ANA JCBカードのマイル移行手数料が来年度から値上げ

マネテク! > クレジットカード >
2014年06月09日

ANA JCBカードのマイル移行手数料が来年度から値上げ

こんばんは、ANAカード大好き、
ANA滝川@マネテク!です。

メインカードはANA VISAワイドゴールドカードですが、
サブカードとしてANA JCBカードの一種である
ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)を愛用しています。

というわけで、5月末で入会キャンペーンも終了したので
また新しいキャンペーンが始まっているかなぁ、と思い
6月1日に公式ページを開いてみたところ、衝撃の宣言が…!

anajcbfee

スポンサーリンク

移行手数料が5,000円に値上げ!


そうです、従来年間2,000円(税抜)だったANAマイルの移行手数料が、
2015年度から5,000円(税抜)になるというのです。

ANA VISA/Masterカードは年間6,000円(税抜)、
ANAアメックスカードも年間6,000円(税抜)なので、
比較すると高いわけではないのですが、残念な感じはします。

でも実は影響ありません


しかし、管理人的には正直あまり影響はありません。
というのも、ANA ToMe CARD PASMO(ソラチカカード)は
あくまでポイントの中継用に利用しているだけ
で、
クレジットカード利用によるポイント(OkiDokiポイント)は発生しないからです。

管理人のANAカードラインナップは以下の通りですが、
やはり現時点ではこのラインナップが最強です。
1.ANA VISAワイドゴールドカード
  メイン利用。V3+マイペで100円あたり1.71マイルはマジ最強。
2.ANA VISA Suicaカード
  Suicaチャージ専用。ポイントが1.と合算されるのが使い勝手よし。
3.ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
  最強の移行ルート構築に必須のスーパーサブ。
詳しくは、以下の過去記事、
そして無料のマイレージ獲得マニュアルをご覧下さい。

(過去記事)
・ANAカード最強!ANA VISAワイドゴールドカードの還元率は100円あたり1.71マイル!:マネテク!
・ANA ToMe CARD PASMO(ソラチカカード)を活用した最強交換ルート構築術:マネテク!

(参考リンク)
・マイレージ獲得マニュアル | マネテク!

ちなみに、実はバリバリメインのANA VISAワイドゴールドカードは、
とある別カードへの切り替えを目論んでいます。
これにより、還元率を100円あたり最低でも3.92%まで
引き上げることができるのではないかと思っています。
詳しくは、いずれどこかで公開させて頂きます…。

※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・ANA JCBカードのマイル移行手数料が来年度から値上げ

スポンサーリンク

前の記事前の記事: feedlyで、一瞬で「Mark all as read」する方法
次の記事次の記事: メトロポイントからANAマイルへの交換手順

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 10:59 │ Comments(0) クレジットカード  
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
ページトップボタン