マネテク!

2006年09月22日
※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・パソリでSuicaの履歴を参照

今回は、パソリの便利な使い方を紹介したいと思います。

パソリを使ってクレジットカードからEdyにチャージするのはポイント、マイルを効率的に獲得するためには必須のテクニックとなりますが、パソリには他にも便利な使い方があります。

ソニーのサイトからダウンロードできる、「SFCard Viewer」というソフトがそれです。
このソフトを使うと、手持ちのSuica(もちろんICOCAも)の残高のみならず、使用履歴も一覧で表示することができます。

Edyの場合、履歴は6明細しか表示されないため物足りませんが、Suicaの場合は使用履歴をずらりと表示させることができ、見ているだけでもなかなか楽しいです。

今ならパソリを無料で入手できるキャンペーンもありますので、ぜひパソリを入手して、履歴表示をしてみてください。もちろんEdyへのチャージにも使えます。
パソリ無料のキャンペーンについては、過去の記事「スヌーピー Edyカード」を参照してみてください。なお、キャンペーンは2006年9月末日までとなっていますので、お申込はお早めに!

というわけで、「SFCard Viewer」、オススメです。

関連リンク
・SFCard Viewer

☆おかげさまでなんと現在第1位!(「金融・投資(全般)」部門)
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連記事
・スヌーピー Edyカード


(money_tec)
by ジョージ滝川@マネテク at 17:59
※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・mpack

今回紹介するのは、ネットで簡単にポイントを獲得できるサービス、mpack(エムパック)です。

mpackでは、大きく分けて(1)アンケート、(2)取材協力、(3)調査モニターの3つのカテゴリがあります。そのうちポイントが獲得できるのはアンケートです。

(1)アンケート

アンケートは、まず調査の対象を絞り込む予備調査から始まります。
この予備調査だけでも最低10ポイントを獲得できます。
また、予備調査を経て本調査に進むとさらに最低100ポイントが獲得できます。

(2)取材協力

TVや雑誌の取材に協力をするというものです。
参加した場合は謝礼がもらえるようです。
(管理人は参加したことがありません…)

(3)調査モニター

企業のマーケティング等で、ヒアリングを受けたり、座談会に参加したりするというものです。
ヒアリングの場合、通常の流れですとヒアリングをする場所に呼ばれて、ヒアリング当者にあれこれ質問をされます。だいたい1時間〜2時間程度質問攻めにされ、謝礼をもらって終了、というのが一般的だと思います。
座談会については経験がないのですが、同様に座談会の場所に行ってあれこれしゃべり、謝礼をもらって終了、という感じだと思います。
調査モニターも(2)取材協力と同様に謝礼がもらえますが、だいたい5,000円〜10,000円というのが相場のようです。
管理人は土日が休みなので、予定のない土日に調査モニターがある場合はバイト感覚で積極的に応募しています。比較的短時間でいい報酬をもらえるので条件さえ合えばかなりオススメです。

なお、(1)アンケートで獲得したポイントは、キャッシュバックを受けたり、他のポイントに移行したりすることができますが、注目なのは間接的にANAのマイルに移行できることです。
この場合、いったんJCBカードのOkiDokiポイントに移行し、それをさらにANAマイルに移行する、という形になります。

具体例を挙げてみましょう。

1,000 ポイント→100 OkiDokiポイント→1,000 ANAマイル
(ANA JCBカードを経由させた場合)

アンケートでうまく本調査まで行けば、110 ポイント=110 ANAマイルが獲得できる計算になるわけですから、かなり割のいいポイントサービスだと思います。

というわけで、ANAでマイルを貯めている方はCMサイトとあわせてオススメです!
また、現金での報酬が欲しい方にも間違いなくオススメです!。

☆おかげさまでなんと現在第1位!(「金融・投資(全般)」部門)
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
↓無料登録はこちらから
 

関連記事
・CMサイト
・ANA JCBカード
・ANA JCBカード(2)

(money_tec)
by ジョージ滝川@マネテク at 01:03
2006年09月21日
※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・CMサイト

今回紹介するのは、ネットを利用して効率的にマイルを獲得するのにオススメのサイト、CMサイトです。

CMサイトとは、その名の通りCMを見ることのできるサイトです。CMはテレビCMとは異なりネット用のもので、Flashで作成されたものです。これらのCMを一本見るごとに5〜10ポイント程度のポイントを獲得することができます。そして獲得したポイントはジャパンネット銀行経由で現金によるキャッシュバックを受けたり、各種商品に交換したり、また他のポイントに移行することができるようになっています。

なお、ここで一つテクニックがあります。CMサイトポイントを、OkiDokiポイントを獲得することのできるJCBカードを経由させることでJAL(日本航空)、ANA(全日空)、NW(ノースウエスト航空)のマイルに移行することができるのです。
これは陸マイラーには注目のポイントです。

また、ANAに関してはさらにテクニックがありますので紹介しておきます。ANAのマイルを移行する場合もJCBのOkiDokiポイント経由での移行となりますが、一般カードの場合とANA JCBカードの場合で還元率に差が出てきます。
具体的な例をあげて計算してみましょう。

一般カードの場合
1,500 CMサイトポイント→250 OkiDokiポイント
250 OkiDokiポイント→750マイル

ANA JCBカードの場合
1,500 CMサイトポイント→250 OkiDokiポイント
250 OkiDokiポイント→2,500マイル

上記の通り、実に3倍以上のマイルを獲得することができます。ANA JCBカードでは年会費、移行手数料がかかってきますが、CMサイト以外にもOkiDokiポイントを経由することで効率的にマイルを貯めることのできるサービスは複数あるので、それらサービスの利用頻度に応じてANA JCBカードを持つかどうか選択するとよいと思います。

なお、当然ながら会員登録、年会費等は全て無料ですので、とりあえずは会員登録をしてCMを視聴してみることをオススメします。

というわけで、ANAのマイルを貯めている方はもちろん、JALやNWのマイルを貯めている方にもオススメです。

☆おかげさまでなんと現在第1位!(「金融・投資(全般)」部門)
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
↓登録はこちらから
アニメーション広告みると全員に商品プレゼント【登録無料】

関連記事
・ネットマイル
・ANA JCBカード

(money_tec)
by ジョージ滝川@マネテク at 22:35
※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・UAマイレージプラス・Times登録で100マイル

今回は、UA(ユナイテッド航空)のマイルを簡単に獲得できるキャンペーン情報を紹介します。

方法は簡単です。
UA(ユナイテッド航空)マイレージ・プラスのホームページからTimesの入会手続きをするだけで100マイルを獲得できます。

Timesは言わずと知れたコインパーキング最大手ですが、会員登録することで利用の都度ポイントを獲得することができ、獲得したポイントは景品と交換できるほかに、JALのマイルやPiTaPaへと移行することもできます。

ちなみに入会の条件は特にありませんので、車の有無、免許の有無に関わらずマイルを獲得できます。

というわけで、UAでマイルを貯めている方はぜひ登録して100マイルをゲットして下さい。文句なくオススメです。

☆なんと現在第3位!(「金融・投資(全般)」部門)
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
マイレージ・プラス「タイムズクラブ入会で100マイル獲得」


(money_tec)
by ジョージ滝川@マネテク at 19:49
2006年09月20日
※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・ポイント探検倶楽部

今回は、ポイント移行に役立つサイトを紹介します。

最近では、様々な企業がポイントサービスを実施するようになりましたが、それらのポイントサービスの魅力を高めるために、他社のポイントサービスとの提携をするケースが目立っています。
例えば、TSUTAYA Wカードで貯めたTポイントをANAのマイルに移行したり、楽天で貯めたスーパーポイントをANAのマイルに移行したり、といったことが可能になっているのです。

このような提携が増えてくると、同じ移行でも複数のルートが存在し、しかもそれぞれ最終的な変換レートが違う、というケースもしばしばです。例えば、以前の記事「ネットマイル」でも書いたように、ネットマイルからANAのマイルに移行する場合、ネットマイルから直接移行すると6,000ネットマイルが1,000ANAマイルですが、DCカードのハッピープレゼントポイントを経由させることで同じ6,000ネットマイルを1,500ANAマイルにすることができるのです。

しかし、提携サービスが複雑化してくると、いったいどんな移行ルートがあり、どのルートが一番得なのかを調べるのは大変です。

というわけで前置きが長くなりましたが今回紹介するのは「ポイント探検倶楽部」です。

使い方は簡単で、所持ポイントと交換したい先のポイントサービスを選び、検索ボタンを押すだけです。瞬時に移行可能なルートと移行にかかる日数の目安が表示されます。あらゆるポイントサービスを網羅、というわけには行きませんが、かなり便利です。

というわけで、様々なポイントサービスを利用している方、これから新しくポイントサービスを利用しようと思っている方には特にオススメです。

☆なんと現在第4位!(「金融・投資(全般)」部門)
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
・ポイント探検倶楽部

関連記事
・ネットマイル


(money_tec)
by ジョージ滝川@マネテク at 17:59

このページのトップへ