B787運航再開へ…“発煙問題”は特定できず

マネテク! > ニュース >
2013年04月18日

B787運航再開へ…“発煙問題”は特定できず

こんばんは、78年7月生まれの、
787滝川@〜マイレージ・クレジットカード〜 マネーテクニック!です。

というわけで、ようやくというか、
ボーイング787の運航再開の目処が立ってきたようです。
今日はANAやJALの株も買い先行だったようですね。

一方、原因については特定できていない部分もあるようで、
今後どのように不安を払拭していくのか、期待したいと思います。

スポンサーリンク

・B787運航再開へ…“発煙問題”は特定できず(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース
B787運航再開へ…“発煙問題”は特定できず

 日米の航空当局は、今月中にもボーイング787型機の運航再開を認める方針です。

 日米の航空当局は運航停止が続く787型機について、ボーイング社が提出したバッテリーの改修計画を審査していますが、安全性が担保されたとして今月中にも運航再開を認める方針を固めました。
全日空と日本航空は、改修後に1カ月程度、試験飛行をして安全性をテストし、6月にも営業運航を再開できるということです。
一方、日米の運輸安全委員会は、バッテリーの発煙について原因を特定できていません。
ボーイング社は、すでにバッテリーの改修チームを日本を含めて世界に派遣し、すぐに対応できる態勢を取っているということです。
原因が特定できていないが安全性が担保された、
というのがちょっと怖いですね。

まぁ、いくら調べても分からない、再現性が低い等理由はあるのでしょうが、
失われたイメージを回復するのは容易ではないと思います。

ただし、結果的に大惨事、というような事故に至らずに済んでいるのは
不幸中の幸いだと思います。

個人的には、これから改良を重ねて、歴史に残る名機になって欲しいと思っています。
もちろん、機会があれば乗るつもりです!

※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・B787運航再開へ…“発煙問題”は特定できず

スポンサーリンク

前の記事前の記事: マネテクネタリスト 2013/4/18
次の記事次の記事: 村上春樹の新作「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」の売れ行きがとんでもないことに

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 21:16 │ Comments(0) TrackBack(0) ニュース  
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
ページトップボタン