南仏・イタリア旅行記

2006年11月に行った南仏・イタリアの旅行記です。

南仏・イタリア旅行記エントリー一覧

南仏・イタリア旅行記 第1回
きっかけは確か、その年の春に、妻(当時彼女)の家で海外旅行に行きたいと思って一緒にYahoo!トラベルを見ていたことです。前回のロンドン・パリで味をしめていたこともあって漠然とヨーロッパに行きたいと思っており、特に行ったことのないイタリアに行ってみたいと思っていました。そんなこんなで検索をしてみたところ、とても安いツアーが引っかかりました。確か、「南仏〜イタリア5都市周遊」とかそんなキャッチコピーだったと思います。その場でさっそく5ヶ月くらい先の予約を入れて、楽しみにしていた旅行でした。この旅行...
南仏・イタリア旅行記 第2回
そうこうしているうちに昼が近くなってきたので、バスに乗ってニースに戻ります。・ニース・ニース - Wikipediaニースではホテルに戻る前に海岸線をバスの車窓から観光。かの有名なプロムナード・デ・ザングレです。・プロムナード・デ・ザングレ - Wikipediaその後プロムナード・デ・ザングレを見下ろせる丘に登りバスを降りると、街が一望できました。いかにも南仏の街、という感じでなかなかいい感じです。その後、とりあえずニースのホテルにチェックインして、まずはシャワーを浴びて長時間のフライトで疲れ...
南仏・イタリア旅行記 第3回
エズ村を後にし、バスに乗り込んで向かったのは、モナコです。元々ニース発モナコ行きのバスの途中の停留所がエズだったので、来るときに乗ってきたバスと同じバスでモナコに向かうことになります。また来る時に乗ったかっ飛ばしドライバーだったら面白い、と思ったのですが、別の運転手さんでした。どの辺で降りるのかさっぱり分からないながらも、ガイドブックの粗い地図とにらめっこをしてバスを降りました。やはりモナコは洗練された街、という印象を受けました。・www.gouv.mc - Portail officiel d...
南仏・イタリア旅行記 第4回
翌日は、朝食をとった後、バスに乗って移動です。途中、前日と同じ海岸線に沿って山を登っていくルートを通りました。前日に行ったエズ村を横目にバスは進みます。天気がよかったので、朝日を浴びるエズはとても綺麗でした。その後、高速道路に乗り、ひたすら走ってイタリアを目指します。さすがユーロ圏というか、国境が県境くらいにしか感じないのがちょっと拍子抜けでした。思えばこれが初めて陸路での国境越えだったということになります(正確には前日のモナコが初ですが…)。しばらく走って、高速道路のサービスエリア的なドライブ...
南仏・イタリア旅行記 第5回
その後、ピサを後にしてこの日の宿泊地であるフィレンツェに移動です。宿泊したのは、コロンブスというホテルでした。・Hotel Columbus Florence - 3 starsチェックインの時はフロント前がロシア人の団体さんでごった返していて、何とか小さいエレベーターに荷物を押し込んで部屋に上がりました。部屋自体はわりと広くて快適な部屋でした。ただ、給湯用のボイラーの調子が悪かったようで、シャワーのお湯は安定していませんでした。さて、この日の夕食はツアーに含まれている唯一の夕食、ということでツ...
南仏・イタリア旅行記 第6回
翌日は、フィレンツェで丸一日の自由行動でした。ホテル半地下の食堂で朝食をとり、いざ出発です。宿泊したホテルはフィレンツェの街の東のはずれにあったので、フィレンツェの街を東西に横切るアルノ川沿いを西へと歩きます。ちょうど紅葉の時期で、とても気持ちのいい朝の散歩ができました。なお、フィレンツェに限らないのですが、イタリアでは犬の糞が落ちていることが多いので要注意です(笑)。サン・ニッコロ橋でアルノ川を渡り、川の南側に出ます。ここから階段を登って丘の上に上がると、フィレンツェの街を一望できるミケランジ...
南仏・イタリア旅行記 第7回
ドゥオモ、と書いていますが、正確にはサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂というそうです。・サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂 - Wikipedia・Opera di Santa Maria del Fiore di Firenzeドゥオモの近くまでいくと、まずはその大きさに圧倒されました。入口は裏側(北側)になるので、ドゥオモを回り込むようにぐるっと進みます。青空に飛行機雲がとてもきれいでした。さて、入場料を払ってドゥオモの上へと続く入口へと入ります。ひたすら階段を上って頂上を目指します...
南仏・イタリア旅行記 第8回
アカデミア美術館を出てから、フィレンツェの駅の方に向かって街を歩いて行きました。途中にあるのがサン・ロレンツォ教会です。この教会は写真を見て頂くと分かる通り、無駄な装飾を排したシンプルな外観が特徴の、歴史の古い教会です。ちなみにこの教会があるエリアは通りに面してところ狭しと露店が並び、フィレンツェの中でも最も活気のあふれるエリアになります。添乗員さんからは、スリも一番多いエリアなので気をつけるようにとのアドバイスをもらったような気がします。また、しばらく行くとメディチ家の礼拝堂があります。さらに...
南仏・イタリア旅行記 第9回
というわけで、フィレンツェの街を堪能してホテルに戻ったと思ったら、気がつくともう朝でした。ちょっとベッドに横になったら、二人とも寝てしまっていたようです…。フィレンツェのホテルで朝食を取った後、慌ただしく荷物をまとめてローマに向けて出発です。相変わらず、この頃の旅行では海外のホテルでのんびりした記憶がないです(笑)。ローマでの移動は、例によってバスです。途中、フィレンツェ近郊の革細工やバッグ、アクセサリーの店に立ち寄り、ショッピングタイムがありました。まぁツアーですから。管理人は、一応、革のブッ...
南仏・イタリア旅行記 第10回
この日はローマの半日観光がついていたので、バスに集合して、観光に出発です。まずは、レプッブリカ広場、ナイアディの噴水の目の前にある、ローマ三越です(笑)。・ローマ三越 店舗案内 | 三越三越は、トイレが使えたのと、休憩スペースなんかもあって、意外とよかったです。品ぞろえは、デパート、という感じですが、土産物等、わりとよさげでした(何か買ったかもしれませんが、さすがに6年以上前なので覚えていません…)。pupaのコスメをこっそり買っておいて帰国後に妻(当時彼女)にプレゼントしたら、とても喜んでもら...
南仏・イタリア旅行記 第11回
この日は、ホテルで朝食を済ませたあと、ツアー仲間(?)の酔っぱらい夫婦(第5回参照)とタクシーに乗り合わせて、ヴァチカンを目指しました。ヴァチカンについたのが8時半くらいでしたが、既にヴァチカン美術館は長蛇の列で、城壁に沿ってリソルジメント広場の方まで列が伸びていました。ただ、8:45の開館後は順調に列が進み、それほど待つことなく入場できました。酔っぱらい夫婦とは美術館の入り口でお別れです。美術館に入って中庭に出ると、目の前にサン・ピエトロ大聖堂が見えました。テンション上がります(笑)。ヴァチカ...
南仏・イタリア旅行記 第12回
というわけで、ローマ最終日、市内観光に出かけてバチカン美術館を見て、サン・ピエトロ大聖堂に入るところから、前回の続きです。まずは、サン・ピエトロ大聖堂に入るために、列に並んだような気がします。サン・ピエトロ大聖堂の入り口あたりから広場の方を見ると、こんな感じです。広場というだけあって、広いですね(笑)。サン・ピエトロ大聖堂の中はこんな感じです。さすがに総本山、でかいです。ここには、ミケランジェロのピエタがありますが、この彫刻はかなり次元の違う完成度を誇っています。しかもミケランジェロがこの作品を...
南仏・イタリア旅行記 第13回
徒歩で向かった先は、ナヴォーナ広場です。と、その前に、腹ペコだったので、その辺のピザ屋で切り売りのピッツァを買い、ナヴォーナ広場のベンチに腰掛けて食べました。このピッツァが(空腹だったこともあるとは思いますが)とんでもなくおいしかったです。バチカンから機嫌が悪かった妻(当時彼女)も一気に笑顔になりました(笑)。ちなみに広場では少年達がストリートダンスを披露していました。なかなか上手で、しばし見入ってしまいました。さて、ナヴォーナ広場には、3つの有名な噴水があります。・ナヴォーナ広場 - Wiki...
南仏・イタリア旅行記 第14回
というわけで、南仏・イタリア旅行記の14回目、6泊8日の旅もいよいよ実質最終日です。まずはホテルで朝食を済ませた後、バスに乗って最寄りの地下鉄コルネリア駅から地下鉄A線でテルミニ、そして地下鉄B線に乗り換えてコロッセオに向かいます。ローマに着いた日に車窓から見ていましたが、やはり実際に行ってみたいと思っていたので、地下鉄の駅から地上に出て間近にコロッセオが現れた時にはテンションが上りました。コロッセオの前には、観光客向けに、一緒に写真を撮ってくれるローマ時代の(?)戦士などがたくさんいました。馬...
南仏・イタリア旅行記 第15回
真実の口があるサンタ・マリア・イン・コスメディン教会を後にして、ここからローマ市街を縦断するようにポポロ広場まで約3キロのロング・ウォークです。テヴェレ川沿いが紅葉していて綺麗でした。写真はテヴェレ川に浮かぶ(?)ティベリーナ島です。ちょっとだけティベリーナ島に寄り道したところ、ツアー仲間の「駒込のホシノちゃん」(南仏・イタリア旅行記(9)参照)と遭遇したのでファプリーチョ橋を渡る後ろ姿をパチリ。これ見てたら連絡ください(笑)。かなりのロング・ウォークということで、途中バールで休憩しました。普段...