マネテク!

2006年10月14日
※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・ソニー銀行

こんばんは、ジョージ滝川です。

今回は、ソニー銀行を紹介したいと思います。
ちなみに管理人、昔からソニーファンだったりします。もちろんメモリースティックとかいっぱい持ってます(笑)。

ソニー銀行は、その名の通り、ソニーグループの銀行です。
店舗を持たないいわゆるネット専業銀行で、取引はもちろん、口座開設もインターネットから手軽に行うことができます。

ネット専業というとイーバンク銀行やジャパンネット銀行が思い浮かびますが、これらのネット専業銀行と同様、金利面では通常の銀行より有利な金利が設定されています。ちなみに円普通預金の金利は現在0.2%です。

ネット専業銀行ということで、入金や出金がどこでできるのか、ということが気になりますが、これは提携ATMで行うことができます。
提携ATMとして入出金ができるのは、三井住友銀行が運営する@BANK、三菱東京UFJ銀行、そして全国の郵便局が利用できます。
しかも今のところ、入金の手数料は無料、出金に関しても月に4回までは無料となるため、実質的にはほぼ無料で利用できると言えます。

それから、ソニー銀行で特徴的なのは、インターネットバンキングのインターフェースです。
インターフェースは3種類あるのですが、単純に見た目が違う、というだけではなく、お金との関わり方に応じて全く異なったアプローチができるものになっています。
どのデザインも、さすがソニー、という感じで、これだけでも管理人的には魅力的だと思います。

3種類のインターフェースは、具体的には、

(1)モノポリー風でシンプルに目的のメニューが分かる「MONEYKit」

(2)ポストペットのキャラクターが見た目にも楽しいだけでなく、一つの口座の中に目的別貯金箱を5つまで作成してお金の管理ができる「MONEYKit-PostPet」

(3)クールなデザインで資産運用のための様々なツールを使用できる「MONEYKit-ACTIVE」

から選ぶことができます。口座開設後にも自由に切り替えることができますが、ソニー銀行のホームページから体験版を使ってみることができますので、一度使ってみるとよいと思います。

というわけで、ソニー銀行、オススメです。

関連リンク
・ソニー銀行
・ソニー銀行MONEYKit

(money_tec)
by ジョージ滝川@マネテク at 08:25
2006年10月13日
今回紹介するのは、 シティ クリアカード です。

このカードのポイントはと言うと、

コンビニ払い可能

支払場所を、銀行口座からの引落、コンビニ払い、ATM自由返済から選ぶことができます。なお、コンビニ払いの際にEdyを使って支払うことはできません。
(2006/10/15誤記修正)

支払いの自由度が高い

このカードはリボ払い専用カードなのですが、月々の支払額はなんと1,500円から設定可能です。もちろん手続さえすれば支払額変更や都度増額して実質一括払いにするといったこともも可能なため、支払い方法だけでなく、支払金額についても極めて自由度が高いカードだと言えます。
なお、一括払いへは、電話(音声自動案内)やWebで簡単に切り替えることが可能です。

入会金、年会費完全無料

もちろんと言うか、お約束と言うか、入会金、年会費とも無料です。気軽にカードを持つことができます。

世界一のクレジットカード

日本ではそれほど知られていませんが、シティカードのクレジットカード発行枚数は世界一で、その数はなんと一億枚以上です。そのため海外ではブランドとしての力が強く、認知度も高いです。

クレジットカード発行が速い

審査は最短で10分、早ければ申込翌日にはカードが届くという驚きのスピードです。
初めて海外旅行に行くのでクレジットカードを作りたいけど時間がない!なんて方にもぴったりだと思います。

海外旅行保険1,000万円付帯
ショッピング保険50万円付帯


年会費無料のカードではありますが、基本的な保険は付帯しており、お得感があります。

審査が通りやすい

これだけ魅力的な要素が揃っていながら、シティ クリアカードは審査が比較的通りやすいと言われています。クレジットカード最初の1枚にもよいかもしれないですね。

と、ここまで特長を見てきたわけですが、気になるのはポイントサービスだと思います。このカードでは、月々のショッピングの利用金額100円毎に1ポイントが付与され、1ポイント0.4円換算でキャッシュバックが可能です。
(2006/10/15誤記修正)

というわけで、シティ クリアカード、オススメです!

☆さらに得する情報はこちらから
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク



関連記事
・クレジットカードについて
・クレジットカードについて(2)
・Edyを使ったポイント稼ぎ
・クレジットカードの還元率
・クレジットカードポイント稼ぎ
シティ クリアカードの続きを読む
by ジョージ滝川@マネテク at 22:59
2006年10月12日
※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・ネットで稼ぐマイレージ(比較)

今回は、これまでに紹介したポイントサービスを、マイレージ獲得の効率という観点でまとめてみたいと思います。

ポイントの移行先としては例によっていわゆる4大マイレージプログラムをあげてみました。

・ネットマイル
ネットマイル 10,000マイルを交換すると…
 JAL 3,000マイル(ネットマイル→セシール→りそな銀行→VIEW→JAL)
 ANA 2,500マイル(ネットマイル→DCカード→TSUTAYA→ANA)
 UA 2,000マイル(ネットマイル→UA)
 NW 2,500マイル(ネットマイル→DCカード→NW)

・CMサイト
CMサイト 10,000ポイントを交換すると…
 JAL 5,000マイル(CMサイト→JCBカード→セシール→りそな銀行→VIEW→JAL)
 ANA 15,000マイル(CMサイト→ANA JCBカード→ANA)
 UA 1,500マイル(CMサイト→JCBカード→セシール→ネットマイル→UA)
 NW 4,500マイル(CMサイト→JCBカード→NW)

・mpack
mpack 10,000ポイントを交換すると…
 JAL 3,000マイル(mpack→JCBカード→JAL)
 ANA 10,000マイル(mpack→ANA JCBカード→ANA)
 UA 1,000マイル(mpack→Gポイント→ナチュラム→ネットマイル→UA)
 NW 3,000マイル(mpack→JCBカード→NW)

・ECナビ
ECナビは今のところキャッシュバックのみのため、マイルへの交換はできません。

ご覧の通りですが、ANA JCBカードを経由して、「CMサイト」や「mpack」のポイントをANAマイルに交換した場合の率がずば抜けていい、という結果になりました。

ちょうどANA JCBワイドゴールドカード
いずれにしても、こうやって比較してみると、自分が貯めたいマイレージプログラムと相性がいいのはどのポイントサービスか、ということが何となく見えてくると思います。ポイントの交換ルートに関しては、
ポイント探検倶楽部で確認することができますので、その他のポイントを集めている方はチェックしてみてください。

☆さらに得する情報はこちらから
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連記事
・ネットマイル
・CMサイト
・mpack
・ECナビ
・ポイント探検倶楽部
・ANA JCBカード

関連リンク
↓ANA JCBワイドゴールドカードの申込


(money_tec)
by ジョージ滝川@マネテク at 20:27
2006年10月11日
※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・特典無料航空券 発券例 掲示板作成

最近、「マイレージ使い勝手比較」と題して獲得したマイルの使いみちを記事にしているのですが(と言っても管理人が備忘録的に調べたことをチラシの裏よろしくメモっているだけで大したものではないのですが…)、調べれば調べるほど各航空会社のマイレージプログラムは分かりづらい点が多く、あまり頭のよくない管理人は四苦八苦しています。

「無料特典航空券を使用してどこに行くのにどれだけマイルが必要なのか」ということは、直行便の場合は比較的分かりやすいのですが、乗継やストップオーバー、オープンジョーなんかが絡んでくると一気に複雑さを増してきます。
そして、このあたりの実例はおそらくマイルを貯めている方には極めてニーズのある情報だと思うのですが、管理人が調べた範囲ではなかなか体系だってまとめられた情報源というのは見つかりませんでした。

加えて、自分自身ろくに特典無料航空券の発券をしたことがあるわけでもないので(実は1回だったりします…)、自らの体験から情報を発信することも難しい状況です。

というわけで極めて他力本願的な発想で恐縮なのですが、このブログを読んで頂いているマイラー諸兄のこれまでの発券体験をぜひともご教授頂きたいと思い、掲示板を開設しました。
「こんなルートで発券した」、「こういうルートだと少ないマイルで発券できた」、「こんなん言ってみたけどダメだった…」などなど、些細なことでも構いませんので書き込みして頂けると幸甚です。

いずれはお寄せ頂いた情報をまとめて、記事として公開できればと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

みなさんの書き込み、お待ちしています!

☆さらに得する情報はこちらから
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
↓掲示板はこちらです!
・特典無料航空券 発券例

関連記事
・マイレージ使い勝手比較(1)〔韓国〕
・マイレージ使い勝手比較(2)〔中国〕


(money_tec)
by ジョージ滝川@マネテク at 00:11
2006年10月10日
今回紹介するのは、久しぶりにマイレージ関連の話題からちょっと離れて、Apple Storeです。

ご存知の通り、Appleと言えばMac(マッキントッシュコンピューター)やiPodで有名なメーカーですが、このApple Storeは直営のオンラインショップになります。

Apple製品と言えば、やはり一番に思い浮かぶのはiPodかと思います。管理人ジョージ滝川もiPod nanoが発売された時に衝撃を受け、ついつい衝動買いしてしまいました。
それからというもの、通勤中に音楽を聴いたり、スポーツをする時に音楽を聴いたり、もちろんドライブの時にも音楽を聴いたりと重宝しています。
最近は携帯電話にもオーディオプレーヤーの機能がついていたりしますが、やはり餅は餅屋、使いやすさが全然違います。
また、Apple意外にも各社から魅力的な携帯オーディオプレイヤーが出てきてはいますが、やはりiPodは使いやすさ、デザインのかっこよさで群を抜いているように思います。

ところで、先日iPod nanoのニューモデルが発表になりました。

元々相当薄かったですが、驚くべきことにさらに薄くなっています。また、角が丸くなって、以前のiPod miniのようなイメージです。
また、iPodの弱点として取り上げられることの多かったバッテリーの持続時間についても大幅に改善されています。
さらに、ディスプレイも前モデル比40%明るくなっているそうです。
しかも薄く、性能もよくなっているにも関わらず、値段は下がってなんと17,800円〜。正直、悔しいです。
ちなみに今回のリニューアルで8GBのモデルが追加されています(29,800円)。

Apple Store(Japan)

また、iPodもリニューアルされています。
こちらもバッテリー駆動時間、ディスプレイの輝度が改善され、お値段は29,800円(30GBモデル)〜。
iPodでは動画も見ることができるので、管理人ジョージ滝川的にはnanoはとりあえず持っているし、こちらが欲しかったりもします。

Apple Store(Japan)

ところで、管理人ジョージ滝川はDell製のWindowsマシンを愛用しているのですが、昔はMacを使っていたこともありました。
周囲にWindowsを使っている人が多く、やはりいろいろな意味で便利なのでWindowsを使っているわけですが、最近のMacはなんとWindowsとデュアルブートにできるのです。これはかなり魅力的。

iMacが124,800円〜ということで、正直欲しいです。それからMac miniもかなり欲しいです。欲しいものだらけですね(笑)。

Apple Store(Japan)

ところで、Appleの製品はメーカーの方針かあまり値引きをされないので、どの店で買ってもそれほど大きな価格差がない値段で買うことができます(ポイントサービスにより実質的には値引きとなる店もありますが)。

iPodに関して言えばApple Storeで購入すると、無料で裏面に刻印をしてもらうことができます。名前でも何でもオーケーです。
それほど値段が変わらないなら、このようなサービスがついてくるApple Storeも選択肢に入ってくると思います。
ちなみに管理人ジョージ滝川は、iPodをApple Storeで購入して、裏面に好きなことわざを英語で刻印してもらいました。内容は秘密です(笑)。

というわけで、Apple Storeで最新のiPodやMacを手に入れるのもよいと思います。
ちなみに送料はどれも無料。オススメです。

(追記)
上のリンクから購入してもらえると管理人的にはうれしいのですが、ECナビ経由で購入するとキャッシュバックが発生します。得なのはこちらですね…。素直にECナビに登録するのがオススメです(ECナビ経由でApple Storeから買えます)。

関連記事
・ECナビ

(money_tec)
by ジョージ滝川@マネテク at 22:55

このページのトップへ
ページトップボタン