地下大深度の「都心直結線」で羽田空港〜成田空港が直結

マネテク! > ニュース >
2012年10月08日

地下大深度の「都心直結線」で羽田空港〜成田空港が直結

こんばんは、鉄道大好き、
レイルウェイ滝川@〜マイレージ・クレジットカード〜 マネーテクニック!です。

個人的には、以前から成田空港〜羽田空港の
アクセス改善が必要だと思っています。
現在も一応、京急〜都営浅草線〜京成という形での
直通列車は運行されているものの、
非常に時間がかかることもあって実際に成田空港〜羽田空港間で
利用している乗客はかなり少ないのではないかと思います。

ということで、用地買収のいらない地下大深度を利用する形で
「都心直結線」を建設し、成田空港〜羽田空港間の所要時間を
短縮する、というニュースです。

Narita Express
Narita Express / Hyougushi

スポンサーリンク

・羽田−東京−成田空港 地下40メートルの大深度地下鉄が走る 「都心直結線」構想で検討 - MSN産経ニュース
羽田−東京−成田空港 地下40メートルの大深度地下鉄が走る 「都心直結線」構想で検討

国土交通省が平成25年度予算概算要求で地質調査費を計上した東京駅と羽田、成田両空港を結ぶ新線「都心直結線」構想で、地下40メートルより深い部分にトンネルを掘る「大深度地下方式」を地下鉄で初めて採用する方向で検討に入ったことが5日、国交省関係者への取材で分かった。

国交省によると、新線構想は、東京の東側を走る都営地下鉄浅草線の押上−泉岳寺駅間と並行する形で地下深くに約11キロの新線を建設。地下40メートル以深なら公共物を建設しても地上の権利が及ばない大深度地下使用法を適用し、カーブ区間の少ない高速鉄道とする。

最高速度100キロ以上を想定しているが、将来的には在来線最速の時速160キロ運転も視野に検討する。

JR東京駅丸の内口の大深度地下に新東京駅を設置。成田空港へは現行より17〜19分早い36分で結ぶ。羽田空港へも9〜17分短縮し18〜19分で結ぶ計画だ。総事業費は約4千億円と試算されている。
個人的には、できれば大深度地下での直通リニア、
あるいは新幹線を建設して欲しいと思っていますが、
成田空港と羽田空港のより緊密な連携は東京、
ひいては日本の航空に対してプラスだと思いますので、
方向性としては歓迎すべき動きだと思います。

東京駅〜成田空港が36分、東京駅〜羽田空港が18分だとすると、
単純計算で成田空港〜羽田空港は54分ということになりますが、
これをなんとか30分くらいにできるとかなりよいと思います。
勝手なことばかり言ってすみません(笑)。

※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・地下大深度の「都心直結線」で羽田空港〜成田空港が直結

スポンサーリンク

前の記事前の記事: 那覇空港のDFSは品揃えも左右対称
次の記事次の記事: 民間宇宙船ビジネスが本格化

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 09:21 │ Comments(0) TrackBack(0) ニュース  
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
ページトップボタン