今、一番得するマイレージ2.1(8)「メインとなるクレジットカード選び(4)」

マネテク! > マイレージ >
2008年11月25日

今、一番得するマイレージ2.1(8)「メインとなるクレジットカード選び(4)」

※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・今、一番得するマイレージ2.1(8)「メインとなるクレジットカード選び(4)」

こんばんは、マイレージ・クレジットカード好きのジョージ滝川です。

このブログでは、これまでに何度か、「今、一番得するマイレージ」というタイトルで、連載記事としてマイレージ獲得の基本戦略について、管理人なりの考えを紹介してきました。

一方で、マイレージやポイントプログラムの世界は相次ぐ改悪など、めまぐるしく制度が変わっており、情報としては古くなってしまった面があることは否めません(前回の改訂から今回の改訂までは4ヶ月足らずですが…)。
というわけで、最新版にアップデートした内容を、数回に分けて連載記事として紹介したいと思います。

なお、この連載の内容は、全回の内容を1つのpdfファイルにまとめ、無料レポートとして公開しています。
pdfファイルでまとめて読みたい、という方は、このページの上部、または右上にある請求フォームからダウンロードURLを請求してください。

さらに得するマイレージ・クレジットカード情報をblogランキングでチェック

スポンサーリンク
(2.メインとなるクレジットカード選び つづき)

(2)マイレージ・プラス《セゾン》カード

次に、マイレージ・プラス《セゾン》カード+ライフカードです。
この選択肢が向く人は、こんなタイプの人です。

・マイルは欲しいが手間はかけたくない
・特典旅行は海外に行きたい
・マイペースで有効期限を気にせずマイルを貯めたい


この選択肢では、マイレージ・プラス《セゾン》カードをメインで使用するクレジットカードに据えます。というか、このカードしか使いません。
マイレージ・プラス《セゾン》カードは、以前は著者もメインカードとして使い倒した経験を持っているカードですが、UA(ユナイテッド航空)のマイルを獲得することができます。

まず、基本的なスペックは以下の通りです。

・マイレージ・プラス《セゾン》カード
  http://link.moneytec.net/saisonua.html
・年会費:1,575円
・マイル移行手数料:不要(移行しなくても直接マイルが貯まります)
・マイル移行レート:1,000円利用で5UAマイル
※マイルアップメンバーズ申込みで15UAマイル
・締め日:毎月10日
・引落日:毎月5日(5日が金融機関休業日の場合は翌営業日)
・入会ボーナスマイル:なし(以前、2,500UAマイルがもらえるキャンペーンがありました)

ポイントとしては、マイルアップメンバーズ(年会費 5,250円)に申し込むことで、いきなり1,000円15マイルの高還元を実現できることです。

また、とにかくメインのカードを使っていくだけで、移行の手続きすら不要なため、シンプルで分かりやすいと思います。

ところで、昨今の原油高の影響で、国際線の燃油サーチャージも高騰しています。航空会社にもよりますが、ヨーロッパなどに行こうものなら、高ければ6万円程度もの燃油サーチャージがかかってきます。

そして、ANAやJALといった日系の航空会社の場合、マイルを貯めて獲得した特典無料航空券でも容赦なく燃油サーチャージを徴収されるため、無料で海外、というのは現実的に不可能となるわけです。

一方、UAやNWといった米系の航空会社の場合、特典無料航空券については原則として燃油サーチャージは不要(あるいは低額)です。
こんなところにもUAのマイルを貯めるメリットがあると思います。

また、特典航空券を利用して国内線で2区間を乗り継ぐ場合も、UAの場合はちょっと有利な点があります。

ANAやJAL、NWの場合は2区間の乗り継ぎ、例えば札幌〜羽田〜沖縄、といった特典航空券は2区間として2区間分のマイルが必要となりますが、UAの場合は乗り継ぎがあっても1区間分のマイルで特典航空券を発券することができるのです。

ということで最近は、特典無料航空券で海外に行こうと考えている場合、それから国内線でも乗り継ぎを意識する場合は、米系の航空会社のマイレージプログラム、特にUAでマイルを貯めた方がよいのではないか、と考えています。

また、このカードの隠れた長所として、海外/国内旅行時の傷害保険が手厚いことがあげられます。

その金額は、最大で3,000万円と必要十分です。ちなみに、ANAカードの場合は最大1,000万円となります。

そしてこのカード、さらにオススメできるポイントがあります。
それは、Edy/モバイルSuicaチャージでのマイル付与がされる貴重なカードだということです。

通常のセゾンカードで獲得できる「永久不滅ポイント」は、Edy/モバイルSuicaチャージでのポイント付与対象外なのですが、このカードでは永久不滅ポイントをマイルに移行するわけではなく直接マイルが貯まるため、付与対象外とならないようです。

このため、あらゆる局面にこのカード1枚で対応できる、ということが言えると思います。

というわけで2つの選択肢を紹介しましたが、実は現時点で管理人が実践しているのは選択肢にないANA eLIOカードです。
このカードは既に新規募集が停止されており、カード自体のサービスもなくなることが決まっています。

そこで、これからの選択肢、という意味で考えると、著者にとっては原点回帰ということになるのですが、正直マイレージ・プラス《セゾン》カードがベストチョイスかなぁ、と思ったりしています。

※追記
セゾンカードより以下の通り改悪のアナウンスが出ています…。
Edyチャージをするのであれば、SonyCardなど、Edyチャージでポイントが獲得できるカードを用意する必要があります。

「Edy」チャージご利用分のマイル加算終了のお知らせ

2009年1月ご請求分(2008年11月30日(日)ご利用締め分)をもちまして、以下カードでの「Edy」チャージご利用分のショッピングマイル加算を終了させていただきます。

■マイレージ・プラス《セゾン》ゴールドカード
■マイレージ・プラス《セゾン》カード
■マイレージ・プラス《セゾン》カレッジカード

なお、「Edy」チャージには引き続きマイレージ・プラス《セゾン》カードをご利用いただけます。
今後ともマイレージ・プラス《セゾン》カードをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

メールマガジン「週刊マイレージニュースヘッドライン」配信中!
無料購読の申込・解除はこちらから → まぐまぐ melma! 独自配信
※まぐまぐやmelmaからのメールが不要な方は「独自配信」での登録をオススメします。

さらに得するマイレージ・クレジットカード情報をblogランキングでチェック
人気blogランキングに参加中。1日1クリックの応援お願いします!

関連リンク
・マイレージ・プラス《セゾン》カード

関連記事
※後続記事は公開まではリンクをクリックしても表示されません。
・今、一番得するマイレージ2.1(1)「マイレージとは」
・今、一番得するマイレージ2.1(2)「まずは主要4プログラムに加入する」
・今、一番得するマイレージ2.1(3)「メインで貯める航空会社を決める」
・今、一番得するマイレージ2.1(4)「クレジットカードの利用を増やしてマイルを獲得する」
・今、一番得するマイレージ2.1(5)「メインとなるクレジットカード選び(1)」
・今、一番得するマイレージ2.1(6)「メインとなるクレジットカード選び(2)」
・今、一番得するマイレージ2.1(7)「メインとなるクレジットカード選び(3)」
・今、一番得するマイレージ2.1(8)「メインとなるクレジットカード選び(4)」
・今、一番得するマイレージ2.1(9)「さらに得するためのクレジットカード選び」
・今、一番得するマイレージ2.1(10)「クレジットカードの入会ボーナスマイル」
・今、一番得するマイレージ2.1(11)「Edyの活用 」
・今、一番得するマイレージ2.1(12)「最後に 」

(money_tec)

スポンサーリンク

前の記事前の記事: TSUTAYA DISCASでTポイントが使用可能に&プラン変更
次の記事次の記事: 格安航空券の底値推移(2008年11月調査・パリ)

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 17:59 │ Comments(0) TrackBack(0) マイレージ  
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...