最強の投資とは

マネテク! > マネーテクニック >
2013年03月27日

最強の投資とは

こんばんは、投資大好き、
インベストメント滝川@〜マイレージ・クレジットカード〜 マネーテクニック!です。

さて、ここのところ相場環境がよくて、
管理人が保有する投資信託も順調に値上がりしています。

2か月以上前の話ですが、ずっと塩漬けになっていた銘柄もプラスに転じたため、
売却して別の銘柄に乗り換えることもできました(笑)。

スポンサーリンク

ちなみに管理人の投信購入歴は社会人になってからで、
毎月必ず一定額を購入することにしており、
だんだんと毎月の積立金額を増やしてきています。
これまでの累計投資額は、8桁を優に超えて、結構な金額になっています。
まさに継続は力なりですね。

積立を始めた当初は「さわかみ投信」という国内株の投信1本で積み立てていました。
購入を始めてからどんどんと値下がりしましたが、
やがて相場が底を打ち、結婚資金に充てるために解約した時には
投資額の1.5倍くらいにはなっていました。

その後、毎月分配型を含む、国内外の株式や債券、REITに投資するような
いくつかの銘柄に分散投資してみたのですが、これが失敗でした。
未だに塩漬けになっているものもあります
(過去のブログ記事で銘柄を紹介していたはずです、恥ずかしい…)。

さらにその後、これではまずい、ということで、
投資の方針を転換しました。
結果的に、これが正解な気がしています。

現在の私の投信購入方針ですが、ずばり、インデックス投資です。
具体的には、三菱UFJ投信の「eMAXIS」というシリーズを購入しています。

・三菱UFJ投信のインデックスファンド・シリーズ eMAXIS(イーマクシス)
  
投資額は、株式、債券、不動産に3分の1ずつ、
そして国内、海外(先進国)、海外(新興国)の割合は、
GDP比率に基いて決めています。

毎月の投資の際に、全体のバランスを見て、
当初決めたアセットアロケーションと見比べて購入対象を決めています。
つまり、既存資産を解約してのリバランスは行なっていません。

この方針がなかなか好調です。

やはり、利率が(一般的には)マイナスにはならない時点で、
インデックス投資が最強な気がしています。

トータルとしての資本主義経済が膨張し続ける限り、
理屈の上では値上がりしていくのではないかと思っています。

※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・最強の投資とは

スポンサーリンク

前の記事前の記事: 日産キューブ インテリジェントキーの電池交換
次の記事次の記事: マネテクネタリスト 2013/3/27

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 10:23 │ Comments(0) TrackBack(0) マネーテクニック  
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
ページトップボタン