(書評)捨て本 堀江貴文

マネテク! > 読書 >
2020年07月11日

(書評)捨て本 堀江貴文

こんばんは、読書大好き、ジョージ滝川@マネテク!です。

私もミニマリストの端くれ(?)として、ホリエモンのこの本を読んでみました。

IMG_1546

スポンサーリンク

ホリエモンとか、物欲にまみれてそうなイメージもあるかもしれませんが、過去に収監されていたことも理由にあるのか、今はホテル暮らしのミニマリストです。

ひたすら捨てる「捨て本」なわけですが、その対象は物理的な「モノ」だけではなく、何なら、家族も捨てたほうがいいくらいなんで、究極のミニマリズムと言えるかもしれません。

ポイントは、冒頭のこの部分に凝縮されていると思います。
語るべきことをまとめて言うなら−。
「あなたは本当に必要なモノが何なのか、わかっていますか?」ということだ。
(中略)
「所有」という概念はだんだんと溶けていき、やがては遺物になっていく。
要は、本当に必要なモノは何かを見極めて、それ以外は捨てる(究極の「選択と集中」ですね)、ということ、そしてその理由の一つとして、ほとんどのものは「所有」しなくても問題がなくなってきていること(シェアリング・エコノミー)ということだと思います。

家族も捨てるべき、というのはなかなか直感的には受け入れがたい部分もありますが、究極的な部分ではちょっと分かるような気もします。

捨て本
★★
星の基準
★★★★★ 手元に置いて何度も読み返したい名著 買って配りたい
★★★★ また読みたい、いい本。他人に勧めたい
★★★ よい本だった。また読むかは微妙。
★★ 読む価値のある部分もあるが…。また読むことはなさそう。
★ 時間の無駄だった。

スポンサーリンク

前の記事前の記事: 2020/6/29週のツイート
次の記事次の記事: (書評)マッキンゼーのエリートが大切にしている39の仕事の習慣 大嶋祥誉

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 18:28 │ Comments(0) 読書  
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
ページトップボタン