マネテク!

2006年10月17日
※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・UA(ユナイテッド航空)マイレージプラス・特典無料航空券(国内線)

こんばんは、ジョージ滝川です。

今回は、ユナイテッド航空のマイレージプログラム、マイレージプラスで獲得できる国内線の特典無料航空券について確認してみましたのでご報告したいと思います。

まず基本的なところですが、ユナイテッド航空自体は日本国内線を運行していません。このため、獲得できる国内線の特典無料航空券は、提携先のANAの国内線航空券となります。必要なマイル数は全国一律で往復15,000マイルです。また、予約できる座席クラスはエコノミーのみとなります。

次に、これは結構ポイントだと思うのですが、ユナイテッド航空マイレージプラスの場合、国内線で直行便が運航されていない空港まで行きたい場合は、乗り継ぎがあっても15,000マイルで特典航空券が獲得できます。
このあたりざっと調べた限りではJALやANA、NWだと2区間扱いになるのかなと思いますが、詳しい方教えて頂けると幸甚です。
ちなみに直行便がある場合はに乗り継ぎをする場合は2区間分の30,000マイルが必要となります。

UA予約センターに確認した事例

羽田〜函館〜札幌〜函館〜羽田
 羽田〜札幌の直行便があるため2区間扱い
 必要マイル数30,000マイル

宮崎〜伊丹〜札幌〜伊丹〜宮崎、宮崎〜羽田〜札幌〜羽田〜宮崎など
 宮崎〜札幌の直行便がないため1区間扱い
 必要マイル数15,000マイル

なお、予約可能となるのは復路搭乗日の2ヶ月前からになります。

管理人的にはUAのマイルがそこそこ貯まっているので、国内線で有効活用したいと思っているのですが、直行便が飛んでいないところに行くのがNWのキャンペーン的にもおいしく、お得感があるなぁなどと考えています。もちろん予約が取れれば、ですが…。

☆さらに得する情報はこちらから
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連記事
・NW(ノースウエスト航空)ワールドパークス・ニッポン500マイル・キャンペーン
・ANA国内線就航都市
・特典無料航空券比較(1)
・特典無料航空券比較(2)

(money_tec)
by ジョージ滝川@マネテク at 00:08
2006年10月16日
こんばんは、ジョージ滝川です。

今回は、以前にも紹介したスヌーピーEdyカードの情報です。

スヌーピーEdyカードと言えば、自宅のパソコンにつないでEdyにチャージするのに必要不可欠な「パソリ」がついてくることで有名で、かくいう管理人もスヌーピーEdyカードに入会してパソリを手に入れたクチです。

このスヌーピーEdyカード、2006年9月30日をもって発行を停止する旨アナウンスされていました。これまでもパソリは期間限定、とされていたにも関わらずキャンペーン期間延長を繰り返してきた経緯があったため、また延長されるのでは?という予想もありましたが、見事に10月以降もカード発行を続けています。

しかも嬉しいことに、パソリについてはキャンペーン扱い(期間限定、先着10,000名限定)ではなく、入会すればもれなくついてくる標準装備品となったようです。まだパソリを入手していないという方は、ぜひ入会してパソリを手に入れることをオススメします。

もちろん初年度年会費は引き続き無料です。

パソリを手に入れることで、クレジットカードからEdyにチャージができるようになり、様々なテクニックを使うことができるようになりますので、まだ手に入れていない方はぜひスヌーピーEdyカードに入会してパソリをゲットしてください。

はっきり言って、超オススメです。

☆さらに得する情報はこちらから
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
・スヌーピーEdyカード

関連記事
・スヌーピー Edyカード
・無料でEdyカードを手に入れる
・無料でEdyカードを手に入れる(2)
・パソリでSuicaの履歴を参照

(money_tec)
スヌーピーEdyカード発行継続の続きを読む
by ジョージ滝川@マネテク at 00:04
2006年10月15日
こんばんは、ジョージ滝川です。

最近コメントにて「ダイナースはEdyやSuicaにチャージしてもポイントはつかない」というご指摘を続けて頂きました。
これは管理人の勘違いで、念のためコールセンターに電話して確認してみましたが、ご指摘の通りEdyやSuicaにチャージしてもポイントはつかないとのことでした。
(記事は訂正しています。申し訳ございませんでした)

ところで、10月からダブルマイルキャンペーンが始まったこともあり、現在管理人はセゾンUAゴールドカードを使ってEdyにチャージをしていますが、このカードについても念のため確認をしてみましたので報告したいと思います。

マイル加算対象外となる利用

セゾンUAゴールドカードでマイル加算対象外となる利用は、「カード年会費・キャッシングのご利用」の他に、マネックス証券の「カードde自動積立て」など、引き落とし代行のみで、クレジットカードの利用とはみなされないものなどがある。

Edyチャージについて

「Edy」のチャージ料金を、UAゴールドカードで支払った場合、ショッピングのご利用として計上されることとなり、UAショッピングマイルの付加対象となる。

「ぜひご活用ください」とのことでしたが、既に遠慮なく活用しております…(笑)。
また、他に注意点があれば教えて欲しいと言ったところ、以下の注意点を挙げてくれました。

注意点

UAショッピングマイルは、毎年3月4日請求分〜を起点に、翌年2月4日請求分までを1年とし、1年間のマイル換算には上限がある。
1年間に75,000マイル(500万円分)までのご利用は、1,000円につき15マイル換算となるが、年間75,000マイルを超えた場合、1,000円につき5マイル換算となる。

500万円というと単純計算で1ヶ月あたり40万円強となります。さすがに使わないような気がします…。たぶん(笑)。

なお、セゾンUAゴールドカードでチャージしたEdyは日頃の買い物などに使うべく、Edy貯金をしています。最近はEdyでの支払いができる場所が増え、嬉しい限りです。もちろん手元の余裕資金の範囲ですが、おそらく当分の決済はまかなえるような…。

今後、その他のカードについても、EdyおよびSuicaチャージによるポイント付与可否についてまとめてみたいと思います。

☆さらに得する情報はこちらから
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

昨日より人気blogランキングのカテゴリを変更しました。
 旧:金融・投資(全般) ※おかげさまで最高位1位を記録しました!
  ↓
 新:旅行・観光(全般) ※現在17位です!
今後とも応援よろしくお願いします!

関連記事
・セゾンUAゴールドカード
・セゾンUAカード・ダブルマイルキャンペーン
・セゾンUAカード・ダブルマイルキャンペーン(2)

セゾンUAゴールドカードでEdyチャージの続きを読む
by ジョージ滝川@マネテク at 00:04
2006年10月14日
※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・ソニー銀行

こんばんは、ジョージ滝川です。

今回は、ソニー銀行を紹介したいと思います。
ちなみに管理人、昔からソニーファンだったりします。もちろんメモリースティックとかいっぱい持ってます(笑)。

ソニー銀行は、その名の通り、ソニーグループの銀行です。
店舗を持たないいわゆるネット専業銀行で、取引はもちろん、口座開設もインターネットから手軽に行うことができます。

ネット専業というとイーバンク銀行やジャパンネット銀行が思い浮かびますが、これらのネット専業銀行と同様、金利面では通常の銀行より有利な金利が設定されています。ちなみに円普通預金の金利は現在0.2%です。

ネット専業銀行ということで、入金や出金がどこでできるのか、ということが気になりますが、これは提携ATMで行うことができます。
提携ATMとして入出金ができるのは、三井住友銀行が運営する@BANK、三菱東京UFJ銀行、そして全国の郵便局が利用できます。
しかも今のところ、入金の手数料は無料、出金に関しても月に4回までは無料となるため、実質的にはほぼ無料で利用できると言えます。

それから、ソニー銀行で特徴的なのは、インターネットバンキングのインターフェースです。
インターフェースは3種類あるのですが、単純に見た目が違う、というだけではなく、お金との関わり方に応じて全く異なったアプローチができるものになっています。
どのデザインも、さすがソニー、という感じで、これだけでも管理人的には魅力的だと思います。

3種類のインターフェースは、具体的には、

(1)モノポリー風でシンプルに目的のメニューが分かる「MONEYKit」

(2)ポストペットのキャラクターが見た目にも楽しいだけでなく、一つの口座の中に目的別貯金箱を5つまで作成してお金の管理ができる「MONEYKit-PostPet」

(3)クールなデザインで資産運用のための様々なツールを使用できる「MONEYKit-ACTIVE」

から選ぶことができます。口座開設後にも自由に切り替えることができますが、ソニー銀行のホームページから体験版を使ってみることができますので、一度使ってみるとよいと思います。

というわけで、ソニー銀行、オススメです。

関連リンク
・ソニー銀行
・ソニー銀行MONEYKit

(money_tec)
by ジョージ滝川@マネテク at 08:25
2006年10月13日
今回紹介するのは、 シティ クリアカード です。

このカードのポイントはと言うと、

コンビニ払い可能

支払場所を、銀行口座からの引落、コンビニ払い、ATM自由返済から選ぶことができます。なお、コンビニ払いの際にEdyを使って支払うことはできません。
(2006/10/15誤記修正)

支払いの自由度が高い

このカードはリボ払い専用カードなのですが、月々の支払額はなんと1,500円から設定可能です。もちろん手続さえすれば支払額変更や都度増額して実質一括払いにするといったこともも可能なため、支払い方法だけでなく、支払金額についても極めて自由度が高いカードだと言えます。
なお、一括払いへは、電話(音声自動案内)やWebで簡単に切り替えることが可能です。

入会金、年会費完全無料

もちろんと言うか、お約束と言うか、入会金、年会費とも無料です。気軽にカードを持つことができます。

世界一のクレジットカード

日本ではそれほど知られていませんが、シティカードのクレジットカード発行枚数は世界一で、その数はなんと一億枚以上です。そのため海外ではブランドとしての力が強く、認知度も高いです。

クレジットカード発行が速い

審査は最短で10分、早ければ申込翌日にはカードが届くという驚きのスピードです。
初めて海外旅行に行くのでクレジットカードを作りたいけど時間がない!なんて方にもぴったりだと思います。

海外旅行保険1,000万円付帯
ショッピング保険50万円付帯


年会費無料のカードではありますが、基本的な保険は付帯しており、お得感があります。

審査が通りやすい

これだけ魅力的な要素が揃っていながら、シティ クリアカードは審査が比較的通りやすいと言われています。クレジットカード最初の1枚にもよいかもしれないですね。

と、ここまで特長を見てきたわけですが、気になるのはポイントサービスだと思います。このカードでは、月々のショッピングの利用金額100円毎に1ポイントが付与され、1ポイント0.4円換算でキャッシュバックが可能です。
(2006/10/15誤記修正)

というわけで、シティ クリアカード、オススメです!

☆さらに得する情報はこちらから
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク



関連記事
・クレジットカードについて
・クレジットカードについて(2)
・Edyを使ったポイント稼ぎ
・クレジットカードの還元率
・クレジットカードポイント稼ぎ
シティ クリアカードの続きを読む
by ジョージ滝川@マネテク at 22:59

このページのトップへ
ページトップボタン