2010年の読書

マネテク! > 読書 >
2011年02月15日

2010年の読書

※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・2010年の読書

こんばんは、読書ブログ「〜マイレージ・クレジットカード〜 マネーテクニック!」の管理人、ジョージ滝川です(笑)。

昨年のうちに書いていたものの、下書き状態で埋もれていた記事を発掘しましたので公開しておこうと思います。
モノを捨てないこの姿勢、エコですね(笑)!


スポンサーリンク

もともと読書は好きな方ですが、今年は結構本を読んだ年だったと思います。半分以上は図書館で借りた本でした。

やはり職場の最寄り駅前に遅くまで開館している図書館があるのと、自宅も図書館の近くに引っ越したのが大きいと思います。
あとはやはりインターネットで簡単に予約ができる環境が整っていることが、図書館でたくさんの本を借りることができた要因だと思います。

とはいえ、読んだ本のことは、正直あまり覚えていません(笑)。

最近読んだ本だと、ホリエモンこと堀江貴文氏の「拝金」がけっこう面白かったです。

主人公を通してさりげなく問題提起がされているのですが、テレビ局の電波の問題や記者クラブという閉鎖的な組織の問題点等、いろいろと勉強になり、また考えさせられる本でした。

ちなみにテレビ局の電波の問題とは、外国では公共の電波を利用して放送を行う権利はオークションで落札されている一方で、日本では既得権益が守られているため実質的な新規参入が不可能な状態になっており、かつ諸外国と比べるとかなり安い電波使用料しか支払われていない、という問題です。

自由化をして新規参入を促したら国費も潤うと思のですが、なぜやらないのでしょうか?
なんて、最近いっちょまえに日本の経済や政治にも問題意識を持っています。

いろいろな本を読んで、見識を深めたいですね!
っと強引なまとめですみません(笑)。
でも、読書はオススメです!

スポンサーリンク

前の記事前の記事: メルマガ読者が3,000人を突破
次の記事次の記事: インデックス投資のアセットアロケーション

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 11:03 │ Comments(0) TrackBack(0) 読書  
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
ページトップボタン