北陸新幹線は4種類

マネテク! > 旅行 >
2013年11月01日

北陸新幹線は4種類

こんばんは、北陸大好き、
北陸滝川@マネテク!です。

北陸にはしばらく行っていませんが、
海の幸とか食べまくりたいです。

というわけで、北陸新幹線の話題です。
ちと古めですが…。

medium_2553708461
photo credit: foolish adler via photopin cc

スポンサーリンク

・<北陸新幹線>東京−金沢間を最速2時間半など4種類運行 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
<北陸新幹線>東京−金沢間を最速2時間半など4種類運行

 JR東日本と西日本は2日、2014年度末の「長野新幹線」の長野−金沢間延伸開業に伴う運行体系の概要を発表した。東京−金沢間を主要駅しか停車せずに走り最速2時間半で結ぶタイプなど、4種類を運行、路線名は法律上の正式名称「北陸新幹線」で統一する。

 名称を巡っては、長野県側が「長野」を残すよう要望、石川、富山県側は「北陸」を主張していたが、法律に基づき決着した。ただし、JR東日本は長野新幹線の呼称がなくなり利用者が混乱するおそれがあるとして、東京、上野、大宮などの管内の乗換駅や首都圏主要駅の掲示では、正式名称の後に「(長野経由)」と表記することにした。アナウンスでも同様に表現するという。

 運行面では、東京−金沢間に最速2時間半で到達するタイプと、停車駅の多いタイプの2種類を導入。JR西日本は独自に富山−金沢間を往復する「シャトルタイプ」の列車を走らせ、東京−長野を結ぶ現行の長野新幹線も継続して運行する。列車名も行き先が分かりやすいようタイプごとに4種類とする。

 運転本数は、現行の東京−長野間1日27往復を金沢まで延伸する方向で調整する。
高崎までは上越新幹線と同じ線路を走り、
また大宮までは東北/山形/秋田新幹線とも同じ線路を走るので、
単純に本数を増やすのは難しそうですね。

そうなると、期待されるのは東北新幹線のように
連結した状態で分岐駅まで運行させる、という方式です。
北陸新幹線の需要がどれくらい高まるか次第、ということでしょうかね。

いずれにしても、一度は乗ってみたいです。

※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・北陸新幹線は4種類

スポンサーリンク

前の記事前の記事: ANAのジャンボ機が全国に里帰りフライト
次の記事次の記事: Bing背景画像まとめ(2013/10/26〜2013/11/1)

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 10:17 │ Comments(0) TrackBack(0) 旅行  
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
ページトップボタン