なので、倒産してもむしろ儲かるとか、そんなことを考えながら購入した記憶があります。

さらに渋い私の保有株を紹介


ちなみにそれ以前から持ち続けている塩漬け銘柄が、名証の「中部鋼鈑」です。
われながら渋すぎて泣けてきます。
なんせ、楽天証券では銘柄検索で検索することすらできません(笑)。
ちなみにこの株はSBI証券で持っています。
この会社は東証に鞍替えすれば(できれば)簡単に株価が上がるのになぁ、と思いながら既に15年くらい持ってます(笑)。
中部鋼鈑までTOBされたら、マジで泣きますwww

スポンサーリンク

前の記事前の記事: 2020/3/9週のツイート
次の記事次の記事: ANAがコロナ特別対応でPPを大盤振る舞い!SFC修行するなら今!

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 06:42 │ Comments(0) 投資  
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
ページトップボタン