マネテクネタリスト 2013/1/30

マネテク! > ネタリスト >
2013年01月30日

マネテクネタリスト 2013/1/30

※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・マネテクネタリスト 2013/1/30

マイレージはANA派、クレジットカードでマイルを貯めている
ジョージ滝川@〜マイレージ・クレジットカード〜 マネーテクニック!です。

というわけで、今週も、溜まったネタを一挙に放出すべく、
ちょっと遅目ですがマネテクネタリストです。

時期的に、新規路線開設のニュースが多かったですね。

(過去記事)
・マネテクネタリスト 2013/1/19

滝川クリステル

スポンサーリンク

・3月31日から松山―伊丹線を再開 日航 (愛媛新聞ONLINE) - Yahoo!ニュース
日本航空は22日、経営再建のため廃止していた愛媛県の松山―伊丹(大阪)線を3月31日から再び開設すると発表した。1日3往復の毎日運航で、2010年10月30日での廃止以来、2年5カ月ぶりの復活となる。同路線は1日5往復で運航していたが、10年1月の日航経営破綻に伴う合理化策の一環で廃止。日航は不採算路線からの撤退などで業績を回復し、11年3月に会社更生手続きが終結。昨年9月には再上場を果たしている。
・朝日新聞デジタル:成田―鹿児島便が4500円台 LCCが5路線就航へ - 経済・マネー
格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンは22日、5路線に新規就航すると発表した。成田―大分、中部―福岡、中部―新千歳が3月31日から、成田―鹿児島、中部―鹿児島が5月31日から。最も安い運賃(片道)は、成田―大分が4290円、成田―鹿児島が4590円の予定。
・全日空2路線を新規開設 夏ダイヤ、成田―広島など  :日本経済新聞
全日空は22日、今年3月31日から10月26日までの夏ダイヤを発表した。成田―広島線など2路線を新規に開設。羽田―石垣線など3路線を再開する。運航停止が続いているボーイング787型機の運航再開をひとまず前提にしたダイヤとした。一方、日本航空も3月31日から羽田―中部線を開設する。787型機を使用する国際線のダイヤについては再開時期などを見極めて公表する。
・ジェットスターの中部路線参入、航空需要創出に期待  :日本経済新聞
日本航空が出資するジェットスター・ジャパンは3月31日以降、福岡、新千歳、鹿児島の3路線、1日1〜2往復を順次運航する。全日本空輸子会社のエアアジア・ジャパンも3月末に福岡に就航し、札幌や那覇への路線拡大を急ぐ。関西国際空港ではLCC参入後の競争激化でスカイマークが3月末で新千歳線と那覇線の休止を決めた事例もある。同社は「現時点で中部路線を減らす予定はない」としつつも、「市場が大きくなっても、供給席数がそれ以上に増えれば競争は避けられない」と懸念する。LCC就航を受けた各航空会社の戦略が注目される。
・<ジェットスター>成田−大分・鹿児島など計5路線開設へ (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
成田空港を拠点とする日本航空系の格安航空会社(LCC)、ジェットスター・ジャパンは22日、成田−大分・鹿児島、中部−福岡・鹿児島など計5路線を新たに開設すると発表した。首都圏と九州本土を結ぶLCC路線は、成田−福岡線に次ぐものとなる。
・河北新報 東北のニュース/スーパーこまち試乗 時速300キロ、揺れず氷上滑るよう
郡山駅を過ぎると一気に加速。約3分後、JR東日本の担当者が「ただ今の時速300キロ」と告げ、現在の国内最高時速に達した。トンネルを通過しても、ほとんど揺れない。まるで氷上を滑るようだった。
・Peach、関西−仙台線就航へ−新石垣・釜山線も、国内8・国際4路線に - みんなの空港新聞
仙台空港を含む東北地方の空港へLCCの就航は、これまでに複数の会社が「将来的な就航地」であることを表明し注目を集めていたが、同社が他社に先駆けて乗り入れることになった。同社は同時に、新石垣空港(沖縄県石垣市)に6月14日に、釜山空港(韓国)に9月にそれぞれ就航するスケジュールも発表した。関西〜新石垣、那覇〜新石垣、関西〜釜山の3路線の開設を予定し、9月以降は現行のスケジュールと合わせて、国内線8路線・国際線4路線の運航体制となる。
・滝クリ「Mr.サンデー」3月で降板 - 芸能ニュース : nikkansports.com
フジテレビ系報道番組「Mr.サンデー」(日曜午後10時)のキャスターを務めるフリーアナウンサー滝川クリステル(35)が3月いっぱいで番組を降板することが21日、分かった。後任は同局の椿原慶子アナウンサー(27)が務める。
・那覇空港第2滑走路:安倍首相 工期短縮に前向き姿勢− 毎日jp(毎日新聞)
安倍晋三首相は24日、自民党の川口順子沖縄振興調査会長らと首相官邸で会談し、沖縄県が要望している那覇空港第2滑走路の工期短縮について「地元の要望に応えられるように全力を挙げて努力する。関係機関に指示する」と前向きな姿勢を示した。県側は13年度着工に向けて同滑走路の工期を7年から5年に短縮するよう要望しており、川口氏らは首相に理解を求めた。首相は「沖縄の自立した経済を作るために那覇空港は大事だ」と応じた。
気になったニュースがあればリンク先もぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

前の記事前の記事: KAGEROU
次の記事次の記事: ぼくらの祖国

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 10:22 │ Comments(0) TrackBack(0) ネタリスト  
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
ページトップボタン