マネテク!

2006年09月06日
今回紹介するのは、ズバリ「楽天」です。

最近いろいろなポイントサービスを勉強していますが、どうやらキーになっているのは「楽天」だと思っています。
「楽天」で得られる楽天スーパーポイントは、様々な他のポイントサービスと互換性があり、手軽に移行することができます。
さらに、年中お得なキャンペーンを次から次へと実施しており、比較的労力をかけることなくポイントを2倍3倍にすることができます。

また、一工夫することでポイントを獲得するそもそもの機会を増やすことができますので、今日はテクニックを一つ紹介したいと思います。

例えば、インターネットで本を買う場合、amazonにアクセスして本を買う、という人も多いかと思いますが、ここで「楽天」を使って一工夫することで二重三重にポイントを獲得することができます。

まず、ノースウエスト航空のマイレージプログラム、ワールドパークスに加入し、ワールドパークスのホームページ経由で楽天ブックスにアクセスして購入することで利用額100円に対して1マイルのNW(ノースウエスト航空)マイルを獲得することができます。なお、ワールドパークス経由ですと、その他の「楽天」のサービス(楽天市場、楽天オークションなど)でもマイルを獲得することが可能です。

また、楽天ブックスでの購入そのもので楽天ポイントが貯まる上に、「楽天」では、「楽天ブックスDEマイル」という、利用額100円に対してANAマイルが1マイル獲得できるキャンペーンを実施しています。加えて、支払いに楽天カードを使用することでさらに100円あたり1ポイント獲得ポイントを増やすことができます。

さらに、楽天カードの支払を、ANA VISAカードでチャージしたEdyですることで、ANA VISAカードのチャージ分のマイルとして、100円あたり1マイル(マイ・ペイすリボ登録時は2マイル)が獲得できます。

ちょっと分かりづらいので、実際の例を挙げて計算してみましょう。

10,000円分の本を購入したとします。
まず、ワールドパークス経由で購入することによって、NWのマイルが100マイル貯まります。楽天ブックスで獲得できるポイントは、100円につきデフォルトで2ポイント(楽天カード使用時)、現在(2006年9月)であれば金曜日に購入するだけで100円につきさらに1ポイント獲得できるキャンペーンを実施していますのでここでは3ポイントで計算します(その他のキャンペーンも併用すればさらに獲得ポイントを増やせます)。また、「楽天ブックスDEマイル」キャンペーンに登録することでANAのマイルを100マイル、そしてANA VISAカードでの支払いでANAのマイルが200マイル(マイ・ペイすリボ登録時)獲得できます。

まとめると、楽天ブックス10,000円の利用で、
NWマイル 100マイル
楽天スーパーポイント 300ポイント=ANAマイル150マイル
ANAマイル 100マイル+200マイル=300マイル
ということで、NWマイル100マイル+ANAマイル450マイルが獲得できてしまうのです!
これは知っていると知らないとでは大違いです。

10,000円あたり550マイルというのはまさに驚愕の還元率です。1マイル=2円で計算しても還元率はなんと11%になります。これを知ると普通に書店で現金で本を買うのがばかばかしくさえなります。

というわけで、本を買うときはぜひこのテクニックを使ってみてください。また、同じように様々なサービスを組み合わせることで複数のポイントを獲得するチャンスがあるかもしれませんのでぜひ探してみてください。これがマネーテクニックの醍醐味だと思いますので。

(2006/11/7)
一部Edyマイルに関する記載を修正しました。

☆今話題の人気ブログがわかります!
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
・楽天ブックスDEマイル
・ワールドパークス・マイルモール「楽天ブックス」

関連記事
・NW(ノースウエスト航空)ワールドパークス
・今、一番得するマイレージ


(money_tec)
「楽天」をうまく使うテクニックの続きを読む
by ジョージ滝川@マネテク at 01:11
2006年09月05日
今回紹介するのは、ノースウエスト/シティ ワールドパークス VISAカードです。

以前にノースウエスト・ワールドパークス/ダイナースクラブカードを紹介しました。ノースウエスト航空のマイルを貯めるのであればかなりお得なカードです。

しかし、ノースウエスト・ワールドパークス/ダイナースクラブカードは入会の審査が厳しいことでも有名です。特典が非常に魅力的なだけにやむなしという面もありますが、ちょっと残念だったりもします。

その点、ノースウエスト/シティ ワールドパークス VISAカードはゴールドカードでも比較的審査に通りやすいと言われています。

そもそも、ダイナースのカード自体は、加入条件が原則として、「年齢33歳以上の方、勤続10年以上の役職者または自営10年以上の方、自家保有の方」となっていますが、 ノースウエスト・ワールドパークス/ダイナースクラブカードの場合は年齢27歳以上とハードルは若干低くなります(提携カードだから?)。しかし、それでもやはり若干ハードルは高めという印象です。

その点、ノースウエスト/シティ ワールドパークス VISAカードは目安として25歳以上、年収400万円以上と明記されており、ハードルは確実に低くなります。

こちらは、ダイナースと違って初年度年会費は無条件に無料というわけではありませんが、入会3ヶ月以内にクレジットカードを10,000円以上利用することで初年度年会費を無料にすることができるため、実質的には初年度年会費は無料とすることができると思います。その他のサービスについても、

空港ラウンジ利用料無料
(ただしダイナースとは違い国内の一部のみ)

入会ボーナス5,000マイル

といった点は押さえており、持って損はないカードだと思います。

というわけで、NWのマイルを貯めている方にはオススメです。

☆今話題の人気ブログがわかります!
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク


(money_tec)
by ジョージ滝川@マネテク at 00:40
今回紹介するのは、ノースウエスト航空のマイレージプログラム、ワールドパークスです。

NW(ノースウエスト航空)ワールドパークス

以前にも各社のマイレージプログラムを比較したことがありましたが(過去の記事マイルの貯めやすさ(1)もチェックしてみてください)、改めて見てみたいと思います。
各社のマイレージプログラムはどれもよいところがあり、一概にこのプログラムが最強!とは言いづらいのですが、ワールドパークスに関しては、誰にでも勧められる、決して損をしないプログラムだと思っています。

というのは、

年会費無料

獲得したマイルの有効期限無期限

なので、メインとしてNWのマイルを貯めている方はもちろん、その他のマイレージプログラム(JAL、ANAやUA)をメインにしている方も、入っておいて損はないからです。特に最近はいろいろなところでNWのマイルを獲得する機会が増えてきているように思いますので、とりあえずは入会しておくことをオススメします。

また、管理人はこれまでUAのマイレージプログラム、マイレージプラスをメインにマイルを貯め、サブでワールドパークスも貯めて来ましたが、使い勝手に関してはワールドパークスの方が若干有利かな、と思っています。

その理由はというと、

特典航空券の発券手数料が無料

UAの場合、貯めたマイルを利用して特典航空券を発券した場合、自社便以外については発券手数料が15USドルかかるのですが、NWの場合無料です(インターネットから予約をした場合)。
UAの場合はインターネットからは自社便しか特典旅行の予約ができないのですが、NWについてはJALの国内線等提携している各航空会社を利用しての特典旅行もインターネットで予約ができます。

さらに、

フライトでマイルを獲得する機会が多い

ように思います。管理人は年に1〜2回は格安のパッケージツアー(航空券とホテルのみセットになっているものがお得なことが多いのでそういったパッケージを利用することが多いです。
航空会社は選べないケースが多いです)を利用するのですが、ノースウエスト航空のワールドパークスでマイルを獲得できる、スカイチーム(ノースウエスト航空やコンチネンタル航空、エールフランスなどが加盟)の航空会社の飛行機に乗ることが多いです。
ワールドパークスの場合、パッケージツアーに使われるような格安航空券でも100%マイルが加算されるので、結構マイルを貯めることができます。

実際に管理人の場合、サイパン往復(1,459マイル×2)とニューヨーク往復(6,737マイル×2)で16,392マイルを獲得し、沖縄往復の無料航空券をゲットしました。ちなみにサイパンは3泊4日で40000円くらい、ニューヨークも4泊6日で90000円弱(しかもホテルはインターコンチネンタル・バークレーという一流ホテル)という格安ツアーです。

また、特典の無料航空券のことを考えると、日本発着で利用できる路線がどれくらいあるか、という点もポイントになります。

個人的には、NWのサイパン路線に魅力を感じています。アメリカ・ヨーロッパ路線に関してはどのマイレージプログラムを選んでも大差ないのですが、管理人の場合比較的短い休みを取って行くことが想定されるアジアでは、フライトスケジュールが重要になってきます。

実は日本出発のアジア路線は、夜のフライトしかない路線が非常に多く、日本を夕方〜夜出発して、現地の出発は朝〜午前中、というパターンがほとんどです。これは、米系の航空会社が成田をアジアのハブ空港(簡単に言うと乗り継ぎの拠点)として使用しているためです。アジア各国から日本を経由してアメリカに行くのであれば、アジア各国を朝発、アジア各国に夜着の方が都合がいいためと思われます。

一方管理人の場合できるだけ休みを有効に利用したいので、日本を朝発、日本に夜着の方が都合がいいのです。
現在この条件にあてはまる路線に、NWのサイパン路線があります(フライトスケジュールは、往路が成田10:35発〜サイパン15:05着、復路はサイパン16:55発、19:25着 … なお、夜便もあります)。これなら休みを有効活用できそうです。

というわけで、マイルを獲得する機会が増えてきている上にじっくり貯めることのでき、なおかつ特典の無料航空券をお得に使えるワールドパークスに注目です。

効率的にマイルを獲得するためには、以下の記事もチェックしてみて下さい。

☆今話題の人気ブログがわかります!
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
NW(ノースウエスト航空)ワールドパークス

関連記事
・ノースウエスト・ワールドパークス/ダイナースクラブカード



(money_tec)
2006年09月04日
今回紹介するのは、TSUTAYA Wカードです。

オススメする理由は、

日本全国のTSUTAYAで会員証として使える

このカードが便利なのは、何と言っても日本全国のTSUTAYAで会員証として使えることです。実家に帰ってすることがない時も、ドライブ中に長渕が聞きたくなった時も、近くにTSUTAYAがあればこのカードでレンタルできます。ただし、借りたお店に返却する必要がありますので、うっかり忘れて延滞しないように気をつけて下さい(笑)。

TSUTAYAでのレンタルが無条件に10%引き

このカードでレンタル代金を支払うと、TSUTAYAでのレンタル代金が10%引きとなります(カード請求の際に10%引きで請求されます)。TSUTAYAでレンタルする機会があるなら間違いなくお得です。現金で払うのがあほらしくなります。

ポイントプログラムが優秀

このカードで貯まるポイントは、ティーポイントというTSUTAYA独自のポイントです。利用額200円につき1ポイント貯まり、100ポイント貯まるとTSUTAYAで100円分の割引が受けられます。なおTSUTAYAでのレンタルなら100円で2ポイント貯まります。
また注目すべきはANAマイルに移行できることです。100ポイントで50マイルになります。移行に際して手数料等は不要ですので、日常生活で貯めたポイントを無駄なくANAマイルに移行することができます。
さらに、ティーポイントはTSUTAYAだけでなく、ローソンやENEOSなどTポイント提携企業で貯まるので、これらを無駄なくマイルに変換するためには非常に優れたカードと言えるでしょう。例えばローソンなら、レジでの会計1回につき1ポイント、会計額100円につき1ポイント貯まります。支払い自体をカードでする必要はなく、現金払いでもカードを提示すればポイントを獲得することができます。

もちろん年会費も無料です。

というわけで、オススメです。

・TSUTAYA Wカード

☆今話題の人気ブログがわかります!
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
・TSUTAYA Wカード
・ティーポイント

(money_tec)
by ジョージ滝川@マネテク at 06:10
2006年09月03日
今回おすすめするのは、ノーローンです。

このサイトでは基本的にお金を貯めるテクニックや有利に投資・運用するを紹介しているので、一見場違いな話のように聞こえるかもしれません。

しかし、保有している株式を売却したり、定期預金を解約したりすればお金はあるけれど、今手元に使えるお金がない!というのもありがちな話で、特にいろいろな金融商品を試していたりするとよくあることです。また、普段の月よりちょっと使いすぎてしまった月など、給料日前に手元のお金が足りなくなるのもよくあることです。

そんな時は、せっかく運用している資産を解約するよりは、キャッシングをした方がトータルでの運用効率を上げることができます。

例えば、せっかく3%の利回りで運用できている商品がある場合に、当座の資金が必要だからという理由で中途解約をしてしまうと利回りは一気に落ちてしまいます。
解約した資金を普通預金に入れたとすると、それだけで約3%の損になってしまいますが、それに加えてほとんどの商品では中途解約により受け取るときの利回りが下がってしまうからです。

それであれば、借入をして、なおかつ支払う金利を最小限に抑えたほうがお得なケースも多いです。
というわけで、今回はノーローンを利用して得するテクニックをご紹介します。

キャッシングにもいろいろありますが、ノーローンは間違いなく最強の商品です。その理由はと言うと

一週間完全無利息キャッシング

が可能だからです。

他のキャッシング商品でも、初回に限っては無利息でキャッシングができる商品は結構あります。しかし、ノーローンは

何回使っても、完済後の借入は一週間は完全無利息

というところがポイントです。
この特長を活かして、マネーテクニックを使うことで支払利息の支払いを相当少なくすることが可能となります。
用意するのは以下の2つです。

(1)ノーローン
(2)その他のキャッシング(好きな時に返済できることが大事なので、DCキャッシュワン《セゾン》カードローン等、やはり大手が便利で安心だと思います)


ここでは仮に、9月1日に10万円が必要になったとします。9月25日には給料が入って10万円返済できるはず、という設定です。

1.まずは、お金が足りない!となったときに(1)ノーローンでキャッシングをします。10万円を借りるわけですが、もちろん無利息です。

2.ここからが技の見せ所です。9月9日になると借入から一週間が経過して利息がかかってしまうので、9月8日になったら(2)その他のキャッシングで10万円を借りて、(1)ノーローンの10万円を返済します。

3.9月8日に借りた(2)その他のキャッシングの10万円は当然ながら利息がかかってしまいますので、9月9日には再度(1)ノーローンで10万円を借り、(2)その他キャッシングを返済します。

4.9月9日に借りたノーローン10万円も、完済後の借入なので当然無利息です。次は9月17日から利息が発生してしまうので、9月16日に(2)その他のキャッシングで10万円を借ります。

5.あとは上記2.〜3.の手順を繰り返し、給料が入った25日に全額返済すれば終わりです。

多少面倒ではありますが、この技を知っていると知らないとでは大違いです。実際に支払利息を計算してみましょう。

・ノーローンの金利は28.835%、
・その他のキャッシングにプロミスを使ったとして、金利は25.55%
という条件で計算してみます。

まず、9月1日から9月25日まで、10万円を(2)その他キャッシングで借りた場合、支払利息は100,000×25.55%×25÷365ですから、利息は1,750円になります。

一方、上で紹介したテクニックを使った場合は、利息を支払うのは3日間ですから、100,000×25.55%×3÷365で、なんとたったの210円になります。
その差は実に8倍以上です。

もちろん、借入の金額が増えれば増えるほど得する金額は増えていきます。

なお、言うまでもないことですが、このテクニックは確実にお金が入るあてがあるときだけ使うことが鉄則です。

というわけで、お金が入るのが一週間以上先になってしまう場合は、ノーローンの「完済すれば何度でも無利息」という特性を利用して支払い利息を節約できるこのテクニックをぜひ使ってみてください。

なお、夜間や休日に急にお金が必要になったけれども財布の中にお金がない!といったケースにも、コンビニのATMから手数料無料で借入をすることができますので(もちろん一週間以内に返済すれば金利もかかりません)、ATMの時間外手数料を支払うよりよっぽどお得ですので、今借入が必要でなくても、とりあえず契約をしておくとよいと思います。

ただし、くれぐれも一週間以内に返済することを忘れないで下さいね!

☆今話題の人気ブログがわかります!
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
・ノーローン

・DCキャッシュワン


・《セゾン》カードローン



(money_tec)
ノーローンの続きを読む
by ジョージ滝川@マネテク at 23:15

このページのトップへ