マネテク!

2006年10月05日
※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・モバイルSuicaへの切替

今回は、SuicaからモバイルSuicaへの切替について紹介したいと思います。

以前の記事、「モバイルSuica拡大、PASMOオートチャージ」でも書いたように、これまでJR東日本が発行するビューカード会員しか利用することのできなかったモバイルSuicaが、ビューカード以外のクレジットカードでも利用できるようになりました。

というわけで、管理人もさっそくサービス解禁となった10月1日にモバイルSuicaへの切替をしてみました。
実は最近携帯電話を買い換えておさいふケータイに対応したので、ちょっと使ってみたかった、というのもあります…。

切替はとても簡単で、ezアプリをダウンロードして、初期登録をするだけ。定期券の情報も無事取り込むことができました。
元々Suicaにチャージしてあった残高も、翌日に携帯電話上で簡単な移行手続をすることで、無事携帯電話に移行されました。
これで定期券も残高も移行したということで、今まで使っていたSuicaは用無しになったため、残高の移行手続が完了したその日にみどりの窓口で返却してきました。
ちょっと戸惑われたりするかな、と思ったのですが、窓口の駅員も手馴れた感じであっという間に処理は終了。デポジットの500円を返却してもらいました。思わぬ臨時収入でちょっとラッキーです。

ちなみにちょうどセゾンUAゴールドカードダブルマイルキャンペーンが10月1日から始まったため、勢いでモバイルSuicaに上限の20,000円近くまでフルチャージ。当分チャージは必要なさそうです…。仕事では比較的私鉄や地下鉄を利用することが多いので、来春のPASMOとの相互乗り入れが始まるとだいぶ使うことになると思うのですが。

ちょっと気になっていたのは機種変更した場合にどういう扱いになるのかという点ですが、事前に手続きをしておくことで比較的スムーズに移行できそうです。なので万が一チャージした20,000円を次の機種変更までに使いきれなくても大丈夫なのです(笑)!

一方同じくおさいふケータイに搭載されているEdyについては、使い切ってから機種変更する必要があるようです。こちらも勢いで50,000円フルチャージしたばかりですが…。来月の楽天カードの支払いに充てることにしましょう…。

というわけで、移行の手続自体は手軽にできますし、ケータイで改札を通るのも、ちょっと恥ずかしいような気もしますがやっぱり便利です。とりあえず手数料も今のところは無料なので、試してみる価値はあると思います。

☆おかげさまでなんと現在第3位!(「金融・投資(全般)」部門)
人気blogランキングに参加中。
1日1クリックの応援お願いします!


関連記事
・モバイルSuica拡大、PASMOオートチャージ
・セゾンUAカード・ダブルマイルキャンペーン
・セゾンUAカード・ダブルマイルキャンペーン(2)
・セゾンUAゴールドカード


(money_tec)
by ジョージ滝川@マネテク at 02:45
今回オススメするのは、「スヌーピー Edyカード」です。

このカード、このサイトで紹介するカードには珍しく、年会費がかかるカードです(ただし初年度年会費は無料)。ではなぜオススメなのかというと、無料で「あるもの」がついてくるからです。

その「あるもの」とは、「パソリ」です。聞き慣れない方もいらっしゃるかもしれないので簡単に説明すると、電子マネー、Edyを活用するのに必要不可欠なものです。パソリがあると、家のパソコンを使って手持ちのEdyにチャージ(入金)をすることができます。チャージしたEdyはam/pmやサークルK・サンクスといったコンビニなどでの買い物に使うことができます。eLIOに対応しているカードなら、ネットショッピングでの決済にも使えます。また、パソリがあれば自宅でも簡単に残高照会ができます。それから、意外と知られていませんが、パソリを使えばJR東日本の「Suica」やJR西日本の「ICOCA」の残高照会や、乗車履歴の確認なんてことも自宅で簡単にできてしまいます。

また、もっとすごいことには、Edyを使ってクレジットカードのポイント稼ぎをすることができるのです。
詳細については「Edyを使ったポイント稼ぎ」で紹介していますので見てみてください。

なお、パソリの無料プレゼントについては先着1万名という制限がありますので、お申し込みはお早めに。

(2006/10/5追記)
2006年9月30日で終了と言われていたスヌーピー Edyカードの発行ですが、継続されることが決まりました。もちろんパソリの無料プレゼントも継続されます。先着1万名、という条件もなくなったようです。

☆今話題の人気ブログがわかります!
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
・スヌーピーEdyカード

関連記事
・無料でEdyカードを手に入れる
・無料でEdyカードを手に入れる(2)
・パソリでSuicaの履歴を参照

(money_tec)
by ジョージ滝川@マネテク at 00:33
2006年10月04日
※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・ANA国内線就航都市

今回は、気がつけばマイルも結構貯まっているし、特典無料航空券の使い道も考えておこうかなということで、国内線で行ける場所を調べてみました。
ANAマイレージクラブおよびUAマイレージプラスでは、15,000マイルでANAの国内線を利用することができます。

便数が多ければ使い勝手もいいかもしれないということで、便数も含めてANAが就航している国内の都市を調べてみました。

なお、下の一覧は10月の時刻表を元に管理人が手作業で抽出したものですので、間違い等あるかもしれません。あらかじめご了承下さい。間違いに気がつかれた方は、コメントあるいはメールでご指摘頂ければ幸いです。
また、管理人の最寄空港が羽田空港のため、就航都市および便数は羽田発のものになります。

都市名     便数
札幌      24往復
福岡      17往復
伊丹(大阪)   14往復
熊本      11往復
宮崎      11往復
長崎      10往復
那覇      8.5往復
関西国際    8往復
広島      8往復
富山      6往復
松山      6往復
鹿児島     6往復
小松      5往復
米子      5往復
岡山      5往復
山口宇部    5往復
高松      5往復
旭川      4往復
函館      4往復
秋田      4往復
庄内      4往復
鳥取      4往復
高知      4往復
大分      4往復
女満別     3往復
八丈島     3往復
佐賀      3往復
神戸      2往復
釧路      2往復
大館能代    2往復
能登      2往復
大島      2往復
稚内      1往復
根室中標津   1往復
オホーツク紋別 1往復
萩・石見    1往復
石垣      0.5往復


一番便数が多いのが札幌というのはちょっと意外でした。大阪については、伊丹+関空+神戸で24往復となります。
羽田からであれば、札幌、福岡あたりだと距離もありますし便数も多いので、個人的にはお得感があるかなと思います。

☆なんと現在第3位!(「金融・投資(全般)」部門)
人気blogランキングに参加中。
1日1クリックの応援お願いします!


関連リンク
・ANA 全日空
・ANA(全日空)マイレージクラブ
・UA(ユナイテッド航空)マイレージプラス

関連記事
・マイレージとは
・マイルの貯めやすさ(1)
・マイルの貯めやすさ(2)
・マイル計算+空港コード、航空会社コード検索
・特典無料航空券比較(1)
・特典無料航空券比較(2)


(money_tec)
by ジョージ滝川@マネテク at 17:09
2006年10月03日
※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・Suica利用でマイルを貯める!

今回はSuicaを使ってマイルを獲得する方法を紹介します。

まず、普通に自動券売機で現金を使ってSuicaをチャージしても、マイルは獲得できません。
クレジットカードの使用でマイルを獲得するためには、Suicaビューカードを使用する必要があります。この場合、利用額1000円に対してサンクスポイント6ポイントが貯まり、600ポイントが500マイルに移行できます。

また、Edyですと対象のカード(ANA VISAカードなど)でEdyを使えばEdyの利用そのものでマイルを獲得することができますが、残念ながらSuicaの利用ではマイルを獲得することはできません。

ここまではまあ当たり前の話で、なおかつ対象はJALのマイルだけになってしまいます。

ではANAやUA、NWのマイルを貯めている場合はSuicaでマイルを獲得することができないかというと、実は裏技を使うことでマイルを獲得することができます。

用意するのは以下の2つです。

(1)Suica
(2)使用することで各航空会社のマイルが獲得できるクレジットカード(セゾンUAゴールドカードANA JCBカードなど)


先ほども書いたように、JR東日本のみどりの窓口でビューカードを使用すればSuicaにチャージすることができます。実は同じように、JR西日本のみどりの窓口では、クレジットカードを使用してICOCAにチャージをすることができます。しかも、JR西日本では使用するクレジットカードに制限がないのです。さらに、ICOCAだけでなくSuicaへのチャージも可能となっています。

つまり、JR西日本のみどりの窓口でクレジットカードを使ってSuicaにチャージをすれば、ANAやUA、NWのマイルを獲得することができるのです。

管理人の場合、大学が関西だったので、年に数回は関西に行く機会がありますので、毎回フルチャージをするように心がけています。
関西に行った際には、Suicaにフルチャージをオススメします。ちなみにSuicaのチャージ上限は20,000円です。

(2006/10/3追記)
2006年10月1日からビューカード以外のクレジットカードでもモバイルSuicaへのチャージができるようになりました。
期間限定で年会費無料となっていますが、その後は年会費がかかる点に注意です。
詳細は、「モバイルSuica拡大、PASMOオートチャージ」をご覧下さい。

(2006/10/5修正)
y-Akiさんから、ノースウエスト・ワールドパークス/ダイナースクラブカードでチャージをしてもマイル付与対象外だとご指摘頂き修正しました。
この記事を見てチャージしてしまった方がいらっしゃったら申し訳ございませんでした。

☆今話題の人気ブログがわかります!
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連記事
・モバイルSuica拡大、PASMOオートチャージ


(money_tec)
by ジョージ滝川@マネテク at 23:41
今回は、国内旅行の宿泊予約で得するテクニックを紹介したいと思います。

国内のホテル、旅館を検索して予約できるサイトはいくつかありますが、管理人がよく使うのは、じゃらんnetです。特に比較的近場に1泊2日の旅行に行くような場合に使います。

これは、交通手段はJRや私鉄のフリーパスや、あるいはレンタカー等、安く行けるような場合です。
つまり、パッケージツアーよりも宿と交通手段を個別に手配した方が安いような場合に、宿を安く手配するために利用する、ということになります。

じゃらんのよいところは、口コミが充実しており、宿のイメージがしやすいところです。宿のサイトや旅行会社のサイトを見ているだけでは分からない部分を感じることができるのは大きな魅力です。
また、ポイントサービスがあり、獲得したポイントは次回以降利用時に割引として使用できるのも見逃せません。

それから、登録されているホテル、旅館の数が非常に多い(15,000件以上)ので、相場を知る、という意味でも役立ちます。

というわけでお得に宿を手配するなら、じゃらんnet、オススメです。

・じゃらんnet

☆なんと現在第5位!(「金融・投資(全般)」部門)
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連記事
・Yahoo!トラベル

(money_tec)

※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・じゃらんnet
by ジョージ滝川@マネテク at 19:30

このページのトップへ