放射線で牛生レバーを殺菌?!

マネテク! > その他 >
2012年08月08日

放射線で牛生レバーを殺菌?!

こんばんは、レバ刺し大好き、
生レバー滝川@〜マイレージ・クレジットカード〜 マネーテクニック!です。

残念ながらレバ刺しは規制により食べられなくなってしまいましたが、
放射線の照射によりレバ刺しが食べられるようになるかもしれません。

炭火焼・ホルモン焼 太郎
炭火焼・ホルモン焼 太郎 / ColdSleeper

スポンサーリンク

・放射線で生の牛レバー殺菌 厚労省が研究班設置へ - 中国新聞
放射線で生の牛レバー殺菌 厚労省が研究班設置へ

 腸管出血性大腸菌O157などによる食中毒の恐れがあるとして7月1日から提供・販売が禁止された生の牛レバー(肝臓)について、厚生労働省は27日、研究班を設置し、放射線照射による殺菌効果を確認する研究に乗り出すことを決めた。

 研究班は年内にも研究に着手。殺菌の有効性や人体への安全性が確かめられれば、厚労省は実用化が可能か検討を始めるとみられる。しかし消費者の反発も予想され、実用化をめぐっては賛否が分かれそうだ。

 研究期間は1年の見込みだが、実用化のめどを判断するには多くのデータを蓄積したりする必要があり、さらに数年程度かかる見通し。

 実用化に踏み切る場合は厚労省の審議会や内閣府の食品安全委員会でも議論し、意見公募も実施。妥当と判断されれば食品衛生法に基づく規格基準を変更する。

 世界保健機関(WHO)は放射線を照射した食品を食べても健康に影響はないとしている。海外では香辛料や穀物、果実、魚介類、肉類などの殺菌や殺虫などの目的で約30カ国で実用化されている。

 日本では現在、発芽防止目的のジャガイモだけが照射を認められている。
放射線と聞くと、それだけでなんだか有害なもののように思えてしまいますが、
医療や食品等でも使用されている通り、要は使い方次第なのかもしれません。

放射線で殺菌がされる原理自体がよく分かりませんが、
そのレバーを食べる人間に対する影響について、よくよく確認してほしいと思います。

それにしても、放射線による殺菌処理をしたレバーのみ生食可、という規制になったら、
消費者はどういう選択をするんですかね。
また、コスト面でどの程度の上乗せが必要になってくるのか、という点にも興味があります。

スポンサーリンク

前の記事前の記事: アメリカン航空がUSエアウェイズと合併?
次の記事次の記事: 関空のLCC専用ターミナルは施設使用料が4割安!

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 10:27 │ Comments(0) その他  
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
ページトップボタン