ノンアルコール飲み会がブーム

マネテク! > その他 >
2012年12月30日

ノンアルコール飲み会がブーム

こんばんは、アルコールが飲めない、
下戸滝川@〜マイレージ・クレジットカード〜 マネーテクニック!です。

乾杯のビールだけでも十分、という感じです。
カシスウーロンなら1杯くらい飲めるかも。
日本酒を飲むとまっすぐ帰宅できる確率が減少します(笑)。

というわけで、ノンアルコール飲み会の話題です。

カクテル・パーフェクトブック―定番からオリジナルまで有名ホテル・バーの味とレシピを楽しむ! (実用BEST BOOKS)

スポンサーリンク

・「ノンアルコール飲み会」急増 宴会のプランにも (産経新聞) - Yahoo!ニュース
「ノンアルコール飲み会」急増 宴会のプランにも

 忘年会などの集まりが増える年末。忘年会というと、一昔前はアルコール飲料が欠かせないイメージだったが、昨今は違うようだ。ノンアルコール飲料の開発が進み、バラエティーに富んだ飲み方も可能。二日酔いのない健康的な飲み会が増えてきた。(村島有紀)

 ノンアルコール飲料の開発も盛んだ。京王プラザホテル(東京都新宿区)は今年3月、最上階の45階ラウンジで45種類のノンアルコールカクテルをメニューに掲載。ラズベリーやグレープフルーツなどカラフルなカクテルが並ぶ。企画広報の石川綾子さんは「若い人で飲まない人が増えた。でも、せっかくのホテルなので、ジュースでは物足りないと雰囲気を楽しまれる方が多い」。

 平成19年施行の改正道路交通法で、ドライバーへの酒類提供についても罰則が設けられた影響も大きい。ホテル日航大阪(大阪市中央区)は飲酒運転撲滅キャンペーンと並行し、ノンアルコール飲料を増やした。「今ではホテル全体で数十種類。バーではお好みに応じてオーダーも可能」(広報担当)という。

 飲み放題プランにノンアルコールを加える店も増えた。東京都中央区の米国風レストラン「麹町ダイナー」では今春から、割材メーカー「博水社」のノンアルコールビール「ハイホップ」を提供。忘年会シーズンは「飲み放題プランに加えてほしい」と要望が寄せられた。

 同店の村松修子(なおこ)さん(38)は「最近の飲み会は、パワハラにならないよう上司もアルコールを強要しない。飲める人も最初はノンアルコールで、飲酒量を調節しながら飲まれているようです」と話している。ノンアルコールビールを販売しているサントリー(大阪市北区)によると、今年のノンアルコールビールの市場は5年前の10倍以上に増加する見込みだ。
お酒の席自体は全然嫌いでも苦手でもないのですが、
酔っ払いにしつこく絡まれるのはものすごく苦痛です。
さらに本人は覚えてない、とかなると、正直付き合い方を考えたくなります。

飲めない人は多かれ少なかれ、そういったストレスを感じたことがあるかと思いますので、
飲めない人ばかりで集まってノンアルコール飲み会、やってみたいですね。

ちなみに、バーに行ったらシャーリーテンプル、これ最強らしいです(笑)。

スポンサーリンク

前の記事前の記事: 全国30の空港で乗客の接触検査を開始
次の記事次の記事: 鉄拳 パラパラ漫画 動画まとめ

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 09:48 │ Comments(0) TrackBack(0) その他  
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
ページトップボタン