ANA AMEXの入会キャンペーンで大量マイルを獲得する3つのステップ(2013年1月版)

マネテク! > クレジットカード >
2013年01月23日

ANA AMEXの入会キャンペーンで大量マイルを獲得する3つのステップ(2013年1月版)

ANA AMEX(ANA アメックス)の最新のキャンペーン情報は、こちらからご覧下さい。

マイレージはANA派、クレジットカードでマイルを貯めている
ジョージ滝川@〜マイレージ・クレジットカード〜 マネーテクニック!です。

さっそくですが、2013年1月17日から、
ANA AMEXカード、そしてANA AMEXゴールドカードの
新しい入会キャンペーンが始まっています


キャンペーンの延長と聞くと、
その内容はどう変わったのか?という点が気になるところですが、
今回のキャンペーンはANAカードのキャンペーンと併用できるのが特長です。

具体的には、一律入会ボーナスが獲得できるキャンペーン、
一定の範囲でクレジットカード利用による獲得マイルが数倍になるキャンペーン、
そしてANAカードの入会キャンペーンのメリットを
すべて享受できるキャンペーンになっています。

(参考記事)
・ANAカード入会キャンペーン2013で、ANA VISAが激しくお得な件

ただし、上の参考記事のタイトルにもある通り、
今一番入会キャンペーンがお得なカードは間違いなくANA VISAカードです。
もちろんANA AMEXカード、ANA AMEXゴールドカードの入会キャンペーンも
十分にメリットがあるキャンペーンなのですが、
まだANA VISAカードを持っていないのであれば、このタイミングでは
ANA VISAカードを持つことをオススメしたいと思います。

(参考記事)
・100円利用あたり22マイル獲得可能!ANA VISAカードの入会キャンペーンがとんでもなくお得な件

スポンサーリンク

さて話をANA AMEXカード、ANA AMEXゴールドカードの入会キャンペーンに戻しますが、
相変わらず、「入会キャンペーンがすごいANAカード」にふさわしい、
爆発的にマイルを獲得することができる内容だと言えるでしょう。

まだANA AMEXカード、ANA AMEXゴールドカードをお持ちでない方は、
ぜひこのチャンスに入会を検討してみて下さい。

というわけで、今回はANAカード最強の入会キャンペーンとも言われる
ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
そしてANA アメリカン・エキスプレス・カードが実施中の
入会キャンペーンについて紹介したいと思います。

また、あわせて、ANA AMEXカード、ANA AMEXゴールドカードが実施している
入会キャンペーンがどれくらいお得なのかという分析と、
その他ANAカードも含めたお得度比較
そして、「ANA AMEXの入会キャンペーンで大量マイルを獲得する3つのステップ」
として、この入会キャンペーンを徹底的に活用する手順を紹介したいと思います。

それでは、まずはANA アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
ANA アメリカン・エキスプレス・カードの基本的なスペック、
そしてキャンペーンの内容を見てみましょう。

1.ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード


まず紹介するのは、ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードです。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

・クレジットカード利用100円あたり1マイル
・入会ボーナスマイル 計5,000マイル(〜2013/4/30申込)
・入会後1ヶ月間、利用金額10万円ごとに1,000マイル、50万円でさらに5,000マイル
・旅行障害保険(国内/海外)最大1億円
・空港ラウンジ利用可能
・エアポート・送迎サービス
・手荷物無料宅配サービス
・エアポート・ミール
・ショッピング・プロテクションあり
・年会費32,550円
・マイル移行手数料無料
・ANAのビジネスクラスラウンジを利用可能


還元率は他のANAカードと同レベルですが、
とにかくトータル5,000マイルと入会キャンペーンによるボーナスマイルが大きいのと、
入会後1ヶ月間限定のボーナスポイントがお得です。

さらに、前述のANAカード入会キャンペーンにより、
最大8,050マイル+4,050ANA SKYコインも獲得できます。

それから、クレジットカードの利用で貯めたポイントを
ANAのビジネスクラスラウンジを利用できる
「ANA LOUNGE ご利用カード」に交換できるのも、
ANA AMEX ゴールドカードの特長です。

2.ANA アメリカン・エキスプレス・カード


次に、ANA アメリカン・エキスプレス・カードの基本的なスペックとキャンペーンの内容です。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

・クレジットカード利用100円あたり1マイル
・入会ボーナスマイル 1,000マイル(〜2013/4/30申込)
・入会後1ヶ月間、利用金額10万円ごとに1,000マイル、50万円でさらに3,000マイル
・旅行障害保険(国内/海外)最大3,000万円
・空港ラウンジ利用可能
・ショッピング・プロテクションあり
・年会費7,350円
・マイル移行手数料6,300円/年


ゴールドカードのキャンペーンと比べるとどうしても見劣りする内容ですが、
コストパフォーマンスを考えるとなかなか侮れないキャンペーンだったりします
(後ほど詳しく分析します)。

それでは、これらのスペックおよびキャンペーン内容を踏まえ、
ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードANA アメリカン・エキスプレス・カード
どれくらいお得なのか、
実際のところどれくらいのANAマイルを獲得できるのか

シミュレーションしてみましょう。

3.シミュレーション


シミュレーションにあたっては、その他のANAカードとも比較をして
ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
そしてANA アメリカン・エキスプレス・カードのお得度を
検証してみたいと思います。

というわけで比較の対象は、以下の4つのANAカードです。

(1)ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
(2)ANA アメリカン・エキスプレス・カード
(3)ANA VISAカード(マイペ※併用)
(4)ANA JCBカード

※マイペ=マイ・ペイすリボ(三井住友VISAカードのリボ払い)

シミュレーションの前提として、
期間は今回は入会キャンペーンの期間にあわせて1ヶ月
クレジットカードの利用金額は
入会キャンペーンに合わせてちょっとまとまった買い物ができるという想定で、
50万円として比較してみます。

獲得が期待できるマイルは以下の通りです。

獲得が期待できるANAカード獲得可能マイル比較


ANAカード獲得マイル(1ヶ月)

(1)ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

  入会ボーナス        5,000マイル
  クレカ利用        15,000マイル
  ANAカード入会キャンペーン 2,000マイル

  合計           22,000マイル


入会ボーナスだけでも計7,000マイルとかなり豪快ですが、
やはり利用金額に応じたボーナスマイルがお得です。

(2)ANA アメリカン・エキスプレス・カード

  入会ボーナス       1,000マイル
  クレカ利用        13,000マイル
  ANAカード入会キャンペーン  500マイル

  合計           14,500マイル


こちらも、利用金額に応じたボーナスマイルがお得です。

(3)ANA VISA ワイドゴールドカード(マイペ併用・V3)

  入会ボーナス       21,000マイル
  クレカ利用分        6,500マイル (500,000円×1.3%)
  ANAカード入会キャンペーン  500マイル

  合計           28,000マイル


家族カードの条件はありますが、この破壊力は抜群です。

(参考記事)
・ANAカード入会キャンペーン2013で、ANA VISAが激しくお得な件

(4)ANA JCBカード(スターα)

  入会ボーナス       1,000マイル
  クレカ利用分       5,300マイル
               (500,000円×1.06%)
  ANAカード入会キャンペーン  500マイル

  合計           6,800マイル


そして、比較をするためには、
年会費や移行手数料といったコストのことも考える必要があります


コストを勘案したANAカード損益比較


今回の比較における移行手数料については、
ポイントの有効期限まで移行をせずに、有効期限到来前のタイミングで一気に移行することで
移行手数料を節約した場合の金額で計算しています。

(1)ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

  年会費   32,550円
  移行手数料   無料


(2)ANA アメリカン・エキスプレス・カード

  年会費    5,250円
  移行手数料  2,100円 (6,300円÷3年)


(3)ANA VISAカード(マイペ併用)

  年会費     無料(初年度年会費無料)
  移行手数料 3,150円 (6,300円÷2年)


(4)ANA JCBカード(スターα)

  年会費     無料(初年度年会費無料)
  移行手数料  1,050円 (2,100円÷2年)


というわけで、1ヶ月間の利益を1マイル2円で計算すると、結果は…

ANAカード損益比較

(1)ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
  +11,450円 (44,000円−32,550円))

(2)ANA アメリカン・エキスプレス・カード
  +19,550円 (29,000円−9,450円)

(3)ANA VISAカード(マイペ併用)
  +52,850円 (56,000円−3,150円)

(4)ANA JCBカード(スターα)
  +12,550円 (13,600円−1,050円)


ということで、入会後1ヶ月間のクレジットカード利用額を50万円、
という前提で比較すると

最もパフォーマンスがいいANAカードは、ANA VISAカードになります。

というわけで、ANA VISAカードの方がお得という結果になってしまった感は否めませんが、
ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
そしてANA アメリカン・エキスプレス・カード
キャンペーンは2013年4月30日までの期間限定ですので、
今すぐのお申し込みがオススメです!

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードANAアメリカン・エキスプレス・カード

※記載のシミュレーションにあたっては比較のために前提をおいていますので、
 実際のご利用の際には細かい部分で
 誤差が発生する可能性もありますことをご了承下さい。

関連リンク
・ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
・ANA アメリカン・エキスプレス・カード
・ANA JCBカード
・ANA VISAカード

スポンサーリンク

前の記事前の記事: 南仏・イタリア旅行記(15)
次の記事次の記事: 米欧の宇宙船共同開発の背景にあるもの

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 19:58 │ Comments(0) TrackBack(0) クレジットカード  
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
ページトップボタン