還元率重視なら、漢方スタイルクラブカード

マネテク! > クレジットカード >
2012年04月13日

還元率重視なら、漢方スタイルクラブカード

こんばんは、ジョージ滝川@〜マイレージ・クレジットカード〜 マネーテクニック!です。

今回は、漢方スタイルクラブカードを紹介したいと思います。

このカード、以前から気になっていたのですが、
とにかく還元率重視のスペックとなっているため、
ANAマイルを貯めるうえでも有力な選択肢の一つとなります。

スポンサーリンク

では、さっそく詳しく見て行きましょう。

基本スペック

還元率


漢方スタイルクラブカードの最大の特長は、なんといってもその還元率です。
具体的には以下の通りです。

・クレジットカード利用額2,000円ごとに7ポイント付与

なお、毎月の請求額の合計に対して2,000円ごとに7ポイントが付与される仕組みです。
また、リボ払いを利用するとクレジットカード利用額2,000円ごとに9ポイントが獲得できますが、
リボ払い手数料がかかるため、メリットはありません。

では、この2,000円ごとに7ポイント、というポイントが、
ANAマイルに移行した場合、およびその他の場合も含め、
どれくらいの価値があるものなのかを見て行きたいと思います。
ANAマイルへの移行
獲得したポイントは、ANAマイルへ移行する場合、
1ポイントあたり3ANAマイルに移行することができます
ボーナスポイントを考慮せずに単純計算すると、
クレジットカード利用額100円あたり1.05ANAマイルという計算になりますので、
実は一般的なANAカード(100円あたり1ANAマイル)よりも還元率がよいということになります。

しかも、漢方スタイルクラブカードの場合、
ANAカードでは年間で2,100円〜6,300円程度かかる移行手数料が無料ですので、
ANAカードと比べるとさらにお得感があります。
Jデポジットによる現金値引
ANAマイルへの移行以外にも、Jデポジットによる現金値引という選択肢もあり、
こちらもなかなかお得です。
Jデポジットというのは、Jデポジットに移行したポイント分の金額を
クレジットカード利用による請求額から差し引いてくれるという、
いわば現金値引きサービスです。

Jデポジットの移行レートとしては、500ポイントで2,500円分の値引きとなりますので、
金額ベースで還元率を計算すると、(2,500÷500)÷(2,000÷7)=1.75%になります。

このJデポジットを言い換えれば、
漢方スタイルクラブカードを使えば何を買っても1.75%引き、ということです。
そう考えると、これはかなりお得なサービスだと言えます。
ポイント移行の使い勝手
ANAマイルへの移行、Jデポジットによる現金値引き、
ともに、ポイント移行の申込みをする必要があります。
逆の見方をすれば、必要な分だけANAマイルに移行し、
残りはJデポジットに移行して現金値引きに使用する、といったように、
柔軟なポイントの使い方をすることが可能です。
特に、前述の通り、ANAマイルへの移行手数料が無料となっているため、
ポイント移行の使い勝手は非常にいいと思います。
なお、ポイントの有効期限は獲得から2年間です。

ボーナスポイント


毎年1月〜12月の利用額に応じてボーナスポイントが付与されます。

年間約580,000円の利用で250ポイント、
年間約1,000,000円の利用で500ポイントですから、
1,000,000円で計算すると、
通常ポイントが3,500ポイント、ボーナスポイントが500ポイントで
合計4,000ポイントが獲得できる計算になります。

4,000ポイントは12,000ANAマイルに交換できますから、
100円あたりで計算すると1.2マイル
1マイル2円で計算すると、還元率は2.4%にもなります。

通常のANAカード(一般カード)は、
最も還元率の高いANA VISA(Suica)カードのマイペ繰上返済併用のV3という最強状態で
100円あたり1.3マイルですが、移行手数料が6,300円かかりますので、
前述の通り、移行手数料がかからないことを考えると、
ANAカードと比べても勝るとも劣らない還元率だと言えます。

年会費


初年度年会費は無料です。
2年目以降は1,575円の年会費がかかってきますが、
還元率が高いので、十分回収できる年会費です。

入会キャンペーン


今なら入会キャンペーンが実施されていて、
入会後3か月間のクレジットカード利用額に応じて、
最大5,000円
分のJデポがもらえます。
といっても、3か月で10万円の利用があれば5,000円分のJデポがもらえますので、
ハードルはめちゃくちゃ低いです

というわけで、正直、還元率を追求するのであれば、
Jデポでの現金値引きを狙う場合はもちろん、
コストをかけずにANAマイルを貯めたいという場合も、
最良の選択肢となる最強カードだと思います。

まとめ

・移行手数料なしで100円1.2マイルは超お得
・何を買っても1.75%引きのJデポも超お得
というわけで、漢方スタイルクラブカード、オススメです!



※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・還元率重視なら、漢方スタイルクラブカード

スポンサーリンク

前の記事前の記事: ANA AMEXの入会キャンペーンで大量マイルを獲得する3つのステップ(2012年4月版)
次の記事次の記事: マイレージ・プラスJCBゴールドカードが最強な3つの理由

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 00:14 │ Comments(0) クレジットカード  
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
ページトップボタン