アメリカの朝マックが食べたい!

マネテク! > その他 >
2012年07月03日

アメリカの朝マックが食べたい!

こんばんは、マック大好き、
マッキントッシュ滝川@〜マイレージ・クレジットカード〜 マネーテクニック!です。

あ、すみません、マッキントッシュではなくてマクドナルドの方でした(笑)。
このブログ、なぜかマクドナルドのネタが多くないですか?
マイレージ、クレジットカード、旅行、あとは、スイーツ(笑)?に続く、
ブログの柱となりつつあります(おおげさ)。

というわけで、アメリカの朝マックについての記事を紹介したいと思います。

McDonalds Prosperity Beef Wrap
McDonalds Prosperity Beef Wrap / ashengrove

スポンサーリンク

・【レポート】アメリカの「朝マック」がいろんな意味ですごすぎる | ライフ | マイナビニュース
アメリカの「朝マック」がいろんな意味ですごすぎる

ホットドッグやマフィン、パンケーキに加え、甘じょっぱい「マックグリドル」など、様々な朝食メニューを展開する「マクドナルド」。本国アメリカではどのような「朝マック」メニューを出しているのだろうか。ということで早速店舗に行ってみた。……アメリカといってもハワイだけど。

まず驚くのが米飯メニューの存在。「Local Breakfast Platters」として3品あり、スパムや玉子、ポルトガルソーセージがごはんに添えられている。ポルトガルソーセージは一見するとパティのようだが、粗挽きソーセージの大きい版、といった感じ。これが3枚と玉子、ごはんのセットで$3.89。ドリンクは別。今回はせっかくだしということで、ボリューミーな「Local Deluxe Breakfast」($4.99)をオーダー。ポルトガルソーセージ3枚にスパム2枚、玉子、そしてごはんのセットだ。

あとは、「Big Breakfast Platters」($5.39)も注文。こちらはパンケーキ3枚にスコーン、ハッシュドポテト、ポルトガルソーセージ、玉子がワンプレートになっている。何がビックリって、別添えになっているメープルソースの容器がやたら大きいこと。50ccは入っていそうなビッグサイズ。
日常的にこれを食べるのはしんどそうですが(笑)、
たまに食べるのはありかも、と思ってしまいました。

記事にもあるように、米飯など、メニューの幅が広いのがいいですね。
そして、ぐしゃっとなった感じもアメリカっぽいですね(笑)!

将来的にハワイに移住して、週に一度はのんびり朝マック、
なんて妄想をちょっとだけしてみました(笑)。

(関連過去記事)
・マクドナルド、5月から新メニュー!250円のセットも
・ポンパレで、マクドナルドの500円マックカードがなんと100円!
・マクドナルド「トクするケータイクーポン」

スポンサーリンク

前の記事前の記事: スカイマークを厳重注意
次の記事次の記事: 理想の飛行機とは?

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 10:59 │ Comments(0) TrackBack(0) その他  
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
ページトップボタン