JALの787でトラブル

マネテク! > ニュース >
2013年09月12日

JALの787でトラブル

こんばんは、年齢は78歳7か月、
おじいちゃん滝川@マネテク!です。

JALの787でトラブルがあったそうです。

スポンサーリンク

・時事ドットコム:日航787が引き返し=可動翼不具合で−成田空港
日航787が引き返し=可動翼不具合で−成田空港

 27日午後7時40分ごろ、成田発米サンディエゴ行き日本航空66便ボーイング787型機(乗客乗員192人)が太平洋上を航行中、主翼前方にある高揚力装置(スラット)の不具合を示す計器表示があった。同機は引き返すことを決め、同10時15分ごろ、成田空港に着陸した。通常着陸で、けが人はいなかった。
 日航によると、同機は同6時20分ごろ、成田を出発。同空港の東北東約1500キロの上空を飛行中、不具合の表示があった。スラットは可動翼型の高揚力装置で、離着陸時などに展開するが、スラット自体に不具合があったのか、計器に問題があったのかは現段階で不明。
相変わらず、よくあるトラブルなのか、
787が突出してトラブルが多いのかは謎です。
他の機材での同種のトラブルとか、
報道されないだけで結構あるんですかね?

いずれにしても、大事に至らずよかったですが、
安全性については大丈夫なのか、不安が残ります…。

※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・JALの787でトラブル

スポンサーリンク

前の記事前の記事: 春秋航空がついに日本就航?
次の記事次の記事: タイ航空の事故機ロゴ塗りつぶしが話題に

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 10:49 │ Comments(0) TrackBack(0) ニュース  
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
ページトップボタン