机に突っ伏して寝ると起きたときにゲップが出るのはなぜか?

マネテク! > 雑記 >
2011年01月19日

机に突っ伏して寝ると起きたときにゲップが出るのはなぜか?

こんばんは、中学生くらいから学校の授業中によく居眠りをするようになった、スリープ滝川です。

当時はやる気の問題だと思っていましたが、就職後に症状が悪化したために専門の病院に入院して検査を受けた結果、病気と診断されました(涙)。

で、授業中に居眠りする時は、こっそりと見つからないようにする、のではなく、完全に机に突っ伏して寝ていたのですが(今思うと先生に対して失礼ですね…)、居眠りを終えて目が覚めると、ものすごくゲップがしたくなっていることがよくありました。

スポンサーリンク

この現象、その後の高校時代や大学時代には、さらに頻度が高くなっていきました(単純に居眠りの頻度が高くなっただけかもしれませんが…)。

しかし、周囲の友人などに同意を求めても全く同意が得られず、挙げ句の果てには病気なんじゃないの?とまで言われる始末。

また、当時、インターネットで同様の悩みを持っている人はいないかと検索しても、このような話は全然見つけられませんでした。

以来、ゲップを繰り返しながらも特に他人にこの話をすることはなかったのですが、最近ふと思い立ってインターネットで検索したところ、ついに見つけました。

結論としては、机に突っ伏して寝ると胃の中に空気が貯まりやすくなるから、ということのようです。
ごはんを食べるとき、食べ物と一緒に空気も胃の中に入っていく。この空気は通常、胃の動きによって胃腸に送られて、オナラとして排出される。ところが、机にうつぶせて寝ると、おなかが机によって圧迫され、腸に空気が行きにくくなる。そのため、胃の中に空気が溜まったままになり、口からゲップとして出ていく、というのが基本的なメカニズムのようだ。
・机にうつぶせて寝ると、ゲップがたまるのはなぜか(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース

最近は机に突っ伏して寝るのは飲み会で飲み過ぎた翌日の昼休みくらいなので、なかなかこの手のゲップをする機会もなくなりましたが、病気でないようでよかったです(笑)。
 

スポンサーリンク

前の記事前の記事: 蒟蒻ソイヌードル
次の記事次の記事: facebookで複数のファンページを作成する方法

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 11:31 │ Comments(0) TrackBack(0) 雑記  
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
ページトップボタン