マネテク!

2006年10月02日
※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・ダイニング・フォー・マイルズ キャンペーン情報

今回は、前回の記事「ダイニング・フォー・マイルズ」でもちょっと触れた、ダイニング・フォー・マイルズのキャンペーン情報について紹介します。

キャンペーンの内容は、ダイニング・フォー・マイルズを初めて利用する場合、飲食代金が税込5,250円以上であれば、初回、2回目の利用で各500マイルのボーナスマイルがつく、というものです。

この情報を知って、管理人もさっそくダイニング・フォー・マイルズに登録しました。ダイニング・フォー・マイルズに登録したのは、先日入会したばかりの「ノースウエスト・ワールドパークス/ダイナースクラブカード」です。初年度年会費無料ながら、入会ボーナスとしてNWワールドパークスのマイルが5,000マイルも獲得できる超お得なカードです(詳細は過去記事をご参照下さい)。

行ったお店は、代官山の駅から程近い「六角亭」という串揚げ屋さんです。串12本+生野菜+食事(お茶漬け等)+デザート(あんみつ等)のセットメニューを頂きましたが、まずまずのお味でした。店の雰囲気も悪くなく、場所もよいのでなかなかいいと思いました。

ちなみに飲食代金は8,190円(飲み物込)だったのですが、獲得したマイルはどれくらいになるかと計算してみたところ、結構驚愕の還元率だったりしたので報告したいと思います。

(1)飲食代金に対するダイニング・フォー・マイルズの獲得マイル
  100円あたり3マイル:243マイル

(2)ダイニング・フォー・マイルズのキャンペーンによる獲得マイル
  飲食代金5,250円以上のため:500マイル

(3)クレジットカード使用による獲得マイル
  100円あたり1マイル:81マイル

これだけでもなかなかですが、無意識のうちに他にも獲得していました。

(4)フライ・フリー・ファースター2006キャンペーン(過去記事)
 カテゴリー7のボーナスマイル
  1日に200マイル以上獲得のため:250マイル
  ※フライ・フリー・ファースター2006キャンペーンは2006年9月30日で終了しました。

ということで、(1)243+(2)500+(3)81+(4)250=1,074マイル獲得です。
還元率は、1マイル2円換算でなんと26.227%にもなります!

ちなみに食事の際カウンターで隣に座っていたカップルは現金で支払いをしていたのですが、心の中で「もったいな〜い」と思ってしまいました。さすがに「現金もらえれば私のカードで支払いますけど」とまでは言えませんでしたが…(笑)。

なお、このキャンペーンは2006年11月30日までですので、それまでに2回、ぜひダイニング・フォー・マイルズ加盟店に足を運んで、マイルをゲットしてみて下さい。文句なしにオススメです。

(2006/10/7追記)
ダイニング関連のキャンペーンについて調べていたところ、このキャンペーンは10月1日からでした…。よって9月30日までのキャンペーンである(4)フライ・フリー・ファースター2006キャンペーンとは並存し得ません。お詫びして訂正します。
なお、管理人の場合は9月30日に利用しましたので、獲得マイルは(1)+(3)+(4)=574マイル(1マイル2円換算で14.017%の還元率)となります。
また、10月以降であれば、獲得マイルは(1)+(2)+(3)=824マイル(1マイル2円換算で20.122%の還元率)となります。
タイミングの問題で両方加算なんてことは、、、ないですよね(笑)?

☆おかげさまでなんと現在第4位!(「金融・投資(全般)」部門)
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
・ダイニング・フォー・マイルズ(新規登録もこちらから)
・フライ・フリー・ファースター2006キャンペーン
・串揚げ 六角亭

関連記事
・NW(ノースウエスト航空)ワールドパークス
・NW(ノースウエスト航空)ワールドパークス300マイル獲得方法
・「フライ・フリー・ファスター 2006」キャンペーン
・NW(ノースウエスト航空)ワールドパークス・ニッポン500マイル・キャンペーン
・ダイニング・フォー・マイルズ
・マイレージ・プラス・ダイニング


(money_tec)
by ジョージ滝川@マネテク at 06:39
2006年10月01日
※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・ダイニング・フォー・マイルズ

今回紹介するのは、「ダイニング・フォー・マイルズ」です。

これは、ノースウエスト航空(NW)のマイレージプログラム、ワールドパークスのマイルを獲得することができるサービスです。

仕組みは極めてシンプルで、ダイニング・フォー・マイルズに加盟している飲食店で食事をし、支払いの際にあらかじめ登録しておいたクレジットカードで支払うだけです。支払いの際にダイニング・フォー・マイルズを利用する旨を言う必要もありません。

ダイニング・フォー・マイルズに加盟している店はかなり多く、国内外あわせるとその数は実に11,000以上。国内では東京の店が多いですが、地方の主要都市にも加盟店があります。利用者の口コミが数多く寄せられているので、店を選ぶ際も参考になり安心です。

また、気になる還元率ですが、支払い100円あたり3〜5マイルと、バカになりません。試しに管理人の例で計算してみましょう。

管理人の場合、週に2回くらいは外食をします。1回の支払額はだいたい6,000円くらいになります(2人分ですよ…(笑))。これを全てダイニング・フォー・マイルズの加盟店で利用したとすると、100円あたり5マイル計算で1回の利用5×6,000÷100=300、月に8回の利用でなんと300×8=2,400マイルとなります。実際には100円あたり3マイルの店も多いのでここまではいかないかもしれませんが、それでもバカにならない量のマイルが獲得できます。

また、ダイニング・フォー・マイルズでは頻繁にキャンペーンを実施しています。キャンペーンの内容は様々ですが、どれもお得なものだと思います。

【注】ちょうど現在2006/11/30までの期間限定で、初めての利用で最大1,000マイルが獲得できるキャンペーンが実施されています。まだダイニング・フォー・マイルズの利用実績がない方は、初回および2回目に税込5,250円以上の利用で500マイルずつのボーナスマイルを獲得することができます。これはかなりお得です。

というわけで、飲み会の幹事をする機会があれば、まずはダイニング・フォー・マイルズにいい店がないか探してみるとよいかもしれません。

なお、他のマイレージプログラムにも以下の通り同様のプログラムがありますので、NW以外でマイルを貯めている方はぜひ使ってみてください。

ANA:カードdeダイニング
ANA:楽天ダイニング
この2つは両方ANAのマイルを獲得することができますが、楽天経由でポイントをマイルに移行したほうが効率がよいです

UA:マイレージ・プラス・ダイニング(過去記事)
※JALはないようです。

なお、一回の利用額に5000円以上の制限があったり、店によってはランチは不可でディナーのみという制限があったりしますのでご注意下さい。

いずれにしても、外食する機会のある方、飲み会の幹事によくなる方はぜひ使ってみて下さい。今後加盟店の中でのオススメ店情報も書いてみたいと思います。はっきりいってオススメです。

☆おかげさまでなんと現在第4位!(「金融・投資(全般)」部門)
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
「ダイニング・フォー・マイルズ」
ANA:カードdeダイニング
ANA:楽天ダイニング
UA:マイレージ・プラス・ダイニング

関連記事
・マイレージ・プラス・ダイニング


(money_tec)
by ジョージ滝川@マネテク at 10:22
2006年09月30日
今回紹介するのは、GE Moneyゴールドカードです。

管理人は見栄っぱりなので、ゴールドカード大好きです。

とは言え、ゴールドカードは通常高額の年会費が発生するため、年会費分以上に
有効活用するのが難しかったりします。

その点、GE Moneyゴールドカードは年会費が5,250円と安い上に、初年度無料、さらには年間40万円利用で翌年無料となります。
普段の支出のうち、クレジットカードで支払できるものを全てクレジットカードで支払うようにすれば、40万円の利用は十分可能だと思いますので、メインで使えば実質的には無料でゴールドカードが持てることになります。

また、ゴールドカードにふさわしい付帯サービスがいろいろとありますので紹介したいと思います。

全国25ヵ所の空港でラウンジ利用可能

ゴールドカードの醍醐味と言えば、やはり空港ラウンジの利用があげられると思います。ゴールドカードならではの優越感に浸りたいですよね。その点GE Moneyゴールドカードはバッチリです。

GE CARD ロードサービス付帯

GE CARD ロードサービスとは、会員本人が車を運転している時に急なトラブルが発生した場合、24時間いつでも提携会社スタッフが現場へかけつけ応急処置を行うサービスです。はっきり言ってJAFに年会費払うよりこちらの方が断然お得だと思います。

傷害による死亡・後遺障害 最大3,000万円

保険に関してもゴールドカードらしく十分な保障が付帯します。海外旅行に行くたびに保険に加入しているならば、今すぐGEゴールドカードを作ることをオススメします。

というわけで、ゴールドカードのサービスは魅力的だけど年会費は絶対払いたく
ない!という方には自信を持ってオススメです。



☆なんと現在第4位!(「金融・投資(全般)」部門)
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

(money_tec)
by ジョージ滝川@マネテク at 15:57
2006年09月29日
今回紹介するのは、レストラン検索サイト「ぐるなび」です。

この「ぐるなび」、利用したことのある方も多いと思いますが、飲食店を検索して、さらには割引等のお得なクーポンもゲットできるというサービスです。

飲み会の幹事をするとまとまった額の立替払いが発生するため、クレジットカードを使用して支払うことで大量のポイント/マイルを獲得するチャンスです。
というわけで管理人も飲み会の幹事は積極的に引き受けているわけですが、店を探す時にはよくこの「ぐるなび」を利用させてもらってます。

マイルの獲得効率を考えると、以前に紹介したマイレージ・プラス・ダイニングを使いたいのですが、ニーズにあった店がない場合は「ぐるなび」を使って店選びをしています。
「ぐるなび」は、マイレージ・プラス・ダイニングの弱点である登録店舗数の少なさをカバーするのには最適と言えます。
ぐるなびに登録されているのは日本全国の60,000店にものぼり、様々な条件で検索をすることができますので、まず間違いなく希望に沿った店を見つけることができるはずです。

また、「ぐるなび」を使う上で便利なテクニックがありますので紹介したいと思います。会員登録することで利用できる、「スーパーらくらく幹事さん」というサービスがそれです。

このサービスは、希望の地域、予算、料理のジャンル等を登録すると、希望にあった店から立候補のメールが来るというものです。受け取ったメールの中にいい店があれば予約をすれば飲み会の準備完了です。飲み会までの日にちに比較的余裕がある場合にはなかなか便利なサービスです。
もちろん登録は無料な上、Web上のフォームを利用することでメールアドレスを公開せずにお店とやりとりをすることができますので、非常に安心でお得だと思います。

ちょうど今、様々なキャンペーンを実施しているようですので、この機会に会員登録をして全て応募しておくとよいと思います。

というわけで、飲み会の幹事でポイントマイルを獲得するのを楽にしてくれるぐるなび、文句なくオススメです!

☆おかげさまでなんと現在第3位!(「金融・投資(全般)」部門)
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
「ぐるなび」10周年記念 豪華プレゼントキャンペーン
(マツダMPVやDVDレコーダーが当たります)


「ぐるなび」ハッピーキャンペーン
(グアム旅行や仙台のお食事券が当たります)


「ぐるなび」トクトクキャンペーン
(往復航空券や福岡のお食事券か当たります)


「ぐるなび」みんなの口コミスタート記念キャンペーン
(ソニーバイオノートやデジカメが当たります)


「ぐるなびデリバリー」モバイル版リニューアルキャンペーン
(日立Woooやその他豪華賞品が当たります)


関連記事
・マイレージ・プラス・ダイニング

(money_tec)
ぐるなびの続きを読む
by ジョージ滝川@マネテク at 17:59
2006年09月28日
今回は電子マネーの動向について2点ほどトピックを紹介したいと思います。

モバイルSuica、一般のクレジットカードへの開放が決定

やや古いトピックで恐縮ですが…。
モバイルSuicaはこれまでJR東日本が発行するビューカードでのみ登録に対応していましたが、10月1日からビューカード以外のクレジットカードでも登録ができるようになります。

モバイルSuicaに登録すると、登録したクレジットカードからのチャージができるようになります。これまではSuicaのチャージが可能なクレジットカードはビューカードからのみ、という状況でしたので、歓迎すべきことだと思います。

なお、2007年3月31日までは年会費無料キャンペーンがあるものの、ビューカード以外のクレジットカードでのモバイルSuicaの登録には年会費が1,000円かかります。還元率2%で計算すると50,000円の利用がないとペイしないわけで、微妙なところという印象です。

PASMOについてもオートチャージサービスの概要が発表

対象カードは三井住友カード、JCB、UFJニコスから発行されるPastownカードあるいはパスモに参加する私鉄各社が発行するカードです。
自動改札通過時に残高が2000円を下回った場合、3000円がチャージされる、という仕組みのようです。

今のところモバイルSuicaのような携帯電話への搭載は発表されていませんが、おそらくサービスが始まる頃には何らかのアナウンスがあるものと考えられます。

管理人的にはSuicaの定期持ちなので、定期をモバイルSuicaにしてしまい、PASMO開始後はJR、私鉄ともモバイルSuicaを使うのがいいのかなと思っています(年会費無料キャンペーン延長希望)。

いずれにしても、利用者にとって便利な、そしてお得な仕組みになるとよいですね。

☆なんと現在第3位!(「金融・投資(全般)」部門)
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
・モバイルSuica
・「PASMO」のオートチャージサービス、概要が明らかに(ケータイWatch)

関連記事
・パソリでSuicaの履歴を参照


(money_tec)
モバイルSuica拡大、PASMOオートチャージの続きを読む
by ジョージ滝川@マネテク at 17:59

このページのトップへ