効率的フロンティアを求めて

マネテク! > 投資信託 >
2011年03月08日

効率的フロンティアを求めて

※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・効率的フロンティアを求めて

こんばんは、自称インデックスブロガーの、インデックス滝川@〜マイレージ・クレジットカード〜 マネーテクニック!です。

さっそくですが、効率的フロンティアを知っていますか?
効率的フロンティアとは - MBA用語 Weblio辞書

株式投資に伴うリスクとリターンの関係において、所与のリスクで最大のリターンを提供するポートフォリオをプロットした曲線。
2つの株式を組み合わせてポートフォリオを形成すると、2つの株式のリターンはそれぞれのリターンの加重平均値になるが、リスクは2つの株式の加重平均値よりも小さくなる(リスク低減効果)。この考え方を応用し、複数の株式をポートフォリオに組み込んだ場合に得られるリスクとリターンの分布の、上縁部の線上がこの効率的フロンティアである。
効率的フロンティア

スポンサーリンク

複数の資産を組み合わせることで、同じリターンが期待される場合でもリスクを低減させることができるのは何となくイメージできると思いますが、これを数学的にグラフ化し、もっとも効率的な組み合わせを結んだのが効率的フロンティア、ということになります。

一言で言えば、「最も効率的なアセットアロケーション」ということです。

ということで、前回作成したアセットアロケーション(目標)のリスクとリターンがどうなっているのか、言い換えれば、効率的フロンティアにいるのか、投資効率を計算してみたいと思います。

・インデックス投資のアセットアロケーション

計算にあたっては、インプットとなるデータとして、各資産クラスごとのリスクとリターンが必要となります。
例えば、
・国内債券のリスクは3.2%、リターンは3.9%
・外国不動産のリスクは22.3%、リターンは7.4%
といった具合です。

ただ、このようなデータを収集した上で計算をして、効率的フロンティア上にいるのかどうかを求める、というのは非常に手間がかかります。

と思っていたところ、簡単にアセットアロケーションのリスクとリターンを算出してくれるサイトがありました。

・アセットアロケーション分析 〜 投資信託のガイド|ファンドの海

このサイトで、それぞれの資産クラスへの投資配分を入力するだけで、そのアセットアロケーションのリスクとリターンを計算し、グラフ上に表示してくれます。

こんな感じで結果が表示されます。

アセットアロケーション分析結果
いろいろなアセットアロケーションを試してみましたが、なかなか効率的フロンティア上に持って行くのは難しいです。

それからもう一つ、インデックス投資に興味があるなら押さえておきたいサイトがあります。

・ETF・インデックスファンドなら!『わたしのインデックス』

こちらのサイトも、自分のアセットアロケーションを登録しておく機能があり、効率的フロンティアのグラフ表示も可能です。

myINDEX01

myINDEX02

そしてさらに、実際に過去、自分のアセットアロケーションで運用をしていたらどうなっていたか、というシミュレーションができます。
いわば、バックテストですね。
これは非常に楽しいです。

myINDEX03

myINDEX04

myINDEX05

myINDEX06

myINDEX07

myINDEX08

myINDEX09

myINDEX10

というわけで、一緒に効率的フロンティアを目指して旅に出る仲間を募集中です。
ぜひ一緒に旅立ちましょう!

スポンサーリンク

前の記事前の記事: ANA AMEXカードの入会キャンペーンでゴールドカードならなんと36,500マイル以上を獲得可能!(アメリカン・エキスプレス)
次の記事次の記事: マイレージニュースヘッドライン(3/12 第157号「東北地方太平洋沖地震関連情報」)

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 11:24 │ Comments(0) TrackBack(0) 投資信託  
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
ページトップボタン