マネテク!

2006年10月12日
※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・ネットで稼ぐマイレージ(比較)

今回は、これまでに紹介したポイントサービスを、マイレージ獲得の効率という観点でまとめてみたいと思います。

ポイントの移行先としては例によっていわゆる4大マイレージプログラムをあげてみました。

・ネットマイル
ネットマイル 10,000マイルを交換すると…
 JAL 3,000マイル(ネットマイル→セシール→りそな銀行→VIEW→JAL)
 ANA 2,500マイル(ネットマイル→DCカード→TSUTAYA→ANA)
 UA 2,000マイル(ネットマイル→UA)
 NW 2,500マイル(ネットマイル→DCカード→NW)

・CMサイト
CMサイト 10,000ポイントを交換すると…
 JAL 5,000マイル(CMサイト→JCBカード→セシール→りそな銀行→VIEW→JAL)
 ANA 15,000マイル(CMサイト→ANA JCBカード→ANA)
 UA 1,500マイル(CMサイト→JCBカード→セシール→ネットマイル→UA)
 NW 4,500マイル(CMサイト→JCBカード→NW)

・mpack
mpack 10,000ポイントを交換すると…
 JAL 3,000マイル(mpack→JCBカード→JAL)
 ANA 10,000マイル(mpack→ANA JCBカード→ANA)
 UA 1,000マイル(mpack→Gポイント→ナチュラム→ネットマイル→UA)
 NW 3,000マイル(mpack→JCBカード→NW)

・ECナビ
ECナビは今のところキャッシュバックのみのため、マイルへの交換はできません。

ご覧の通りですが、ANA JCBカードを経由して、「CMサイト」や「mpack」のポイントをANAマイルに交換した場合の率がずば抜けていい、という結果になりました。

ちょうどANA JCBワイドゴールドカード
いずれにしても、こうやって比較してみると、自分が貯めたいマイレージプログラムと相性がいいのはどのポイントサービスか、ということが何となく見えてくると思います。ポイントの交換ルートに関しては、
ポイント探検倶楽部で確認することができますので、その他のポイントを集めている方はチェックしてみてください。

☆さらに得する情報はこちらから
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連記事
・ネットマイル
・CMサイト
・mpack
・ECナビ
・ポイント探検倶楽部
・ANA JCBカード

関連リンク
↓ANA JCBワイドゴールドカードの申込


(money_tec)
by ジョージ滝川@マネテク at 20:27
2006年10月11日
※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・特典無料航空券 発券例 掲示板作成

最近、「マイレージ使い勝手比較」と題して獲得したマイルの使いみちを記事にしているのですが(と言っても管理人が備忘録的に調べたことをチラシの裏よろしくメモっているだけで大したものではないのですが…)、調べれば調べるほど各航空会社のマイレージプログラムは分かりづらい点が多く、あまり頭のよくない管理人は四苦八苦しています。

「無料特典航空券を使用してどこに行くのにどれだけマイルが必要なのか」ということは、直行便の場合は比較的分かりやすいのですが、乗継やストップオーバー、オープンジョーなんかが絡んでくると一気に複雑さを増してきます。
そして、このあたりの実例はおそらくマイルを貯めている方には極めてニーズのある情報だと思うのですが、管理人が調べた範囲ではなかなか体系だってまとめられた情報源というのは見つかりませんでした。

加えて、自分自身ろくに特典無料航空券の発券をしたことがあるわけでもないので(実は1回だったりします…)、自らの体験から情報を発信することも難しい状況です。

というわけで極めて他力本願的な発想で恐縮なのですが、このブログを読んで頂いているマイラー諸兄のこれまでの発券体験をぜひともご教授頂きたいと思い、掲示板を開設しました。
「こんなルートで発券した」、「こういうルートだと少ないマイルで発券できた」、「こんなん言ってみたけどダメだった…」などなど、些細なことでも構いませんので書き込みして頂けると幸甚です。

いずれはお寄せ頂いた情報をまとめて、記事として公開できればと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

みなさんの書き込み、お待ちしています!

☆さらに得する情報はこちらから
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
↓掲示板はこちらです!
・特典無料航空券 発券例

関連記事
・マイレージ使い勝手比較(1)〔韓国〕
・マイレージ使い勝手比較(2)〔中国〕


(money_tec)
by ジョージ滝川@マネテク at 00:11
2006年10月10日
今回紹介するのは、久しぶりにマイレージ関連の話題からちょっと離れて、Apple Storeです。

ご存知の通り、Appleと言えばMac(マッキントッシュコンピューター)やiPodで有名なメーカーですが、このApple Storeは直営のオンラインショップになります。

Apple製品と言えば、やはり一番に思い浮かぶのはiPodかと思います。管理人ジョージ滝川もiPod nanoが発売された時に衝撃を受け、ついつい衝動買いしてしまいました。
それからというもの、通勤中に音楽を聴いたり、スポーツをする時に音楽を聴いたり、もちろんドライブの時にも音楽を聴いたりと重宝しています。
最近は携帯電話にもオーディオプレーヤーの機能がついていたりしますが、やはり餅は餅屋、使いやすさが全然違います。
また、Apple意外にも各社から魅力的な携帯オーディオプレイヤーが出てきてはいますが、やはりiPodは使いやすさ、デザインのかっこよさで群を抜いているように思います。

ところで、先日iPod nanoのニューモデルが発表になりました。

元々相当薄かったですが、驚くべきことにさらに薄くなっています。また、角が丸くなって、以前のiPod miniのようなイメージです。
また、iPodの弱点として取り上げられることの多かったバッテリーの持続時間についても大幅に改善されています。
さらに、ディスプレイも前モデル比40%明るくなっているそうです。
しかも薄く、性能もよくなっているにも関わらず、値段は下がってなんと17,800円〜。正直、悔しいです。
ちなみに今回のリニューアルで8GBのモデルが追加されています(29,800円)。

Apple Store(Japan)

また、iPodもリニューアルされています。
こちらもバッテリー駆動時間、ディスプレイの輝度が改善され、お値段は29,800円(30GBモデル)〜。
iPodでは動画も見ることができるので、管理人ジョージ滝川的にはnanoはとりあえず持っているし、こちらが欲しかったりもします。

Apple Store(Japan)

ところで、管理人ジョージ滝川はDell製のWindowsマシンを愛用しているのですが、昔はMacを使っていたこともありました。
周囲にWindowsを使っている人が多く、やはりいろいろな意味で便利なのでWindowsを使っているわけですが、最近のMacはなんとWindowsとデュアルブートにできるのです。これはかなり魅力的。

iMacが124,800円〜ということで、正直欲しいです。それからMac miniもかなり欲しいです。欲しいものだらけですね(笑)。

Apple Store(Japan)

ところで、Appleの製品はメーカーの方針かあまり値引きをされないので、どの店で買ってもそれほど大きな価格差がない値段で買うことができます(ポイントサービスにより実質的には値引きとなる店もありますが)。

iPodに関して言えばApple Storeで購入すると、無料で裏面に刻印をしてもらうことができます。名前でも何でもオーケーです。
それほど値段が変わらないなら、このようなサービスがついてくるApple Storeも選択肢に入ってくると思います。
ちなみに管理人ジョージ滝川は、iPodをApple Storeで購入して、裏面に好きなことわざを英語で刻印してもらいました。内容は秘密です(笑)。

というわけで、Apple Storeで最新のiPodやMacを手に入れるのもよいと思います。
ちなみに送料はどれも無料。オススメです。

(追記)
上のリンクから購入してもらえると管理人的にはうれしいのですが、ECナビ経由で購入するとキャッシュバックが発生します。得なのはこちらですね…。素直にECナビに登録するのがオススメです(ECナビ経由でApple Storeから買えます)。

関連記事
・ECナビ

(money_tec)
by ジョージ滝川@マネテク at 22:55
2006年10月09日
※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・マイレージ使い勝手比較(2)〔中国〕

今回は、各航空会社のマイレージプログラムで実際に特典無料航空券を手に入れたときに行ける場所の比較第2弾として、中国を見てみたいと思います。

せっせとマイルを貯めていると、貯めること自体が目的になっていたりもしますが(笑)、せっかく貯めたマイルなので有効に使いたいものです。

例によって比較の対象とするのは以下の4大マイレージプログラムです。

・JAL(日本航空)マイレージバンク
・ANA(全日空)マイレージクラブ
・UA(ユナイテッド航空)マイレージプラス
・NW(ノースウエスト航空)ワールドパークス


まずは、中国に行くのに必要なマイル数を見てみましょう。

JAL 20,000マイル〜
ANA 20,000マイル〜
UA  20,000マイル〜
NW  20,000マイル〜


4大マイレージのいずれも、20,000マイルで特典無料航空券を手に入れることができます。

次に、各マイレージプログラムで手に入れることのできる特典無料航空券で、どの航空会社を使用できるかを見てみましょう。
なお、調査対象は、日本〜中国間で就航している路線のうち、成田〜北京と成田〜上海です。便数は2006年10月の土曜成田発の便数を基に算出しています。

〔成田-北京(直行便のみ)〕

JAL JAL 2往復
ANA ANA、中華国際航空 4往復
UA  ANA、中華国際航空 4往復
NW  NW、中国南方航空 3往復


2006年からNWが中国南方航空と提携を開始したことにより、NWが使いやすくなりました。しかし中華国際航空(チャイナエアー)を使用できるANA、UAが一歩リードといったところでしょうか。なお、ANAおよびUAは、アシアナ航空のソウル乗継を視野に入れるとさらに利用できる便が増えます。JALのキャセイパシフィック航空(香港乗継)、NWの大韓航空(ソウル乗継)も同様です。ただし、乗継があまりよくないケースも多そうですのでご注意下さい。

(参考)
〔ソウル-北京〕
ANA,UA アシアナ航空 2〜3往復
NW 大韓航空 1〜2往復
〔香港-北京〕
JAL  キャセイパシフィック航空 4〜6往復

次に、上海を見てみたいと思います。

〔成田-上海(直行便のみ)〕

JAL JAL 5往復
ANA ANA、中華国際航空、上海航空 5往復
UA  ANA、中華国際航空、上海航空 5往復
NW  NW 1往復


ここではJAL、ANAそしてUAが互角と言えそうです。
NWはちょっと寂しいですね。ちなみに乗継を視野に入れると、NW提携の大韓航空がソウル〜上海を1日に2〜3往復しています。

というわけで結論ですが、中国(北京、上海)に行くのであれば、ANAでマイルを貯めることをオススメします。

(ご注意)
本記事は、管理人の独自の調査に基づくものです。調査には万全を期していますが、その正確性は保証できません。記載内容の誤りに気づかれた方は、メールあるいはコメントにてご指摘頂けると幸甚です。

また、ソウルや香港乗継で中国に行く場合、1区間扱いとなるのか(20,000マイルで可)、日本〜乗継地、乗継地〜中国の2区間に分かれるのか(単純に考えて2区間分最大40,000マイル必要?)はケースバイケースのようです。正直実体験もなく不勉強で恐縮ですが、詳しい方がいらっしゃればご教授頂けると幸甚です。

☆さらに得する情報はこちら
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
・JAL(日本航空)マイレージバンク
・ANA(全日空)マイレージクラブ
・UA(ユナイテッド航空)マイレージプラス
・NW(ノースウエスト航空)ワールドパークス

関連記事
・マイレージ使い勝手比較(1)〔韓国〕
・マイレージとは
・マイルの貯めやすさ(1)
・マイルの貯めやすさ(2)
・マイル計算+空港コード、航空会社コード検索
・特典無料航空券比較(1)
・特典無料航空券比較(2)


(money_tec)
by ジョージ滝川@マネテク at 23:13
2006年10月08日
今回は、楽天カードを紹介したいと思います。

現時点では管理人ジョージ滝川が最もよく使っているのがこの楽天カードです。というか最近はほとんどこのカードで決済しています(笑)。

さっそく特長を見てみましょう。

楽天スーパーポイントが貯まる!

楽天カードの使用100円ごとに、楽天スーパーポイント1ポイントが獲得できます。
獲得した楽天スーパーポイントは楽天市場楽天ブックスで1ポイント=1円として使用できるだけでなく、提携するほかのポイントサービスに移行することができます。
中でも注目なのは、ANAのマイルに1楽天スーパーポイント=0.5ANAマイルで移行できることです。移行手数料も無料です。
なお、楽天市場楽天ブックス等での支払いを楽天カードでした場合、さらに100円ごとに1ポイントが付与されます。
さらに、楽天カードホルダー向けのキャンペーンも毎月のように企画されていますので、さまざまなキャンペーンも含めると、結構な楽天スーパーポイントを獲得する足がかりとなります。

入会するともれなく2,000ポイントプレゼント

今なら無条件で2,000ポイント(2,000円相当)がもらえます。もらったポイントは楽天市場での買い物に使ってもよいですし、ANAのマイルに移行することも可能です。

最大4,000楽天スーパーポイントが獲得できるキャンペーン実施中

さらに、2006年10月31日までに入会の手続きをされた場合、さらに最大4,000楽天スーパーポイントが獲得できるキャンペーンに参加できます(キャンペーンへの参加登録が必要です)。
気になるキャンペーンの内容ですが、楽天ダイニングで5,250円以上利用することで1,000ポイント、楽天ブックス2,000円以上の利用で200ポイントなど、比較的簡単にクリアできる条件がありますので効率よくポイントを獲得できると思います。

クレジットカード代金のコンビニ払いが可能

推奨はされていないようですが、クレジットカードの利用代金をコンビニで支払うことができます。もちろんコンビニでの支払いの際にはEdyを使って支払いをすることができますので、マイルやポイントを二重、三重に獲得することができます。

例えば、今ならキャンペーン中のため年会費が実質無料で持てる「ANA JCBワイドゴールドカード」を使ってEdyにチャージをすると、
(1)チャージをした(=クレジットカードを利用した)ことに対してマイルが付与されます。
また、(2)楽天カードの利用分についても楽天スーパーポイントが付与されますので、二重にマイルやポイントを獲得するチャンスがあるというわけです。

例として100,000円分のカード利用で計算してみると、
(1)「ANA JCBワイドゴールドカード」のOkiDokiポイントが1,000円あたり1ポイントなので、100ポイント=1,000ANAマイル分
(2)楽天スーパーポイントが100円あたり1ポイントなので、1,000ポイント=500ANAマイル
ということで、1,000+500=1,500ANAマイルを獲得できる計算になります。

もちろんEdyにチャージをするカードを変えればANAマイル以外のポイントや他社のマイルを獲得することもできます。

ちなみに管理人ジョージ滝川は現在ダブルマイルキャンペーン(1,000円あたり30マイル付与)実施中の「セゾンUAゴールドカード」を使ってチャージしたANA マイレージクラブ会員証(Edyカード)で楽天カードの支払いをするつもりでいます。

入会金、年会費無料

当サイトでは半ばお約束ではありますが、入会金、年会費は一切無料です。さらに、ポイントをANAマイルに移行する際も移行手数料は無料です。これはかなりお得感があります。

ETCカードも付帯可能

最近はほとんどのカードで同様のサービスが付帯していますが、楽天カードもETCカードを無料でつけることができますので、車に乗る方は無駄なくマイルを獲得できます。

保険が充実

見落とされがちですが、楽天カードの保険は充実しています。
特に、ネット不正利用補償制度、楽天市場利用時の商品未着補償制度がついているので、安心してネットショッピングを楽しむことができます。これは他のカードにはなかなかない特色で、お得感があります。

というわけで、この楽天カード、ANAのマイルを貯めている方はもちろん、全ての方に文句なくオススメです。
今なら通常以上にキャンペーンが優遇されていますし、維持費もかかりませんので、まだお持ちでない方は今のうちに作っておくとよいと思います。

(ご注意)
上記の記事だとANA JCBカードはEdyチャージ専用の使い方として紹介していますが、利用額のほとんどがEdyチャージの場合、最悪カードの更新を拒否されることもあるようですのでご留意下さい。

(2006/11/6修正)
Edyでクレジットカード代金を支払うことによるマイルの獲得について、記載の誤りがありましたので修正しました。

☆さらに得する情報はこちらから
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
・楽天カード


関連記事
・ANA JCBカード
・ANA JCBカード(2)
・無料でEdyカードを手に入れる
・今、一番得するマイレージ
・セゾンUAゴールドカード
・セゾンUAカード・ダブルマイルキャンペーン
・セゾンUAカード・ダブルマイルキャンペーン(2)
・ノースウエスト・ワールドパークス/ダイナースクラブカード

(money_tec)
楽天カードの続きを読む
by ジョージ滝川@マネテク at 18:51

このページのトップへ
ページトップボタン