ANAマイル還元率最強!ANA VISAカード入会キャンペーン攻略法

マネテク! > クレジットカード >
2016年01月19日

ANAマイル還元率最強!ANA VISAカード入会キャンペーン攻略法

こんばんは、現在のメインカードはANA VISAワイドゴールドカード、ANA VISA滝川@マネテク!です。

ANAマイルを貯める場合の還元率を極限まで高められる最強のANAカード、ANA VISAカードの新しい入会キャンペーンが2016年4月30日までの期間限定でスタートしていますので紹介したいと思います!



スポンサーリンク
目次
1.入会キャンペーン攻略で30,000マイル以上の陸マイルを獲得可能
 (1)入会だけで、もれなく1,000〜2,000マイル
 (2)マイペイす・リボに登録後、50万円の利用で15,000マイル
 (3)家族カードで5万円利用すると、5,000マイル
 (4)6か月以内にiDで3万円使うと2,000マイル
 (5)キャンペーン参加登録とメールマガジン登録で1,000〜2,000マイル
 (6)ANA VISA Suicaカードならさらに1,000円
 (7)ANAカードマイルプラス対象店舗での利用で500マイル
 (8)ANAカード限定オリジナルネームタグプレゼント
2.まとめ:ANA VISAカードは本当にオススメ
 (1)還元率は驚異の6.3マイル/100円!
 (2)普段使いのカードとしても最強
 (3)キャンペーンは2016年4月30日まで
 (4)各キャンペーンのエントリー条件には注意
 (5)一般カードとワイドゴールドカードで悩んだら
3.キャンペーンの詳細、申込は以下からどうぞ!

入会キャンペーン攻略で30,000マイル以上の陸マイルを獲得可能


今回もANA VISAカードの入会キャンペーンは非常に充実しています!
飛行機に乗ることで獲得できる搭乗ボーナスマイルを除いた、純粋な申し込みとクレジットカードの利用で獲得できるマイル、つまりはいわゆる「陸マイル」だけでも大量のマイルを貯めることが可能です。

具体的に獲得できる陸マイルはというと、ANA VISAカード(一般)の場合は29,500マイル、ANA VISAワイドゴールドカードの場合はなんと31,500マイルにものぼります。
これだけマイルが貯まれば、ANAの特典航空券を無料で手に入れて、国内旅行はもちろん、香港などの海外旅行も楽しめてしまいます。

大量のボーナスマイルが獲得できるキャンペーンと聞くと、条件が厳しくて条件を満たせないのではないかと不安になる方もいるかもしれません。
一部のキャンペーン項目で利用条件はあるものの、このANA VISAカードの入会キャンペーンはハードルが非常に低いのが特長です。

では、さっそく内容を見て行きたいと思います。

入会だけで、もれなく1,000〜2,000マイル


まずはおなじみの入会時ボーナスマイルです。
全員無条件でもらえます

入会時ボーナスマイルは、ANA VISAカード(一般)、およびANA VISA Suicaカードの場合は1,000マイル、ANA VISAワイドゴールドカードの場合は2,000マイルです。

マイペイす・リボに登録後、50万円の利用で15,000マイル


「マイペイす・リボ」は、クレジットカードで支払ったすべての支払いをリボ払いにする三井住友カードのサービスです。
このマイペイす・リボに登録後、ANAカードを50万円分利用すると15,000マイルが獲得できます。

陸マイラー的な観点から言うと、リボ払いにすることでクレジットカード利用によるポイントを2倍にすることができるため、効率的にマイルを貯めるためには必須のテクニックなので必ず申し込むべきです。
しかも、副次的な効果として年会費が割引になる、というメリットもあります

また、リボ払いではありますが、「マイ・ペイすリボ」の場合、好きな時にインターネットで繰上返済をすることが可能ですし、手数料を払わないことも可能ですのでご安心ください。

利用金額のバーは5か月間で50万円ですが、この手のキャンペーンとしてはかなり低いハードルだと思います。
さらに、過去のこの手のキャンペーンは獲得マイル10,000マイルが上限だったのですが、今回のキャンペーンは15,000マイルというところもお得感があります。

なお、もし5か月間の利用金額が50万円に満たなかった場合でも、10万円を達成していれば8,000マイルがもらえる点もうれしいところです。

(過去記事)
・ANAカード+マイ・ペイすリボで大量のマイルが貯まる仕組み

なお、このボーナスマイル項目はANAカード発行後に個別のキャンペーン登録が必要ですので注意してください。

(キャンペーン申込)
・ANAカード新規ご入会者限定 もれなく最大22500マイル相当がもらえる!ANAカードリボ払いご利用キャンペーン|クレジットカードの三井住友VISAカード

家族カードで5万円利用すると、5,000マイル


5か月間のキャンペーン期間内に家族カードを作って5万円利用すると5,000マイルがもらえるというなんともおいしいキャンペーンです。

私の場合も、家の支出を私のANAマイルに集中させるため妻には家族カードを使ってもらっていますが、正直、普段のスーパーでの買い物等で使うだけでも5万円は楽勝です。

ちなみに、家族カードは同居していなくても、配偶者でなくても作れます
つまり、独身でも作れる、という点がミソです。

(過去記事)
・家族カードは別居の両親の分も作れる?

このボーナスマイル項目も、ANAカード発行後に個別のキャンペーン登録が必要です。

(キャンペーン申込)
・もれなく最大7500マイル相当がもらえる!ANA家族カードご入会キャンペーン|クレジットカードの三井住友VISAカード

5か月以内にiDで3万円使うと2,000マイル


ポストペイ(事前チャージ不要)の電子マネー「iD」の利用で2,000マイルのボーナスマイルがもらえます。
なお、以前はANA VISAカードにはiDが搭載されていなかったので申し込むと専用カードが別に発行されていましたが、現在はANA VISAカード自体にiDが搭載された一体型になっています。
財布をスリムに保てていいですね!

ちなみに私もANA VISAワイドゴールドカードに紐ついたiDをガンガン利用していますが、最近は複数の電子マネーに対応した機器が増えているせいか結構使う機会が増えてきています。

iDを利用する場所というとコンビニやマクドナルドのような比較的少額の決済をするお店が多いので3万円を利用するのがなかなか難しいそうに感じるかもしれません。
しかし、実は下記リンク先の通り、意外と利用できる店が多いです。
このキャンペーンは「iDが利用できる店では極力iDを利用することを心がける」ことで十分達成は可能です。

(参考リンク)
・「iD」が使える主なお店 - 「iD」ってどこで使えるの?|ドコモの「iD」

このボーナスマイル項目も、ANAカード発行後に個別のキャンペーン登録が必要です。

(キャンペーン申込)
・ANAカード新規ご入会者限定 もれなく最大3000マイル相当がもらえる!ANAカード「iD」ご利用キャンペーン|クレジットカードの三井住友VISAカード

キャンペーン参加登録とメールマガジン登録で1,000〜2,000マイル


さらに、キャンペーンへの参加登録と、ANAからのメールマガジン(PC用)の受け取り登録をすることで1,000〜2,000マイルを獲得できます。
キャンペーンへの参加登録は、ANA SKY WEBから簡単に行うことができます。

(キャンペーン申込)
・ANAカード入会キャンペーン2016 今なら最大20,000マイル│ANAマイレージクラブ

ANA VISA Suicaカードならさらに1,000円


ANA VISA Suicaカードなら、Suicaのオートチャージで1万円以上をチャージすると、1,000円分のSuicaがもらえます。
私もオートチャージを愛用していますが、めちゃくちゃ便利です。
よく仕事中に上司や同僚と一緒に移動していると、自動改札でチャージが足りなくて同行者を待たせる、というような事態をよく見かけますが、オートチャージならそういったことは発生しません。

なお、このように優遇されているANA VISA Suicaカードですが、家族カードが存在しないため、前述の家族カードによるボーナスマイルは対象外となります。

ANAカードマイルプラス対象店舗での利用で500マイル


ANAカードマイルプラス加盟店でANAカードを合計5,000円(税込)以上利用すると、500マイルがもらえます。
ANAカードマイルプラス加盟店はめちゃくちゃたくさんあるうえ、クレジットカード利用の際には意識することなくマイルが貯まるため、気がついたら達成している可能性すらあります(笑)。

(参考リンク)
・ANAカードマイルプラスで貯める│ANAカードで貯める│マイルを貯める│ANAマイレージクラブ

ANAカード限定オリジナルネームタグプレゼント


利用期間内にANAカードを合計5,000円(税込)以上利用すると、ANAカード限定のオリジナルネームタグがもらえます。
何気にいい感じで、これ欲しいです(笑)。

ANAカード限定オリジナルネームタグプレゼント

こちらも個別にキャンペーン登録が必要となります。

(キャンペーン申込)
・ANAカード新規ご入会者限定「ANA CARD」限定オリジナルネームタグプレゼントキャンペーン!|クレジットカードの三井住友VISAカード

まとめ:ANA VISAカードは本当にオススメ


ここまで見てきた通り、入会後6か月間で50万円を利用し、うち5万円を家族カードで、3万円をiDで、とすれば、クレジットカード利用額50万円で利用ボーナスマイルだけでもまずは22,000マイルを獲得可能ということになります。

さらに入会ボーナスマイルが一般カード1,000マイル/ワイドゴールドカード2,000マイル、キャンペーン/メルマガ登録でも一般カード1,000マイル/ワイドゴールドカード2,000マイル、ANAカードマイルプラスの利用で500マイル、加えて通常のクレジットカード利用マイルが100円1マイル換算で計算したとしても5,000マイル貯まります。

つまり、いわゆる陸マイルとして獲得できるマイルだけでも、合計で一般カード29,500マイル、ワイドゴールドカード31,500マイル、ANA VISA Suicaカード24,500マイルが獲得できることになります。

項目一般ゴールドSuica
入会ボーナスマイル1,000マイル2,000マイル1,000マイル
リボ登録/50万円利用15,000マイル15,000マイル15,000マイル
家族カード5万円利用5,000マイル5,000マイル-
iD3万円利用2,000マイル2,000マイル2,000マイル
キャンペーン登録1,000マイル2,000マイル1,000マイル
ANA VISA Suica--1,000円
ANAカードマイルプラス500マイル500マイル500マイル
カード利用(50万円)5,000マイル5,000マイル5,000マイル
陸マイル合計29,500マイル31,500マイル24,500マイル
還元率5.90%6.30%4.90%
国内線搭乗500マイル1,500マイル500マイル
国際線搭乗1,500マイル3,000マイル1,500マイル
総合計31,500マイル36,000マイル26,500マイル

なお、飛行機に乗ることで獲得可能な搭乗ボーナスマイルは上の表にもある通りで、これらのボーナスマイルを合わせた総獲得マイル数は一般カード31,500マイル、ワイドゴールドカード36,000マイル、そしてANA VISA Suicaカード26,500マイル、となります。

還元率は驚異の6.3マイル/100円!


陸マイルだけを考えた場合の還元率は、上記の通り100円あたり5.9〜6.3マイルという驚異の還元率になります。
何も考えずにANAカードを使った場合還元率が100円あたり1マイルであることを考えると、なんと5.9〜6.3倍(!)という大盤振る舞いなわけですから、これは相当お得なキャンペーンです。

一般カードの場合は初年度年会費無料なので、ANAのマイルを貯めている方でANA VISAカードをお持ちでない方は、とりあえず入会して10万円だけでも利用してみると、相当おいしい思いができそうです。

普段使いのカードとしても最強


また、ANA VISAカードは私がメインカードとして使い倒していることからもお分かりの通り、キャンペーンを抜きにした普段使いのカードとしても最強です。

通常のANAカードは100円のクレジットカード利用あたりの獲得マイルは1マイルですが、ANA VISAカードの場合、ちょっとしたテクニックを使うと、一般カードで最大1.58マイル/100円、ワイドゴールドカードだと最大1.71マイル/100円にもなります。

入会キャンペーンの爆発力だけでなく、通常時の還元率も優秀な、メインカードとして使える本当にオススメのカードです。
ぜひ検討してみてください。

(過去記事)
・ANAカード最強!ANA VISAワイドゴールドカードの還元率は100円あたり1.71マイル!

キャンペーンは2016年4月30日まで


こちらのキャンペーンは、2016年4月30日までの申し込みが対象です。
正直、このキャンペーンはいつまでも続くとは思えない非常に条件のいいキャンペーンだと思いますので、迷わず申し込むことをオススメします!

各キャンペーンのエントリー条件には注意


なお、注意点として、各キャンペーン項目の部分でも記載している通り、各キャンペーン項目は個別にキャンペーンへの登録が必要なものが多くあります
忘れないようご注意ください。
ただ、キャンペーン登録をうっかり忘れた場合でも、いくら以上利用、といった条件に関してはキャンペーン登録前の利用も基本的には計上対象となりますのでご安心ください。

一般カードとワイドゴールドカードで悩んだら


また、ANA VISAカード(一般)とANA VISAワイドゴールドカード、どちらを持つべきか、と悩む場合もあるかと思います。
私自身もANA VISAワイドゴールドカードをメインカードとして愛用しています。
ANA VISAワイドゴールドカードは年会費は一般カードよりも高いですが、クレジットカードの利用で獲得したワールドプレゼントポイントをANAマイルに移行(交換)する際の手数料が無料だったり、子どもの分も旅行保険がついてきたりと様々なメリットがあります。

年間300万円以上のクレジットカード決済がある方であれば間違いなくANA VISAワイドゴールドカードがオススメですし、決済額がそれ以下でも前述のような付帯メリットに価値を感じることができるのであればオススメです。

詳しくは、過去記事も参照してみてください。

(過去記事)
・ANA VISAカード、お得なのはゴールド?一般?利用額別比較結果:マネテク!

ANA VISA一般カード

ANA VISAワイドゴールドカード

ANA VISA Suicaカード

キャンペーンの詳細、申込は以下からどうぞ!


今回紹介した入会キャンペーンの詳細確認、および申込は下記をご覧ください!
・ANA VISAカード入会キャンペーン


(by ジョージ滝川)


スポンサーリンク

前の記事前の記事: ANAVISAカードリボ払い繰上返済の申込ページにたどり着く方法
次の記事次の記事: PASMOでJRのグリーン車に乗れる?

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 06:10 │ Comments(0) TrackBack(0) クレジットカード  
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...