ANAのマイルでバニラエアが利用可能に!

マネテク! > マイレージ >
2014年06月25日

ANAのマイルでバニラエアが利用可能に!

※この記事は、以下のリンク先に移動しています。
・ANAのマイルでバニラエアが利用可能に!

こんばんは、バニラ大好き、
バニラ滝川@マネテク!です。

主にスーパーカップですね、バニラは(笑)。

というわけで、ANAのマイルを利用して
バニラエアの特典航空券が利用可能になるという話題です。

2014-06-25_223603

スポンサーリンク

バニラエアの特典航空券


・マイル交換メニュ−に『バニラエア』の特典航空券が加わります。|プレスリリース|企業情報|ANA

具体的な内容は、以下の通りです。

必要マイル数はANA比ややお得

■必要マイル数
バニラ便特別航空券
成田=札幌 往復 : 10,000 マイル / 片道 : 7,500 マイル
成田=那覇 往復 : 12,000 マイル / 片道 : 9,000 マイル
成田=奄美大島 往復 : 10,000 マイル / 片道 : 7,500 マイル -
成田=仁川 往復 : 15,000 マイル(燃油サーチャージなし)
成田=台北 往復 : 28,000 マイル(燃油サーチャージなし)
このマイル数、ANAの特典航空券と比べると、国内線は3分の2、という設定です。
成田へのアクセスがいい方であれば、結構いいと思います。
特に奄美大島線とか、マニアックでいいですね。

それから、国際線に関して言うと、
仁川は同マイルなのでサーチャージ分だけお得、
台北はANAだと20,000マイル+サーチャージ14,000円なので、
微妙なところ
、という感じです。

受付は電話のみ!平日昼間のみ!


なお、受付は電話のみ、かつ平日10時〜16時のみという
なかなかのハードルの高さです(笑)。
Webの方が人件費とか節約できそうな気もしますけどね…。

ANA特典航空券との違い


それから、ANAの特典航空券との違いとしては、
・予約変更は1区間あたり2,000円の手数料が必要
・払い戻し不可
・座席指定有料

といったあたりが挙げられます。

いずれにしても、選択肢が増えるのはいいことだと思います。

今後もバニラエアのネットワークが広がることを
期待したいですね!

スポンサーリンク

前の記事前の記事: Bing背景画像まとめ(2014/6/14〜2014/6/20)
次の記事次の記事: Bing背景画像まとめ(2014/6/21〜2014/6/27)

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 人気ブログランキングへ
by ジョージ滝川 at 22:49 │ Comments(0) TrackBack(0) マイレージ  
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

このページのトップへ
ページトップボタン